1. HOME
  2. eラーニング
  3. Jira Service Management 管理者コース

eラーニングで学ぶ

Jira Service Management 管理者コース

ITIL認定資格とアトラシアンの認定資格を持つ講師が監修

Jira Service ManagementはITSMを実現する製品で、リクエスト管理、インシデント管理、問題管理を行うことができます。Jira Service Management管理者コースでは製品の導入支援や円滑な利用促進を提供します。

  • 問い合わせ窓口の一本化し、一元管理を実現
  • 問い合わせ内容の傾向の視覚化や進捗を確認したい
  • 問い合わせ内容の対応の優先順位付け
  • トラブルシューティングのシフトレフト化

といったお悩みをDX推進の観点で、早期に環境を構築されたいお客様におすすめです。

対象者
  • 管理者向け
  • Jira Service Managementでサポートデスクの管理・運用を担当する方
  • 情報システム部門(社内問い合わせ)の担当者
  • カスタマーサポート部門(社外問い合わせ)の担当者
標準学習時間
2時間
対応バージョン
  • クラウド版
  • Data Center版

サンプル動画

eラーニングで学ぶ「Jira Service Management 管理者コース」から抜粋したサンプル動画をご紹介します。

  • カスタマーポータルについて

    顧客(カスタマー)が使用するカスタマーポータルについて、またその設定とカスタマイズ方法についてご紹介します。

  • SLAについて

    Jira Service ManagementのSLAについて、またその設定方法についてご紹介します。
    こちらは提供されるサービスの品質を保証するものに繋がりますのでしっかり学習していきましょう。

  • ナレッジベースとの連携について

    Jira Service Managementでは、ナレッジベース(Confluece)と連携することで、カスタマーが必要な答えをすばやく見つけられる、自己解決できるように支援することができます。
    ここでは、Jira Service ManagementとConfluenceとの連携方法と利用方法について学習します。

コース内容

セクション 項目 内容
Part1
  • 1. Jira Service Managementとは?
  • 2. Jira Service Managementの特長
Jira Service Management とは?Jira Service Management を利用するメリットや特長について解説します。
Part2
  • 3. ユーザーと役割
  • 4.エージェント、コラボレーター、カスタマー
Jira Service Managementのユーザーの役割について学習します。それぞれのユーザー(エージェント、コラボレーター、カスタマー)がどのような役割をするのかを解説します。
Part3
  • 5.顧客の管理と組織
  • 6.顧客の管理と権限
Jira Service Managementでの、顧客(カスタマー)の管理、権限、組織を理解し、その設定方法を学習します。
Part4
  • 7.サービスデスクプロジェクト
  • 8.カスタマーポータル
  • 9.リクエストタイプ
サービスデスクプロジェクトの設定方法と、顧客(カスタマー)が使用するカスタマーポータルの設定方法、リクエストタイプについて学習します。
Part5
  • 10.Jira Service ManagementのSLA
  • 11.SLAの設定
SLAはサービスレベルアグリーメントの略で、提供するサービスに対する合意事項のことを言います。本パートではJira Service ManagementのSLAについて学習します。
Part6
  • 12.自動化機能の利用方法
Jira Service Managementで利用できる自動化機能について学習します。
Part7
  • 13.承認機能の利用方法
承認機能の利用方法について学習します。承認機能は画面、ワークフロー、カスタムフィールドなどの設定が必要になり、複雑で分かりにくい機能でもありますので、少しずつ、順を追って学習していきましょう。
Part8
  • 14.ナレッジベースの連携
Jira Service ManagementではナレッジベースをConfluenceで作成し、連携して利用します。このパートでは、Confluenceとの連携方法と利用方法について学習します。

プラン詳細とご利用料金

  • 01個別コースプランご利用料金

    下記のコースの内から、契約したコースのみが受講可能となります。

    コース名 振り出しID数 初年度利用料 次年度以降利用料
    Jira Service Management 管理者コース 20 ¥420,000 ¥170,000

    ※利用料は税別です。

    ※IDについては、使いまわし可、同時接続不可となります。

  • 02セットプランご利用料金

    全てのコースが受講できるプランです。

    コース名 振り出しID数 初年度利用料 次年度以降利用料
    全てのコースが受講可能です。
    • Jira 入門
    • Confluence 入門
    • Jira チームリーダー
    • Jira プロジェクト管理者
    • Jira 管理者コース
    • Jira Service Management 管理者コース
    20 ¥1,200,000 ¥480,000

    ※利用料は税別です。

    ※IDについては、使いまわし可、同時接続不可となります。

  • 03eラーニング + PDFガイドブックフルセットご利用料金

    「eラーニングセットプラン(全コース見放題)」と「PDFガイドブックセットプラン(全種類セット) 」がセットになったプランです。

    eラーニングコース 振り出しID数 PDFガイドブック ファイル形式 利用料 次年度以降利用料
    全てのコースが受講可能です。
    • Jira 入門
    • Confluence 入門
    • Jira チームリーダー
    • Jira プロジェクト管理者
    • Jira 管理者コース
    • Jira Service Management 管理者コース
    20 全てのPDFガイドブックが含まれます。
    • Jira ユーザー向け 入門
    • Confluence ユーザー向け 入門
    • Confluence マクロリファレンス
    • Jira Software Cloud 管理者向け 入門
    • Jira 管理者向け 入門
    • Jira Service Management 管理者向け 入門
    • Confluence 管理者向け 入門
    PDF ¥1,500,000 ¥600,000

    ※利用料は税別です。

    ※IDについては、使いまわし可、同時接続不可となります。

  •  +オプション

    プラン02〜04のeラーニングのIDが足りない場合については、10IDを1セットで10万円として、オプション販売いたします。

    追加セット数 追加ID数 初年度利用料 次年度以降利用料
    1 10 ¥100,000 ¥100,000

    ※利用料は税別です。

    ※IDについては、使いまわし可、同時接続不可となります。

利用規約

eラーニングの利用規約については下記のPDFをご覧ください。

eラーニング利用規約

デジタルコンテンツ利用規約については下記のPDFをご覧ください。

デジタルコンテンツ利用規約

eラーニングのご相談・お申し込みは
お気軽にお問い合わせください

お客様の様々な課題・ニーズに応じたサービスをご用意しています。まずはお気軽にご相談ください。

PAGE TOP