Bitbucket|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Bitbucket (Gitリポジトリ管理)
  4. Bitbucket リリース情報

リリース情報

2021.07.27Bitbucket 7.15 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プル リクエストをマージしたときのソース ブランチの挙動を制御
  • プル リクエストのアクティビティを長期的に分析

詳しくはこちら

2021.06.22Bitbucket 7.14 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Jira Software Cloud との連携の強化
  • 必須ビルドのマージ チェック

詳しくはこちら

2021.05.18Bitbucket 7.13 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プル リクエストのレビュアー グループ
  • プル リクエストの説明用のテンプレート
  • 高度なリポジトリ管理
  • インスタンスのデータ インサイトを確認

詳しくはこちら

2021.04.13Bitbucket 7.12 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 複数の IdP を構成
  • 基本認証の無効化

詳しくはこちら

2021.03.10Bitbucket 7.11 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Jira 課題をダッシュボードで確認 ( 新機能 [あなたの Jira 課題] セクション追加 )
  • 自身に割り当てられたすべてのオープンな Jira 課題を、更新順に確認
  • 課題キーを簡単に選択して課題の詳細を確認
  • 作業を開始する準備が整ったら、[アクション] メニューからブランチを直接作成

詳しくはこちら

2021.02.02Bitbucket 7.10 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プル リクエストを最新のバージョンに更新
  • 廃止予定について
  • アップグレードの準備

詳しくはこちら

2021.01.05Bitbucket 7.9 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ダウンタイムなしでアップグレード
  • アップグレードへの準備の改善

詳しくはこちら

2020.11.24Bitbucket 7.8 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Bitbucket からビルドを再実行
  • データベース パスワードの暗号化
  • グレースフル シャットダウン (Linux のみ)

詳しくはこちら

2020.10.22Bitbucket 7.7 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 新しいコード レビュー ワークフロー: コメントの一括処理および公開
  • Jupyter notebooks のレンダリング
  • 非アクティブなプル リクエストを自動的に却下
  • コメントへのリアクション
  • 差分ビューでのアクセシビリティ

詳しくはこちら

2020.09.15Bitbucket 7.6 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 長期サポート リリースのまとめ
  • アップグレードの準備

詳しくはこちら

2020.08.11Bitbucket 7.5 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 連携 CI/CD の最適化
  • 監査ログを要約で絞り込み
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング
  • デフォルト ブランチ名のカスタマイズ

詳しくはこちら

2020.07.09Bitbucket 7.4 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • CI/CD 連携でワークフローを最適化
  • 表示されないコメントを確認
  • 監査ログの管理オプションを追加
  • リポジトリを削除できるユーザーを制御
  • Git ホスティングのためのスケーラビリティの強化

詳しくはこちら

2020.06.02Bitbucket 7.3 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 個人のアクセス トークンの失効
  • デフォルトでマージ後にソースブランチを削除

詳しくはこちら

2020.04.28Bitbucket 7.2 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • テキスト検索やレビュアーの選択でプルリクエストを検索可能に

詳しくはこちら

2020.03.24Bitbucket 7.1 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • リポジトリ内の特定のブランチに対するすべてのプッシュが確認可能になりました

詳しくはこちら

2020.03.05Bitbucket 7.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プル リクエストの見直し
  • プル リクエストでのタスクの改善
  • コード カバレッジ
  • 管理者向けの監査機能の追加
  • OpenID Connect でのシングル サインオン
  • プル リクエストでのソース ブランチの更新のための新しい webhook

詳しくはこちら

2020.01.14Bitbucket 6.10 リリースEnterprise releases

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

    Bitbucket Server 7.0 へのアップグレードの準備

  • サポート対象外のオペレーティング システム
  • プル リクエストの 2-way diff

詳しくはこちら

2019.12.10Bitbucket 6.9 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Code Insights マージ チェックでコード品質を確保
  • Bitbucket Server で作成者とコミット者を確認

