Confluence(コンフルエンス)|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Confluence(企業向けWiki)
  4. ドキュメンテーション
  5. リリース情報

Confluence(コンフルエンス)リリース情報
組織がチームがひとつになる
情報共有プラットフォーム

現代チームの働き方を変える
コンテンツ コラボレーションツール
誰でも簡単に情報を登録でき、登録した情報を蓄積し、
必要な情報を必要なユーザに届ける・気づかせることができる
コンテンツコラボレーションツールです。

IT導入補助金
対象ツール
(クラウド版)

ドキュメンテーション

リリース情報

Confluence の最新のアップデートに含まれた新機能について説明します。

2021.11.24Confluence 7.15.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 継続的な改善

詳しくはこちら

2021.10.12Confluence 7.14.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ダウンタイムなしで次の Confluence バージョンにアップグレードする
  • Confluence Data Center を Kubernetes にインストールする
  • データ パイプラインの改善
  • 既存のカレンダーにイベントをインポート
  • Confluence のセキュリティの改善

詳しくはこちら

2021.08.17Confluence 7.13.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 長期サポート リリースのまとめ
  • セキュリティの確認

詳しくはこちら

2021.04.13Confluence 7.12.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • サイトのデータとインサイトをアンロック(Data Center)
  • スレッド ダンプに診断情報を追加

詳しくはこちら

2020.11.10Confluence 7.9.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ローリング アップグレードで最新のバグ修正を活用
  • Step up your security with personal access tokens
  • 大規模な Office ファイルを処理
  • 巨大なサイトでのパフォーマンスの改善

詳しくはこちら

2020.09.29Confluence 7.8.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 監査ログでエンドユーザーのアクティビティをさらに取得
  • ページ プロパティ レポート マクロのラベル上限を引き上げ
  • 無効化したマクロでコンテンツを保持
  • ホワイトリストとブラックリストを許可リストとブロック リストに置き換え

詳しくはこちら

2020.08.19Confluence 7.7.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • WebhookでConfluenceを次のレベルに
  • シームレスな編集エクスペリエンス
  • アクセシビリティの改善
  • クラスタをダウンタイムなしで再インデックス
  • 監査ログの制御性を向上
  • ページ プロパティ レポート マクロの改善
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング

詳しくはこちら

2020.06.30Confluence 7.6.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 監査ログでエンドユーザーのアクティビティをさらに取得
  • Companion アプリの信頼済みドメイン

詳しくはこちら

2020.05.20Confluence 7.5.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 監査性を改善した新しい監査ログ
  • 表に色を追加
  • ウィジェット コネクタをモダン化
  • OpenID Connect IdP を使用したシングル サインオン
  • その他の改善

詳しくはこちら

2020.04.21Confluence 7.4.0 リリースEnterprise releases

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • エンタープライズ リリースのまとめ
  • 管理対象デバイスで Confluence Server アプリを使用
  • 解決済みの課題
  • アップグレードの準備

詳しくはこちら

2020.02.05Confluence 7.3.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ファイルの編集をさらに制御
  • ページを参照できるユーザーを確認して確実に共有
  • 高度な権限管理で管理を簡単に行う
  • 大規模なスペースでのパフォーマンスの確保
  • レート制限によるシステムの保護

詳しくはこちら

2019.12.12Confluence 7.2.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 現在のインフラストラクチャで Data Center 機能にアクセス

詳しくはこちら

2019.11.04Confluence 7.1.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 多数のマクロの改善
  • ページのコピー時に添付ファイルをスキップ
  • Java 11 のサポート
  • Office で編集機能の延長サポート

詳しくはこちら

2019.09.10Confluence 7.0.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Synchrony データを自動的にクリーンアップ
  • CDN サポートにより各拠点でのパフォーマンスを向上
  • アップグレードへの準備の改善
  • サイトのCloudへの移行

詳しくはこちら

2019.03.14Confluence 6.15.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 検索フィルターとしてスペースカテゴリーが使えるようになりました
  • インポートする際、確認事項が表示されるようになりました

詳しくはこちら

2019.01.22Confluence 6.14.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 検索機能が新しくなりました。
  • ファイルの編集方法が追加されました。
  • エディタが大幅に改善されました。
  • 管理者がユーザーのプロファイル画像を削除できるようになりました。
  • PDFにページ番号を簡単に設定できるようになりました。

