JIRAライセンス|JIRAライセンスの考え方と機能の違い

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRAライセンスの考え方と機能の違い

JIRA Software

主な特長

2015年10月7日からJIRAのライセンス体系は「JIRA Core」「JIRA Software」「JIRA ServiceDesk」の3つに再構成されました。
旧ライセンスと新ライセンスの考え方は以下となります。

ライセンス体系

従来のJIRAから一部機能が制限されたライセンスとなり、Bitbucket, Subversion などのバージョン管理ツールとの連携や、リリースハブやロードマップによるバージョン管理などが削除されました。

ビジネスチーム向けの課題管理、タスク管理、プロセス管理に利用することができます。

※.1 従来のJIRAとは機能が異なりますのでご注意ください。

※.2 JIRAからJIRA Coreに変更した場合、利用できた機能が利用できなくなる場合がございます。

詳しくはこちら

従来のJIRAでは別売りのアドオンだった「JIRA Agile」が統合され、カンバンボードなどが利用できるようになりました。

Bitbucket, Subversion などのバージョン管理ツールとの連携や、リリースハブやロードマップによるバージョン管理など従来のJIRAの機能を継承しています。

「かんばん」「スクラム」などアジャイル開発に必要な機能が利用できます。

JIRA Software に WBS Gantt-Chart for JIRA を追加すると、ガントチャートによるプロジェクト管理も可能です。

詳しくはこちら

従来のJIRAライセンスに JIRA Service Desk が追加されたライセンスです。

利用者が問い合わせ(課題)を作成しやすい画面UIを作成できます。

SLAの定義、Confluenceのナレッジベース連携などの機能により、インシデント管理を効率よく行う事が可能です。

詳しくはこちら

JIRA Core、JIRA Software、JIRA Service Desk の機能の違い

各ソフトウェア機能チャート

機能 JIRA Core JIRA Software JIRA Service Desk
基本ビジネスプロジェクト check check check
ワークフロー編集 check check check
強力な課題検索 check check check
ダッシュボード check check check
基本レポート check check check
アジャイルボード check
バックログ計画 check
アジャイルレポート check
開発ツール連携 check
リリースハブ check
キュー check
SLA check
Confluence KB連携 check
詳細なサービス指標 check

ライセンス数の考え方

2015年10月7日からライセンス数の考え方が変更となりました。
これまではJIRAユーザー数に対して各アドオンは同じユーザー数を購入する必要がありましたが、2015年10月7日からは「JIRA Core」、「JIRA Software 」、「JIRA ServiceDesk」をそれぞれ利用ユーザー数分だけ購入となります。

ライセンス数の考え方

※異なるライセンスへの移行やアップグレードはできません。
(例:JIRA Core→JIRA Softwareへライセンスアップグレードを行うことはできません。ライセンスは買い直しとなります。

※JIRA SoftwareとJIRA ServiceDeskを両方利用したいユーザは2つのライセンス購入が必要。

PAGE TOP