詳しくはこちら

2019.11.06Bitbucket 6.8 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Jenkins とのシームレスな連携
  • Data Center で CDN のサポートを開始
  • delta islands による git ホスティング パフォーマンスの改善

詳しくはこちら

2019.10.01Bitbucket 6.7 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • スケーラブルな CI/CD キャパシティのためのミラー ファーム
  • ファイル検索の改善
  • 新しいサポート対象データベース
  • その他多数の改善

詳しくはこちら

2019.08.27Bitbucket 6.6 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • レート制限によるシステムの保護を可能にしました
  • プル リクエストで変更を直接提案し、時間を削減することができます
  • Bitbucket Server と他のアトラシアン アプリケーションとの間でプロジェクトをリンクし、ミスを防止できるようになりました

詳しくはこちら

2019.07.24Bitbucket 6.5 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Smart Mirror 専用のwebhookを導入しました
  • Git LFS ファイル用のロックはボタンをクリックするだけで簡単にできるようになりました

詳しくはこちら

2019.06.18Bitbucket 6.4 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 組み込み型の新しいお知らせバナーが使用可能になりました。
  • Git LFS ファイル ロックが更新され、ファイルがロックされているかどうかを簡単に確認できるようになりました。

詳しくはこちら

2019.05.14Bitbucket 6.3 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Git LFSのファイルをロックしてコンフリクトを防ぎます。
  • コミットの比較をすることができます。

詳しくはこちら

2019.04.09Bitbucket 6.2 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • リポジトリの説明欄を追加しました。
  • 全てのタイムスタンプで絶対時間を選択できるようになりました。
  • SVGソースコードが閲覧・編集できるようになりました。
  • 削除時の確認チェックを追加しました。
  • サポートへのリンクをカスタマイズできるようになりました。
  • Git 2.21をサポートしました。

詳しくはこちら

2019.03.05Bitbucket 6.1 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 新しいコミットグラフを実装しました。

詳しくはこちら

2019.02.12Bitbucket 6.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Java 11 Runtimeでの実行のサポートを開始しました。
  • Bitbucket Data Center へのストレージの追加機能が追加されました。
  • AJP コネクタ構成が再びサポート対象になりました。
  • 後方互換性の変更があります。

詳しくはこちら

2018.11.20Bitbucket 5.16 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Bitbucket Server および Data Center での匿名化機能の提供を開始しました。
    5.16 リリースでは削除済みのユーザー アカウントの匿名化機能を追加して、削除機能の改善を行っています。
  • Bitbucket Data Center を Azure にデプロイ可能になりました。

詳しくはこちら

2018.10.18Bitbucket 5.15 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Bitbucket Server の Code Insights 機能の提供を開始しました。
    プルリクエストにて製品内から重要な開発情報を直接取得し、潜在的な問題を事前に確認したり、テスト サイクルを短縮したり、コード品質を改善したりするために役立てることができます。
  • 2019年1月にリリース予定の 6.0 で廃止予定の機能は下記のとおりです。
    • Data Center での Elasticsearch 2.3 の廃止
    • Git 2.10 の廃止

詳しくはこちら

2018.09.11Bitbucket 5.14 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • データセンター管理
    複数のBitbucketインスタンスの統合に苦労したり、サーバー版からデータセンター版へ移行することに苦労している管理者の方へ
    Data Center Migrationを使用すると、他のBitbucket ServerまたはData CenteデプロイメントからBitbucket データセンターにGitデータやコメントを含んだプルリクエスト、添付ファイルの履歴などをエクスポート/インポートすることができます。

詳しくはこちら

2018.08.07Bitbucket 5.13 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Gitプロトコル バージョン2のサポート
    従来のプロトコル (v1) では、サーバーから取得するオブジェクトの最小数を決定するために、クライアントとサーバー間で複数ステップにわたる相互のやり取りが必要でした。プロトコル 1 と 2 がサポートされ、Git クライアントからのリクエストがあった場合はプロトコル 2 を使用します。
  • リポジトリへのラベルの追加(Bitbucket Server 5.13で利用可能)
    複数のチーム、プロジェクト、または組織にわたってリポジトリを使用している場合、対象のリポジトリを見つけるのが難しくなる場合があります。ラベルを使用することで、関連するリポジトリを簡単に分類して見つけることができます

