ITSMツール Jira Service Management - 主な機能|リックソフト

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Jira Service Management(マネジメント)
  4. Jira Service Management(マネジメント)主な機能

Jira Service Management
世界中で選ばれている
ITSM(ITサービスマネジメント)ツール

ITIL準拠のヘルプデスクシステム
ヘルプデスク業務の見える化を促進し
業務効率化を実現します。

主な機能

問い合わせ窓口の一元管理

問い合わせ専用のポータル画面をノンコーディング作成し、問い合わせ窓口を一元管理できます。

問い合わせ者に対する受付完了メールを自動化することでやりとり時間の削減できる他、受信した問い合わせメールを元にチケットを自動起票することも可能です。

問い合わせ窓口の一元管理<

問い合わせ管理

問い合わせ対応画面には関係者しか見えない[内部メモ]欄と、問い合わせ元に共有される[カスタマーに返信]欄が存在。同一チケット上で必要なコミュニケーションを図れます。

また問い合わせを複数担当している場合も、フィルタリング機能を活用すれば探している情報を簡単に見つけられます。

問い合わせ管理

SlackからJira Service Managementへチケット作成可能

Halpの機能が統合され、Slackを起点に問い合わせ対応を完結させることが可能になりました。

SlackのチャネルやDMからJiraチケットの起票やチケットの編集が可能になりました。またコメントも同期することができます。

問い合わせ管理

問い合わせ内容のナレッジ化

Jira Service ManagementだけでFAQやトラブルシューティングなどの記事のナレッジベース化を可能にします。

他のアプリのライセンスを購入する必要がないためライセンス費用を抑えてご利用いただけます。

問い合わせ内容のナレッジ化

カスタマイズ可能なワークフロー

課題タイプ毎にワークフローを設定・変更することができます。

決められたルートに沿って業務を進めていく体制作りがしやすくなります。

カスタマイズ可能なワークフロー

サービス水準合意(SLA)設定

ルールエンジンが自動的にSLA(サービス水準合意)の目標を適用し、達成状況はキューとチケット詳細の両方に表示されるため、チームは常に優先順位を意識して動いていくことができます。

また期日が迫ると通知を出すことも可能なため、対応漏れを防ぎ、顧客満足度向上にも繋げられます。

サービス水準合意(SLA)設定

レポート・分析機能

登録されたチケットのレポートを自動生成。問い合わせの解決状況をグラフで確認できたり、任意の条件でレポートを作成することで改善を繰り返し実施できます。

レポート・分析機能

さあ、今すぐJira Service Managementを
試しましょう。

PAGE TOP