Jira + WBSガントチャートで
プロジェクト全体のスケジュールを把握

Jiraだけでは難しいタスクの関連を明確化、プロジェクトマネージャとチームの作業負荷が軽減できます。

お問い合わせ

こんなことにお困りではありませんか?

プロジェクト終了日がわからない
  • Jira でタスク管理をしているので、何をしなければいけないのかはわかる。でも、いつプロジェクトが終了して、リリースできるのかがわからない。個々のタスクの状況はわかるが、プロジェクトへの影響、進捗状況がわからない。
関連するタスクがわからない
  • タスクの関連付けがないと、いつ先行タスクが完了し、後続のタスクに着手すればよいかがわからない。後続のタスクの遅延している原因をすぐに特定できない。
進捗報告書を作成するのが大変
  • Jira でタスク管理をしているけれど、進捗情報の共有が進まない。報告のために Excel にデータをエクスポートして報告書を作成しているが、この作業に工数をとられてしまう。

“ WBS ガントチャート ” をアドオンすると、こんなお悩みも即解決!

全体の工程とスケジュールを俯瞰して
プロジェクト運営ができる

ガントチャート表示でプロジェクト全体のスケジュールを確認して、終了期限を予測できます。
個々のタスクのスケジュールが変更された場合も、全体への影響がわかります。

プロジェクトの終了期限を確認

ガントチャート表示でプロジェクトの終了予定日を確認

Jira でタスク管理をしているとタスク同士の関連性の把握が難しく、特定タスクの遅延が、どのタスクに影響するかをプロジェクトマネージャは確認する必要があります。

WBSガントチャートではプロジェクト全体のタスクを一覧で表示する事ができ、個々のタスクの関連を定義すると、先行のタスクにスケジュール変更があった場合も、後続のタスクのスケジュールが自動的に変更されます。この機能を使うと、特定のタスクがプロジェクト全体に及ぼす影響や、プロジェクトの終了日を把握できます。

ベースラインとの比較で当初の予定との差異を比較

プロジェクト進行中にもスケジュールは調整されていきます。プロジェクト開始時に決めたスケジュールと現在のスケジュールを比較することは重要です。

ベースライン機能を使うと、当初の予定と現在の予定を比較できますので、終了日がどのくらい遅れたのかを確認できます。

各担当者の「リソース」確認をしながらスケジュール調整

計画を調整する場合、アサインする担当者の作業負荷への影響を確認する必要があります。リソース機能を使うと、メンバーの作業負荷状況を確認できますので、作業の重複による遅延を未然に防止できます。

Jira だけでは管理が難しいプロジェクト全体のスケジュール把握が簡単になります。

ガントチャート表示で
タスク同士の関連をビジュアルに表示

各タスクの計画と進捗をガントチャート形式でビジュアルに表示できます。
先行と後続のタスクを関連付けることで、タスクのスケジュールを変更した場合に及ぼす影響を測ることができます。

タスク同士のリンクで、先行と後続のタスクを指定

タスク同士のリンクで、先行と後続のタスクを指定

先行のタスクが遅れているため、後続のタスクに着手できない場合があります。WBSガントチャートを利用すると、タスク同士の先行、後続を指定することで、先行タスクの遅延が後続タスクのスケジュールにどのように影響するか確認できます。

クリティカルパスでプロジェクトに影響するタスクを確認

クリティカルパスでプロジェクトに影響するタスクを確認

スケジュールを調整する場合、プロジェクト全体に影響があるかどうかを確認する必要があります。WBSガントチャートのクリティカルパス機能を使うと、タスク同士の関連を考慮したクリティカルパスを表示することができます。

Jira だけではわかりにくいタスクの依存関係が明確になります。

ガントチャートで進捗情報を共有し、
Excel エクスポート機能で進捗報告書を作成

各担当者が入力した進捗情報がガントチャートに反映される事で、進捗情報の共有が進みます。
進捗会議などの場で、資料を電子ファイルや紙で配布する場面は多いと思います。
Excelエクスポート機能で簡単にエクスポートできるので、プロジェクトマネージャーの作業負荷を軽減できます。

バージョン管理機能で業務効率化!

進捗情報の共有と見える化

WBSガントチャートを導入すると、Jiraのタスクの進捗情報が ガントチャートに反映されます。プロジェクトマネージャーは担当者に進捗情報をヒアリングして、進捗報告書に反映するという作業が不要になります。進捗会議に臨む前に進捗情報は共有されていますので、進捗会議も短縮できます。

計画情報を修正するとメンバーに通知される

Excel で進捗報告書を作成していると、計画変更時に関係者に配布し変更内容を伝える必要があります。 WBSガントチャートは資料を変更時に自動で作業担当者や関係者に通知をすることができます。変更内容もわざわざ伝える必要がありません。

Excel エクスポート機能

WEB画面に表示されたものと同様のものが、Excelエクスポート機能で簡単にエクスポートできるので、プロジェクトのレポートに活用できます。

プロジェクトの進捗情報の共有が進み、プロジェクトマネージャの作業負荷が軽減できます。

導入実績

アットホーム株式会社 様

開発プロセスの統一環境を不動産流通情報サービスのアットホーム株式会社に短期間で導入しました。

詳細はこちら

ヤフー株式会社 様

ヤフーではプロジェクト管理にWBS Gantt-Chart for Jiraを採用しました。
 

詳細はこちら

大樹生命保険株式会社 様

保険サービスを支えるプロジェクト管理にWBS Gantt-Chart for Jiraを採用しました。
 

詳細はこちら

まずはお気軽にご相談ください!

Jira,WBS ガントチャート のことなら、何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

フォームでのお問い合せ

WBS ガントチャート for Jira
30日無料トライアル申し込み

Contact

ご利用いただく環境必須
導入時期
会社名必須
ご所属必須
必須
必須
カナ必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須

※確認のためもう一度Emailアドレスを入力してください

電話番号必須
都道府県必須
お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いに関して

  • お客様からお預かりした個人情報は、関連法令および社内諸規定に基づき慎重かつ適切に取り扱います。

PAGE TOP