詳しくはこちら

2018.07.10Bitbucket 5.12 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • スレッドへのリプライを時系列で表示
    コメントに関連するアクティビティは、スレッドの最新コメントに基づいて並び替えられます。

詳しくはこちら

2018.05.29Bitbucket 5.11 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • コミットページでプルリクエストへリンク
  • スマートミラーリングのJITフェッチ

詳しくはこちら

2018.04.24Bitbucket 5.10 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • リポジトリのウォッチ機能
  • サーバー内のADG
  • Webhooksの新しいイベント
  • ルックアンドフィールのプラグインをアップグレード
  • データセンターのアーティクルリリースのデプロイと監視

詳しくはこちら

2018.03.22Bitbucket 5.9 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • アプリの診断

詳しくはこちら

2018.02.15Bitbucket 5.8 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • 検索のアップデート
  • Bitbucket ServerとデータセンターでIPv6をサポート
  • プルリクエストからJiraの課題を作成するプロセスを改善
  • ブランチ依存関係によるマージの改善

詳しくはこちら

2018.01.11Bitbucket 5.7 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Elasticsearch 5.5にアップグレード
  • 句読点認識コードを検索

詳しくはこちら

2017.11.30Bitbucket 5.6 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • より良いリポジトリの検索
  • フォークの可視性

詳しくはこちら

2017.10.24Bitbucket 5.5 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • リベース
  • パーソナルアクセストークン

詳しくはこちら

2017.09.15Bitbucket 5.4 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • Webhooksをサポート
  • Atlassianトラブルシューティングおよびサポートツール(ATST)の名前が変更されました。
  • 投稿者ガイドラインを追加しました。

詳しくはこちら

2017.08.15Bitbucket 5.3 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プルリクエストのコメントから直接Jiraの課題を作成できるようになりました。
  • Git 2.14をサポートしました。

詳しくはこちら

2017.06.11Bitbucket 5.2 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • プロジェクトレベルでの管理:マージストラテジ、マージチェック、フック
  • スマートミラーリング:SSH接続でのPush proxying

詳しくはこちら

2017.06.08Bitbucket 5.1 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • GPGキーを利用した署名コミットとタグ
  • プルリクエストの削除
  • 検索を改善しました。
  • プロジェクトレベルでの管理者権限:ブランチモデル、ブランチパーミッション、およびデフォルトのレビュアー
  • スマートミラーリング:Push proxying

詳しくはこちら

2017.05.02Bitbucket 5.0 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • コミッターの検証
  • スマートミラーリングがよりスマートになりました。
  • リポジトリへのショートカットを追加しました。
  • コメントで絵文字を使用することをサポートしました。
  • Spring Boot containerを変更しました。 Bitbucketのserver.xmlファイルへのカスタマイズをbitbucket.propertiesに移行する必要があります。
  • サポートする環境変数を変更しました。
  • 起動スクリプトを変更しました。
  • setenv.sh と setenv.batを削除しました。

詳しくはこちら

2017.02.21Bitbucket 4.14 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ブランチパーミッションのアクセスキー
  • 自動更新とメールレビュ担当者ステータス

