Confluence|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Confluence(企業向けWiki)
  4. Confluence リリース情報

Confluence

2016.06.08Confluence 5.10リリース

テーブル制御

さらば、醜いテーブルよ!新たに追加された、サイズ調整機能をテーブルに適用すれば、もう列が狭くて読みにくいなんてことはありません。

テーブル境界線をドラッグして、お好みの幅にサイジングしましょう。テーブルツールバーからテーブル幅のモードを切り替えることもできます。

Responsive」モードはブラウザウィンドウの幅に合わせて自動で調整され、「fixed width」モードはブラウザウィンドウのサイズに関係なく、指定された設定がそのまま適用されます。

テーブル制御

サイトの最適化

情報量の多いConfluenceサイト運営が簡単にできます。本リリースで、毎日サイトの最適化のための機能をバンドルいたします。

確認しやすくなった連携状態
アプリケーションリンクのデザインを一新し、連携中に何が起こっているのか見やすいデザインへ変更しています。連携のステータスをリアルタイムで監視し、連携がうまくいかなかった場合に、エラー原因を表示させます。

サイトの最適化

audit logのログレベルの改善

最新のaudit logは「グローバル設定」、「パーミッション」、「ユーザー」、「グループ」の設定変更を網羅していますので、グローバルパーミッションの設定変更時のトラブルシューティング等にとても役立つことでしょう。

さらに、CSVによるログの出力ができるので、詳細情報の検索や、長期間のログレコード保管にお役立てください。

サイトの最適化

マクロ利用状況の確認

みんなadd-onが大好きですよね。特にマクロとして提供されているadd-onはよく使われています。一方で、アップグレードが必要な時や、end of lifeが近づきつつある場合に、困ったことになってしまいます。

サイト上のページでマクロが利用されている場合など、マクロの削除によるインパクトの確認はなかなかできません。

そこで、最新のConfluenceではマクロがどの程度の頻度で、利用者に利用されているか確認することができます。「icon > General Configuration > Macro Usage」に沿って進んでいくと

マクロのリストが表示されます。現在利用可能なスペースでのマクロの利用回数が表示されます。(アーカイブされたスペースのマクロはカウントされません。)

少しでも多くの時間を皆様に

時間がもっと欲しい!皆さんそう思っていますよね。最も頻繁に利用されている機能をより効果的にしました。
本改善が、毎日少しでも皆様へ時間を取り戻してくれますように!

通知のバッチ処理化

通知メールへ時間を費やすには、人生は余りにも短い!Atlassian社ではこういった理由から、同じページや、ブログの度重なる更新で送付されるConfluenceからの通知メールを削減しました。

最新のConfluenceでは、10分以内の同一ページの更新に関しては1回のみのメール送信としています。また、メンションや新規ページ作成といった最重要事項については、今まで通り、更新時に通知メールを送付しています。

システム管理者は、バッチの間隔時間の調整が可能です(スケジュールジョブ経由)。バッチ処理あたりの時間間隔を長くして、通知メールをさらに減らすことや、通知メールをなるべく短い時間内で受け取る場合には、間隔時間を短くすることもできます。

サイトの最適化

自分のコンテンツを自身で削除する。

時にスペース内で誰が、何をできるかといったことについて制御する必要はありますが、管理の負荷となることもあります。

各ユーザー自身のコンテンツ(ページ、ブログ、添付ファイル)については、自身での削除ができるよう、各ユーザーへ自身で作成したコンテンツの削除権限を与えました。これこそが管理者やスーパーユーザーの管理の簡易化や負荷を減らす機能です。

Space Tools > Permissions」の順に進んでいただき、自身のスペースの「削除」パーミッションを「On」にするか、「アイコン > General Configuration > Space Permissions」の順に進み、「all new spaces」の「削除」パーミッションを「On」にして設定してください。

スペースWatcherの追加と削除

もしかして、新メンバーへのレクチャーの代わりに、スペースの閲覧で、仕事をスタートをさせたいと思っていたり、多すぎる通知メールをを受け取っているメンバーが存在しているかもしれないと思ったりしていませんか?

今回のリリースで、管理者は、Watcherの追加と削除ができるようになりました。あらかじめ指定されたスペース管理者のみ各ページでWatcherの管理が可能です、全ページの管理はできません。

ダッシュボードから検索の高速化

Confluence5.9でリリースされた作業途中の再開機能や、重要ページの取得、といった新たなダッシュボード機能を活用されていると思いますが、新たなフィルターでは、必要なページ検索をさらに簡単に出来るようになりました。

特に、直近で多くのページで作業した際や、閲覧や、編集を行ったページについて、ページタイトルの部分入力ですぐに検索ができるようになりました。

詳細、詳細、詳細。。。

時として、ほんのちょっとしたことがすべてを一変させます。ここに紹介するのは、チームへ良い変化を与えられるような、Confluence 5.10におけるちょっとした改善です。

Confluenceの多言語化

Confluenceはさらに多くの言語を選択できるようになりました。「US English」、「 Russian」、 「Portuguese (Brazil)」、「Korean」へデフォルト言語パック対応いたしました。

General Configuration > Languages」の順に進んで、ご自身の言語設定をしてください。

「audio」と「video」ファイルの改善

マルチメディアマクロは、現在一般的なブラウザに対応している、HTML5の<video>と<audio>タグを使用しています。この為、ブラウザーが将来採用する「play/pause」、「full screen」などのメディアに表示されるコントロール機能に表示が依存します。

同様に、MP4 videoやMP3 audioもプレビュー視聴可能です。(ブラウザーがこの形式のファイルを正式サポートする間はサポートします。)

ソフトウェアプロジェクトスペースブループリント(テンプレート)

ソフトウェアプロジェクトスペースブループリント(テンプレート)はソフトウェアプロジェクトの組織化の手助けとなるよう設計されております。

本ブループリントはJIRA 7.0以降と連携している場合に有効化されます。

サイドバーのページツリーの非表示

Confluence 5.9で、スペース管理者がデフォルトテーマを利用するページの場合に、カスタムコンテンツをサイドバー、ヘッダー、フッターへ追加するようにしました。

今回のリリースでは、追加制御として、スペース管理者によるページツリーの非表示化制御を追加しました。デフォルトテーマで完全にカスタマイズされたサイドバーを作ってみましょう!

また、Atlassian cloud版ではすでにこのページツリー機能は無くなっています、6.0でも機能として削除予定になっていますので、今回のリリースを通じて、ページテーマの変更してみましょう。

インフラ関連の変更

PAGE TOP