詳しくはこちら

2018.12.04Confluence 6.13.0 リリースEnterprise releases

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • AdoptOpenJDK8でConfluence 6.13の実行されました。
  • GDPR対策用の新機能が追加されました。
  • PDFエキスポート機能を改善しました。

詳しくはこちら

2018.10.02Confluence 6.12.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データセンター版のSynchronyのセットアップがより簡単になりました。
  • データセンター版のPDFエクスポート機能を改善しました。
  • 任意のノードでサポートzipを生成できるようになりました。
  • Atlassian Companionツールを配布しやすいようにMicrosoftインストーラを用意しました。

詳しくはこちら

2018.08.14Confluence 6.11.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Officeで編集機能に代わる、より良いファイル編集方法が追加されました。
  • サポートzipを簡単に生成する方法を追加しました。
  • データベースサポートしました。
  • Oracle 12cリリース2(12.2.x)をサポートしました。
  • Microsoft SQL Server 2017をサポートしました。

詳しくはこちら

2018.06.26Confluence 6.10.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データセンター版にリードオンリーモード機能が追加されました。
  • 検索機能を改善しました。
  • データセンター版でリソースの大量消費に対する新しいアプローチ
  • SQL Server 2016をサポートしました。

詳しくはこちら

2018.05.08Confluence 6.9.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ページの編集でフッターにメニューを追加。下記のメニューが選択可能になりました。
    • ページをプレビュー
    • ページが最後に公開されてからのすべての変更を表示します。
    • 最後に公開されたバージョンに戻す。
    • 公開されていない場合は、ページを削除してください。
  • IPv6をサポート
  • プロキシとHTTPSの設定がより簡単に
  • Team Calendarsの新機能
    • CalDAVをサポート
    • 定期的なイベントをより柔軟に

詳しくはこちら

2018.03.20Confluence 6.8.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Confluence サーバー版とデータセンター版でモバイルアプリが利用可能になりました。
  • リクエストアクセスが5倍になりました。
  • ページコンテンツの見た目を改善しました。
  • パフォーマンスと安定性を向上しました。
  • 日本語言語パックの問題を改善しました。

詳しくはこちら

2018.01.30Confluence 6.7.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • メンション機能がより簡単により早くなりました。
  • Confluenceの外観が新しくなりました。
  • データベース接続プールでHTTPスレッドの数が十分でない場合、アップグレード後に警告を表示します。
  • コードブロックマクロにYAMLが対応しました。

詳しくはこちら

2017.12.12Confluence 6.6.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 6つのヨーロッパ言語を追加しました。
  • ConfluenceデータセンターがAzureに対応(DataCenter)しました。
  • リカバリモードを使用した管理者権限の復元
  • Confluenceサーバー版とデータセンター版に新しいモバイルアプリが登場しました。

詳しくはこちら

2017.11.01Confluence 6.5.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データベースのセットアップがより簡単に
  • 問題が起こった時に動作不良や、原因を確認しやすくなりました。
  • Atlassian Notifications で常に最新情報を得る
  • Emailスレッド改善による通知のグループ化
  • 添付ファイルのインデックスパフォーマンス向上
  • Synchronyの起動・停止スクリプトを提供(DataCenter)
  • Azure デプロイオプションを提供(DataCenter)

詳しくはこちら

2017.09.06Confluence 6.4.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 下書きへのより簡単なアクセスが可能に
  • 作業中のページの備忘用のアイコンを付加(unpublished work)
  • ページ履歴にアバターとユーザ名を表示
  • パフォーマンステストフレームワーク

詳しくはこちら

2017.07.12Confluence 6.3.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 最大エディター制限
  • 添付ファイルインデックス作成の向上
  • サポートするデータベースの追加
  • 進行中の作業へのアクセスがさらに容易に

詳しくはこちら

2017.05.15Confluence 6.2.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ユーザーを編集に招待する
  • 権限の問題を短時間で解決
  • 簡単に共有が可能
  • アトラシアン パフォーマンス テスト フレームワーク

詳しくはこちら

2017.03.20Confluence 6.1.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ページテンプレートが新しく4つ追加
  • 共同編機能の向上
  • ConfluenceデータセンターをAWSに数分でデプロイ可能
  • データセンターにSAMLシングルサインオンが対応

詳しくはこちら

さあ、今すぐConfluenceを
試しましょう。

PAGE TOP

トライアル