Confluence|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Confluence(企業向けWiki)
  4. ドキュメンテーション
  5. リリース情報

Confluence

2018.06.26Confluence 6.10.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データセンター版にリードオンリーモード機能が追加されます。
  • 検索機能の改善
  • データセンター版でリソースの大量消費に対する新しいアプローチ
  • SQL Server 2016をサポート

詳しくはこちら

2018.05.08Confluence 6.9.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ページの編集でフッターにメニューを追加。下記のメニューが選択可能になりました。
    • ページをプレビュー
    • ページが最後に公開されてからのすべての変更を表示
    • 最後に公開されたバージョンに戻す
    • 公開されていない場合は、ページを削除してください。
  • IPv6をサポート
  • プロキシとHTTPSの設定がより簡単に
  • Team Calendarsの新機能
    • CalDAVをサポート
    • 定期的なイベントをより柔軟に

詳しくはこちら

2018.03.20Confluence 6.8.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Confluence サーバー版とデータセンター版でモバイルアプリが利用可能に
  • リクエストアクセスが5倍になりました
  • ページコンテンツの見た目を改善しました
  • パフォーマンスと安定性を向上
  • 日本語言語パックの問題を改善しました

詳しくはこちら

2018.01.30Confluence 6.7.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • メンション機能がより簡単により早くなりました
  • Confluenceの外観が新しくなりました
  • データベース接続プールでHTTPスレッドの数が十分でない場合、アップグレード後に警告を表示
  • コードブロックマクロにYAMLが対応

詳しくはこちら

2017.12.12Confluence 6.6.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 6つのヨーロッパ言語を追加
  • ConfluenceデータセンターがAzureに対応(DataCenter)
  • リカバリモードを使用した管理者権限の復元
  • Confluenceサーバー版とデータセンター版に新しいモバイルアプリが登場

詳しくはこちら

2017.11.01Confluence 6.5.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データベースのセットアップがより簡単に
  • 問題が起こった時に動作不良や、原因を確認しやすくなりました
  • Atlassian Notifications で常に最新情報を得る
  • Emailスレッド改善による通知のグループ化
  • 添付ファイルのインデックスパフォーマンス向上
  • Synchronyの起動・停止スクリプトを提供(DataCenter)
  • Azure デプロイオプションを提供(DataCenter)

詳しくはこちら

2017.09.06Confluence 6.4.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 下書きへのより簡単なアクセスが可能に
  • 作業中のページの備忘用のアイコンを付加(unpublished work)
  • ページ履歴にアバターとユーザ名を表示
  • パフォーマンステストフレームワーク

詳しくはこちら

2017.07.12Confluence 6.3.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 最大エディター制限
  • 添付ファイルインデックス作成の向上
  • サポートするデータベースの追加
  • 進行中の作業へのアクセスがさらに容易に

詳しくはこちら

2017.05.15Confluence 6.2.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ユーザーを編集に招待する
  • 権限の問題を短時間で解決
  • 簡単に共有が可能
  • アトラシアン パフォーマンス テスト フレームワーク

詳しくはこちら

2017.03.20Confluence 6.1.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ページテンプレートが新しく4つ追加
  • 共同編機能の向上
  • ConfluenceデータセンターをAWSに数分でデプロイ可能
  • データセンターにSAMLシングルサインオンが対応

詳しくはこちら

PAGE TOP