JIRA Software|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRA Software(プロジェクト管理ツール
  4. JIRA Software リリース情報

JIRA Software

2016.08.23JIRA Software 7.2.0 リリース

今回のリリースでは、お客様からの要望やアトラシアン社の調査により、お客様に期待に沿う内容となっています。下記の3つをテーマとして、それぞれのテーマに沿った特徴ある機能や追加機能を提供いたします。

  • Work Smart - 詳細画面での全項目編集、テキスト項目のリッチテキスト化、フレキシブルなCSVエクスポート機能
  • Simplification - サイドバーでのバージョン、コンポーネントの管理機能、スマートメンション機能、プロジェクトコンテキスト機能
  • Performance – 新機能追加ではパフォーマンスの向上、少なくとも現状維持を目標にしています。

Work Smart

Work Smartは業務における生産性を向上させるためJIRA Softwareの操作性を効率化しました。

詳細ビューで全項目編集

これからは、課題をアジャイルボードで見ましょう。課題を更新するためにアジャイルボードから離れずに、編集画面上にあるすべての項目が詳細ビューで編集可能になりました。ボードで状況を確認しスムーズに、効果的に仕事を進めることができます。

テキストのリッチテキスト化

「文字をハイライトにしたい」「コメントを強調したい」と思ったことはありませんか?今までは、Wiki表記法で書かれたコメントがどうなっているか、想像できませんでした。JIRA Software 7.2の「見たまんま!(WYSIWYG)」を紹介します!

(旧バージョン)

テキストのリッチテキスト化

(新バージョン)

テキストのリッチテキスト化

現在ツールバーとWiki表記法はテキスト、ビジュアルの両方のモードで表示できます。違いはフォーマットで表示されるか、Wiki表記法が適用された状態で表示されるかです。これからは、太字や社自体の表記法を覚える必要はありません。アトラシアン社では、これからもこの機能の拡充を進めいています。現在JIRA管理者は設定変更で2つの表示を選択できますが、アトラシアン社ではビジュアルモードでの表示がテキスト入力での標準であるべきだと考えています。

フレキシブルなCSVエクスポート機能

ユーザーで操作可能なフォーマットのデータが必要になる場合があります。カンマ区切りのファイル(CSVファイル)をExcelで開いたり、グラフ化したりしたいと思った事はありませんか。

今回のリリースでは、検索結果の課題、項目をCSV形式でエクスポートが可能です。そして、課題と紐づいているすべての項目のエクスポートも可能になりました。CSVファイルはエクスポートファイルをより軽くします。
CSVエクスポートは、これまでのように1000件までのリミットに縛られることはありません。これからは、検索できる課題はすべてエクスポート可能となります。

CSVファイルにエキスポートする事でExcelでのピボットテーブルなどを利用する事ができプレゼン・報告用のレポート作成ができるようになります。

その他の機能改善

機能改善は下記の通りです。

課題をのコピーでは、スプリントの値を含めることも、除外することもできます。

担当者単位でバックログ検索が可能になりました。

右クリックでアジャイルボードから課題の削除を行えるようになりました。

JIRA管理者は最初のログイン時にサンプルデータ付きのプロジェクト作成が可能です。また、外部システムからのデータのインポートも可能です。そして、新規ユーザーがボード上での業務に慣れられるように、いつでもサンプルデータ付きのプロジェクトを作成することができます。

アトラシアン社は皆様のより快適で効率的な業務を新しい発想と機能でお手伝いいたします。

Simplification(簡単にします)

アトラシアン社のSimplification(シンプルにします) とは?JIRA Softwareを簡易にセットアップできるようにします。画面を表示するのに4回もクリックが必要?本来2回のクリックで表示できるようにすべきなのでは?GUIの改善と今ある機能の拡張で実現いたしました。

画面遷移について

JIRA6.4から始まったプロジェクトやボードがすべての仕事であるというコンセプトは、そろそろ完成へと近づいています。JIRA管理者とプロジェクト管理者のために、プロジェクトの設定変更時にプロジェクトに沿って、設定画面を表示しています。これは、管理者が設定変更後に常に迷わずすぐに業務へ戻れることを配慮したものです。同じように、レポートについてもサイドバーで表示ができすぐにまた業務へと戻ることができます。

画面遷移について

リリース、バージョン、コンポーネント

常にプロジェクトの状況を把握することで、JIRA管理者や、プロジェクト管理者がバージョンや、コンポーネントを管理する方法を変えてきました。リリースをサイドバーから行い、インラインでバージョン管理を行うことができます。

そして、 […]ボタンでコンポーネントについても同様の操作ができます。

リリース、バージョン、コンポーネント

その他

簡単に、平易に管理することは、つまり設定の管理に成功しているということです。素早く、容易に、これが成功への鉄則です。継続は力なり、少しずつですが改善をご期待ください
スマートメンションは、よく会話している人から順にリストアップします。人を探さなくても簡単に同僚へメンションする事ができます。

メンションについては、検索精度をもっと賢くしました。ユーザーを検索する場合、完全一致する必要はありません、例えば「山田桃太郎」の入力でも「山田太郎」を検索する事ができます。

異なる期間のプロジェクトでボードを利用するのはとても難しかったりしますね、プロジェクト上のボードのスイムレーンをベースとすることで、より簡単に課題を探し出すことができます。

ポルトガル語、ロシア語、韓国語をサポート言語へ追加しました。母国語でより明瞭なシステムで業務を遂行することができます。

パフォーマンス

とりわけ大きなインスタンスでは新発想&新機能の追加時にパフォーマンスが低下することは、これまでありました。 JIRA7.2では、お客様にとって、パフォーマンスのキーとなる範囲が特定していたので、操作確認を重点的に行い、パフォーマンスの維持または、改善を確認しています。

以下に記載するのはJIRA6.4、JIRA Agile6.7との比較のハイライトです。

  • 課題ビュー – ロード時間、スループットともに向上を確認しています。つまり、課題ビューページが表示される時間はJIRA7.2が勝っています。
  • • ダッシュボード – サーバレスポンスはほんのわずかに向上、スループットは明らかに向上しています。つまり、ダッシュボードの表示時間が少し改善され、高負荷時でも安定して表示を行えます。たくさんの人があなたの自信作のダッシュボードを素早く閲覧ができます。 こちらもJIRA7.2が勝っています。

バグの改善

Changes for JIRA administrators(JIRA管理者への変更)

【参考】 JIRA Software 7.2.0 release notes (英語)

PAGE TOP