詳しくはこちら

2017.01.20Bitbucket 4.13 リリース

今回のリリースの主な特徴は以下のとおりです。

  • ブラウザからファイルを編集
  • Jiraソフトウェアとの連携がより強力に
  • BitbucketデータセンターがSAML 2.0をサポート

詳しくはこちら

2016.7.19Bitbucket Server 4.8リリース

ダウンタイムなしでバックアップ可能に

ダウンタイムなしでバックアップ可能に

コミットレベルでプルリクエストをレビュー

コミットレベルでプルリクエストをレビュー

プルリクエストのデフォルトレビューアを設定できるようになりました

リポジトリのプルリクエストのデフォルトレビューアを指定すれば、誰をプルリクエストのレビューアに追加するか考える時間を節約できます。

プルリクエストのデフォルトレビューアを設定できるようになりました

【参考】:Bitbucket Server 4.8 release notes

2016.6.15Bitbucket Server 4.7リリース

Bitbucket Server でタグの追加や削除が可能に

プルリクエストの設定を管理するための REST API

新しい REST エンドポイントはこちらです:

1 /rest/api/1.0/projects/{projectKey}/repos/{repositorySlug}/settings/pull-requests

エンドポイントは GET と POST を利用できます。以下は GET レスポンスの例です:

1
2
3
4
5
{
 "requiredApprovers": 1,
 "requiredAllTasksComplete": false,
 "requiredSuccessfulBuilds": 0
}

あるリポジトリのプルリクエストに対して、requiredApprovers と requiredAllTasksComplete を更新する POST リクエストの例です:

1
2
3
4
{
 "requiredApprovers": 2,
 "requiredAllTasksComplete": true,
}

そのレスポンスはこうなります:

1
2
3
4
5
{
 "requiredApprovers": 2,
 "requiredAllTasksComplete": true,
 "requiredSuccessfulBuilds": 0
}

Bitbucket Server から raw ファイルを取得するための URL をサポート

以前のバージョンの Bitbucket Server では、raw ファイルを取得するための URL を共有することが困難でした。リポジトリの raw ファイルにアクセスするためには、URL の末尾に ?raw を付加する必要がありました。これは、Web サーバーによっては設定変更で問題を引き起こす要因にもなっていました。

Bitbucket Server 4.7.1 では、新しい、シンプルなシンタックスで raw ファイルを取得することができるようになります。以下はファイルを参照する URL の例です:

1

raw ファイルにアクセスするためには、URL にはプロジェクトキー、リポジトリキー、ファイルパスを含める必要があります。browse を raw に置き換えるだけで raw ファイルにアクセス可能です(UI のファイルビューで Raw file を選択することと同等です)。

raw ファイル用の URL は以下のようになります:

1

2016.5.10Bitbucket Server 4.6リリース

コード検索はじめました!

Bitbucket Server 4.6 では、検索バーからお探しのものを正確に見つけることができるようになります。

  • 全てのプロジェクトやリポジトリでのコード検索。
  • 特定のプロジェクトやリポジトリでのコード検索。
  • より正確な検索結果を得るための検索オペレーターの利用。
  • プログラミング言語に応じたコード検索。

elastic

Data Center ユーザーへの重要なおしらせ

検索演算子を追加してください

検索修飾子を使用してください

ユーザー固有のタイムゾーンをサポート

ファイル一覧で最新更新情報を表示

ファイル一覧で最新更新情報を表示

diff で blame を表示

diff で blame を表示

diff で blame を表示

【参考】:Bitbucket Server 4.6 release notes

2016.4.5Bitbucket Server 4.5リリース

Smart Mirroring で Git LFS をサポート

Smart Mirroring (Data Center で利用可能です) により、遠隔地にいるチームは、Git リポジトリをより高速なクローンとフェッチでローカルサーバーに同期できるようになります。

Git Large File Support (LFS) により、Git への直接保存で生じる性能の低下を回避でき、チームは大きなバイナリファイルを保管できるようになります。

どちらも少し異なるスケーリングの問題を解決する新機能です。これらの機能には、ミラーリポジトリのローカルスピード利便性と、必要な Git LFS データをダウンロードする時間を節約できるという二つの利点があります。

ブランチパーミッションを改善

Bitbucket Server 4.5 ではブランチパーミッションに例外を設定できるようになります。特定のユーザーや CI サーバーにブランチを直接更新することを許可しつつ、他の開発者にはプルリクエストを要求したい場合に便利です。

