アットホーム株式会社様|JIRA,Confluence,RickCloud導入事例

  1. HOME
  2. お客様事例
  3. JIRA,Confluence,RickCloud 導入事例 – アットホーム株式会社 様

JIRA,Confluence,RickCloud 導入事例 – アットホーム株式会社様

アットホームは、JIRA Software、Confluence、Bitbucket Server、Bamboo、HipChatを社内の統一環境として導入しました。


アットホーム株式会社不動産情報サービス企業、アットホーム株式会社(以下、アットホーム)では、JIRA SoftwareやConfluenceをはじめ、Bitbucket Server、Bamboo、HipChatといったアトラシアン製品をRickCloud上で運用。開発環境の効率化を図っています。同社 情報システム部 次長 服部 渉氏(写真右),と情報システム部 チーフアーキテクト 高野 孝之氏(写真左)に、各製品導入の経緯とねらいについて詳しく聞きました。

(アットホーム株式会社について)

1967年の創業以来、不動産情報メディア・不動産業務ソリューションなどの事業を通じて、不動産にかかわる事業者や一般生活者に役に立つサービスを提供している。設立当初から、加盟不動産店を対象とした『ファクトシート・リスティング・サービス(図面配布サービス)』を中心に事業を展開。全国で約54,000店の不動産店が利用する不動産情報の共有ネットワークを構築している。

現在では、不動産会社向け業務支援サイト『ATBB』、一般生活者向け不動産総合情報サイト『アットホーム』、新築・分譲マンション専門サイト『アットホーム 新築マンションプリーズ』などを展開。さらにスマートフォンやタブレット向けのアプリの開発など、常に時代の流れを先取りしたシステムやサービスを開発・提供している。2017年に創業50周年を迎える。

JIRA Softwareを中心に各種アトラシアン製品群をRickCloudで運用

アットホームにおける、アトラシアン製品の利用状況を教えてください。

現在当社には、基幹システム、勘定系システム、BtoB向けシステム、BtoC向けシステムと大きく4つの開発グループがあります。それぞれ利用状況や利用ライセンス数などは異なりますが、次のアトラシアン製品を導入しており、2016年2月からすべてリックソフトが運用するクラウドサービス「RickCloud」上での運用を開始しました。

新しく始まる開発プロジェクトはすべて、これらの開発環境を利用してプロジェクトを進めていきます。また、既存のシステム開発プロジェクトも可能な範囲で移行する予定です。

利用者数を教えてください。

社内の開発メンバーは約150名おり、外部も含めると200ユーザーを超えます。

品質向上と効率化を図るため開発環境の統一化を検討

このように主な開発環境やツールをアトラシアン製品に統一しているのには、何か理由があるのでしょうか。

JIRA Softwareは、バグ管理などを行うためかれこれ10年ぐらいは利用してきました。ただし、これまでは各開発グループが開発プロジェクトごとに管理ツールや開発環境を自由に選んでいましたので、すべての開発プロジェクトで利用されてきたわけではありません。 アトラシアン製品であればConfluenceやHipChatも一部のプロジェクトでは利用していました。その他、開発ツールではTeam Foundation Server(以下、TFS)を、プロジェクト管理ではRedmineを、CIであればJenkinsなども利用してきました。

もちろん、プロジェクトごとに開発しやすい環境を選ぶのはプロジェクト単位で見れば悪いことではないかもしれません。しかし、 従来の開発環境では次のような要因がボトルネックとなり、 限られた開発リソースとコストで、プログラムの肥大化や開発サイクルの短縮化に対応することが難しくなってきました。

そこで、システムやプログラムの品質向上や開発効率化を図るため、開発環境を統一しようということになりました。

アトラシアン製品のツールチェーンによるシナジー効果に期待

統一環境として、アトラシアン製品を選択した理由を教えてください。

服部 渉氏

代表者が集まって、導入する環境の選定をしました。一度決めたら簡単に変えることはできませんので、約3か月間、時間をかけて議論・検証しました。

アトラシアン製品を選定した主なポイントは次の通りです。

【選定理由1】ツールチェーンによるシナジー効果

Confluenceを中心に、アトラシアン製品で管理する情報を見渡せるツールチェーン環境は大きな魅力でした。アトラシアン製品で統一することで、開発環境を統一する効果をさらに高めることができると期待しました。

たとえば、JIRA SoftwareとBitbucket Serverとのツール連携では、JIRA Software上で「プルリクエスト中」というメッセージが表示されるなど進捗を確実かつ容易に把握できます。また、Confluenceによるナレッジ共有・情報共有からスタートし、アトラシアン製品群のツールチェーンへと段階的に利用範囲を拡大できるのも魅力でした。

