機能詳細|WBS Gantt-Chart for Jira|トラシアン製品にウォーターフォール開発機能(MS-Project互換)を追加

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. WBSガントチャート for Jira(進捗管理ツール)
  4. WBSガントチャート for Jira 機能詳細

主な機能

作業の進捗状況が一目で把握できる

各担当者が、Jira Softwareで自分の担当分の課題を更新すると、WBSガントチャートに反映されますので、WBS ガントチャートで表示することによって、チケットの開始日、完了日、プロジェクト全体の計画、作業状況を一目で把握できます。

マネージャーが各メンバーに進捗をヒアリングして資料に更新するという作業が不要になります。

また、課題の変更内容はメールで通知されますので、自分に関連する課題の更新情報もリアルタイムで受け取れます。

ブログ:プロジェクトの計画と進捗を一目で把握したい

作業の進捗状況が一目で把握できる

担当者を効率よく割り当てられる

「チケットを割り当てたいが、その時期に誰が空いているのか分からない」、または「チケットが割り当てられずに暇を持て余したメンバーが出てしまった。」などで困ったことはありませんか?リソース計画補助機能で、「いつ、誰が、どのくらいの作業をする予定であるのか」を「見える化」することで、効率的に要員計画ができます。

ブログ:プロジェクトのリソース計画を立てる

担当者を効率よく割り当てられる

Excelにエクスポートできる

進捗会議などの場で、資料を電子ファイルや紙で配布する場面は多いと思います。WBS ガントチャート for Jira はExcelエクスポート機能で簡単にエクスポート、印刷することができます。

ブログ:Excelでプロジェクト管理をしている人に教えたいWBS Gantt-Chartの使い方

Excelにエクスポートできる

便利なテンプレート機能

業種、業態を問わず、どんなプロジェクトでも、例えば「仕様書の作成」や「レビュー」、「テスト」など、定型的な作業は必ず発生します。WBSガントチャートでは、期間や依存関係なども含めてプロジェクトをテンプレート化することができます。

また既存のプロジェクトもテンプレート化して再利用することも可能です。

ブログ:チケットテンプレートでWBS作成の手間を省く

ブログ:他のプロジェクトでチケットテンプレートを使いたい

便利なテンプレート機能

進捗状況を視認しやすいイナズマ線

イナズマ線でプロジェクトの進捗状況を視覚的に表示します。各WBSタスクの進捗率に合わせてイナズマ線が表示されます。「表示」メニューからいつでも表示・非表示を切り替えることができます。

ブログ:進捗状況を視覚化したい

進捗状況を視認しやすいイナズマ線

その他の特長

Microsoft Projectのデータをインポート

Microsoft Projectの
データをインポート

課題詳細ビュー

課題詳細ビュー

ガントチャート上でWBSタスクの詳細を表示する機能です。

進捗状況の詳細を把握するため、WBSタスクをクリックすると詳細表示をすることができます。

課題の並び替え

課題の並び替え
WBSタスクの表示順序を自由に並べ替えでき、階層のインデントとアウトデントも可能です。

WBS ガントチャートで実現するプロジェクト管理方法

WBSガントチャートユーザーガイド動画

サポート・ドキュメンテーション

経験豊富な実績、技術者が
導入時の不安をサポートします。

さあ、今すぐWBSガントチャート for Jiraを
試しましょう。

PAGE TOP