Bitbucket Server のブランチパーミッションについて詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

【参考】:Bitbucket Server 4.5 release notes

2016.3.1Bitbucket Server 4.4リリース

プルリクエストをもっと簡単に

プルリクエスト画面のヘッダ―を大幅に改善しました。この変更により、さらにみなさんで協力してコードレビューができるようになります。また開発者のみなさんのために、レビューアを簡単に追加・削除できる方法を追加しました。プロセスがシンプルになります。

レビューアのステータスを追加することによって、レビュー結果をわかりやすくしました。実施すべきレビューが完了した時に、レビューアはそれを通知できるようになります。他のプルリクエストのアクティビティと組み合わせて、注意を必要とするプルリクエストの追跡ができます。

【参考】:Bitbucket Server 4.4 release notes

プルリクエストをもっと簡単に

2016.1.12Bitbucket Server 4.3リリース

Smart Mirroringで分散チームのクローン時間を高速化

Smart Mirrors は Git のクローン性能を劇的に改善します。これは、Bitbucket Data Center で巨大なリポジトリを使用している分散チームにとって有効です。単一または複数のライブミラーノードをセットアップすることで動作します。ミラーノードは読み取り専用のリポジトリコピーがあります。プライマリのBitbucketインスタンスと自動で同期します。ミラーは Bitbucket プロジェクトのすべて、または選択した一部をホスティングできます。

Git Large File Storage (LFS)のサポート

Git で巨大なファイルをうまく扱うことができないのはよく知られていることです。Git Large File Storage (or LFS) は、新しいオープンソースのGit拡張機能で、巨大なファイルの取扱いを可能にします。みなさんのリポジトリの大きなファイル—画像や動画など—は単純なテキスト参照として変換されます。

これによって、研究者、ウェブデザイナー、ゲーム開発者、マルチメディアプロデューサー、他のすべてのデベロッパーなど、巨大なデータやリッチメディアコンテンツを扱う必要のあった方々がレガシーな中央集権型のシステムからモダンなバージョンコントロールシステムへ移行できるようになるでしょう。

【参考】:Bitbucket Server 4.3 release notes

【参考】:アトラシアンブログ:分散チームの開発を高速化する Bitbucket 新機能を発表

2015.12.8Bitbucket Server 4.2リリース

アプリケーションリンクの診断機能

Bitbucket Server はアプリケーションリンクのユーザーインタフェースを一新し、診断機能を持ちリンクステータスの障害対応方法を表示します。インテグレーションの状態を確認でき、簡単に壊れたリンクの修復に必要なトラブルシューティング情報を取得する事ができます。

システム管理者権限でログインし、Atlassian の(Cloud では無い) サーバー・アプリケーション とOAuth認証で連携している場合に、新しい診断情報の画面を利用できます。

【参考】:Application Links Documentation

アプリケーションリンクの診断機能

細かな機能拡張とバグ修正

下記の通り機能拡張とバグ修正を行いました。

コメントフォームでネストした時に、表示がずれてしまう不具合を修正

BSERV-7570

ユーザーディレクトリのLDAP設定フォームの誤った非表示項目の利用

BSERV-5511

Commons Collections のバージョンを 3.2.2に変更

BSERV-8193

HipChat との接続が SQL Server でエラーになってしまう不具合の修正

BSERV-8153

Hazelcast のマルチキャスト IP のアドレス指定が可能になった

BSERV-7948

【参考】:Bitbucket Server 4.2 release notes

2015.11.04Bitbucket Server 4.1リリース

CommonMark の実装

【参考】:Bitbucket Server 4.1 release notes

2015.9.21Bitbucket Server 4.0リリース

Stash は Bitbucket Server になりました!

