JIRA Service Deskライセンスの考え方 | 製品 | リックソフト

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRA Service Desk
  4. JIRA Service Deskライセンスの考え方

JIRA Service Desk

JIRA Service Desk ライセンスの考え方

JIRA Service Deskのエージェントライセンスが必要です。コラボレーターには、JIRA ユーザーライセンスが必要です。
顧客は何ユーザー追加してもライセンスは不要です。

JIRA Service Desk ライセンスの考え方

名称 役割 ライセンス JIRA Confluence
JSDでの質問 ユーザーへの回答 SLA管理、ユーザーフォーム作成などJSDの機能 課題の作成、閲覧、コメント、編集などJIRA機能 ナレッジベースの閲覧(*1) 文書の閲覧、作成、編集
ユーザー JSDのフォームを使って問合せ出し、回答を確認する。 不要 check_box indeterminate_check_box indeterminate_check_box indeterminate_check_box check_box indeterminate_check_box
エージェント ユーザーからの問い合わせを確認し、解答する。 JIRA Service Desk check_box check_box check_box check_box check_box check_box
コラボレーター エージェントがエスカレーションした課題にコメントし、エージェントをサポート。 JIRA Core または、JIRA Software check_box indeterminate_check_box indeterminate_check_box check_box check_box check_box

(*1) : ユーザーはJIRA Service Desk のナレッジベースに指定されたスペースのみ閲覧可能です。

構成例

IT部門が 社内の問い合わせをJIRA Service Deskで受け付けます。ユーザーをサポートするためのFAQ/ナレッジベースを Confluence で運用します。IT部門内の情報共有にはConfluence, プロジェクト管理は JIRA Software を利用します。

問合せを利用するユーザーが300人、問合せを受け付けるエージェントが4人(マネージャー1人+メンバー3人)で、IT部門のコラボレーターが35人の場合の構成です。

ライセンス 価格 備考
JIRA Service Desk 5エージェント 255,000円 ユーザーからの問い合わせに対応します。マネジャーはユーザーから起票された課題をメンバーに割り振り、SLAを守れるように管理します。
JIRA Software 50 ユーザー 561,000円 ソフトウェア開発作業などの業務にJIRA Software を利用します。エージェントから問合せがエスカレーションされた場合は課題にコメントします。
Confluence 50 ユーザー 374,000円 ユーザー向けのFAQ / ナレッジベースの作成の他、メンバー間での情報共有、文書管理に利用できます。

PAGE TOP