【選定理由2】幅広い開発言語に対応
開発言語がJava、Ruby、php、Microsoft Visual Basic、C#、ColdFusionなど多岐にわたるので、幅広い開発言語に対応できることは必須要件でした。
【選定理由3】Wikiコラボレーションによるナレッジ共有
Confluenceを活用することで開発者に負担をかけることなく、情報やナレッジを共有したり、プロジェクトの経緯をだれでも確認したりできるようになります。他の開発ツール群にはConfluenceのようなツールは見当たりませんでした。
【選定理由4】RickCloudによる運用負荷の軽減
いくら優れた環境を用意できたとしてもシステム運用に負荷がかかってしまったり、属人化してしまったりすれば効果が薄れてしまいます。実際、運用を任せられるような人材は優秀な場合が多く、開発プロジェクトの中でリーダー的な役割を担えるような人材なので、開発ツールの運用などに割くのは非効率です。

インフラ運用をリックソフトに任せることができ、サイジングなども気にせず、アトラシアン製品に特化したクラウドインフラを利用できるという点もアトラシアン製品を採用した大きなポイントでした。

RickCloudはアトラシアン製品の専門家が運営しているクラウドなので安心

アトラシアン製品の採用に関して、反対意見などは出ませんでしたか。

一部、Redmineの採用を主張する意見もあったのですが、リックソフト社が開催する管理者研修を受講したことで、JIRA Software自体や使いどころのコツが理解でき、結果的には意見をまとめることができました。

今回RickCloudを利用されていますが、クラウド上で開発環境やツールを運用することに対する反対意見などはなかったのでしょうか。

RickCloudはAmazon Web Services(AWS)という世界有数のクラウドサービスで運用されているので、信頼性やセキュリティーに関して、問題視するような声は出ませんでした。しかも、RickCloudはディスク容量などの制限もなく、アトラシアン製品の専門家であるリックソフトが運営しているクラウドサービスなので安心して利用でき、運用も任せられると判断しました。

ナレッジや情報共有が進み、手戻りの解消や開発業務の効率化を実現

アトラシアン製品群を導入した成果は上がっていますでしょうか。

高野 孝之氏

利用を開始して半年ほど経過しましたが、着実に成果は上がっています。現時点での主な成果は次の通りです。

【効果1】Confluenceを中心とした情報共有

Confluenceを中心とした情報共有が進み、これまで情報が共有されていなかったために発生していた開発プロセスでの問題が改善され、手戻りなどが解消されてきました。

また、別のプロジェクトで発生した事象に対して、他のプロジェクトメンバーが解決のためのアドバイスやコメントをする機会が増え、開発現場の風通しがよくなりました。

【効果2】JIRA SoftwareとTeam Calendars for Confluenceの連携による効率的なスケジュール管理

スケジュール共有に関して、これまではタスクを手作業で整理して表計算ソフトに記入したデータをグループウェアに貼り付けていました。

今ではJIRA SoftwareとTeam Calendars for Confluenceとを連携して、開発プロセス上のタスクがカレンダーに自動で反映されるようになりました。また、 グループ単位、個人単位でカレンダーを表示できるので、個人の予定とプロジェクトの予定を見渡すことができるのもとても便利です。

【効果3】迅速かつ柔軟に権限の設定により開発プロセスがオープン化

システムインフラの運用負荷から解放されたことにより、これまで管理部門が管理していた開発基盤のアカウント管理権限を開発部門に移管しました。現場で開発業務に合わせた迅速かつ柔軟に権限の設定ができるようになりました。

また権限設定に関しては、個人への権限付与ではなく、グループや組織への権限付与に変更したことで、閉鎖的であった開発プロセスがオープンになりました。

さらに、RickCloudによってユーザー管理が一元化できたのも助かっており、将来的にはMicrosoft Active Directory(AD)との連携も考えています。

【効果4】ツールの統一化による成果
開発ツールが統合されたことで開発フローが簡素化され、パターン化するためのベースもできました。

導入時に苦労したことなどはありましたか。

苦労したことは特にありません。むしろRickCloudを導入したことにより、短期間でサービスの利用を開始することができました。また、リックソフトにサポートしてもらい、既存環境からRickCloudへ問題なくデータ移行することができました。

今後の展開と期待

今後の展開などがあれば、教えてください。

旧開発環境からの移行を完全に終えること。さらには、すべての開発グループでの導入も済んでいませんので、まずはこれらが目先の目標となります。

その後は、日付を変更しテストをバッチで実行するなどの手順をボット化してHipChatで実行したり、開発フローを簡素化したりパターン化したりするなど、細かな部分になるかもしれませんが、さらなる効率化を進め、ソフトウェアの品質向上につなげていきたいと考えています。

最後に、アトラシアンとリックソフトへの要望や期待などがあれば、聞かせてください。

リックソフトは経験が豊富で技術力が高く、クラウドインフラから各ツールの使い方までワンストップで対応してもらえるのでとても助かります。今後も、的確な情報発信と高度なサービスの提供に期待しています。

PAGE TOP