Atlassian Stash は Bitbucket Server となりました。名前が変わっただけで、同じように素晴らしい製品です。

プルリクエスト検索機能の改善

プルリクエストをクリックして フィルターピッカーを使い、見たいプルリクエストを探して下さい。

プルリクエスト検索機能の改善

【参考】:Bitbucket Server 4.0 release notes

2015.7.14Stash 3.11リリース

Git リポジトリーへの HTTP(S)アクセスの制御

push や pull などの Git リポジトリー操作をサポートする場合、SSL証明書の管理やファイヤーウォールのポートなど追加のメンテナンス作業が必要になります。

SSH鍵認証だけを利用する場合、ご利用のインスタンスのセキュリティ制御を向上するために、HTTP(S)を無効にする事が出来ます。管理画面の「設定」→「サーバー管理」に「HTTP(S) SCM ホスティング」という項目が追加になりました。

この項目のチェックを外すと、HTTP(S) でのリポジトリーアクセスができなくなります。

Git リポジトリーへの HTTP(S)アクセスの制御

2013.2.5Stash 2.1リリース

より状況情報を取得でき、より追跡ができ、より自動化されました。それがStash2.1です

プルリクエストがJiraと統合

プルリクエストがJiraと連携しました。これにより課題の詳細が中心で取り扱われます。課題のステータスの表示し、課題の担当者と説明を確認できます。これによりレビューアーは、

  • 説明、コメントや添付ファイルを見ることによって、作業中であるタスクの状況情報を得ることができる
  • 新しい機能やバグ修正のための要件を迅速にレビューすることができる
  • 直接Jiraへ移動し、今後のリリースに向けて課題を最新の状態へ保つことができる

ビルドステータス API

マージする時、変更がマスターに統合される前に、ブランチの最新ビルト状況が何であるかを知っておくことは重要です。しかし、ビルトシステムに移動する時間と、変更が成功したか失敗したかどうかを確認するテストデータをふるいにかける時間を省略したいと思いませんか。Stash2.1は自動的にそれを行います。新しビルトステータスAPIにより、BambooやJenkinsのようなビルドサーバーは、プルリクエストの概要にビルトの詳細を公開することができ、プルリクエストをマージしてもよいかが一目でわかります。

ビルドステータス API

プロジェクトアバター

新しいプロジェクトアバターを使用して、自分のプロジェクトをダッシュボードで簡単に見つけましょう。カラフルなアバターを用意しています。

プロジェクトアバター

プルリクエスト受信トレイ

複数のリポジトリやプロジェクト間で作業する時、完了するべきすべてのレビューを把握することは難しいです。

この問題を、承認待ちのすべてのプルリクエストを表示する受信トレイで、解決しました。タスクリストとして受信トレイを使用し、プルリクエストを見落とさないようにしましょう。

プルリクエスト受信トレイ

【参考】:Stash 2.1 Release Notes

2012.12.4Stash 2.0リリース

Stash2.0は、エンタープライズに対応しました。Git を思い通りにコントロールできます。またブランチ権限、@メンション通知、Markdownのサポート、その他多くの機能を改善しています。

ブランチ権限

開発ワークフローでは、特定の開発者がマスターまたはリリースブランチにマージするのを監視し、一方でバグ修正と機能ブランチの作業を他の開発者がすることになっている場合があります。

ブランチ権限はこの「紳士協定」をシームレスに実施できるプロセスにし、時間を早めてマージした変更を修復する混乱や無駄な時間を減らします。

高度なブランチ権限では
ブランチやStashにプッシュされたタグに対してマッチするパターンを指定することができます。これによって、個別に設定するオーバーヘッドなしに、複数のブランチにプッシュすることを制限できます。ロールや機能エリア(例"contractor_" or "userauth_")に基づいたネーミングルールを確立することが、設定を簡単にし、組織全体の権限を標準化することができます。
門番
ブランチ権限は、門番として機能させることができます。プロダクト内のコードが適切にテストやレビューがされていることを確認するための責任者を選択することができます。プロテクトされているブランチに変更をマージすることができるのは、この門番だけなので、プルリクエストを使用しての統合が安心です。

ブランチ権限

@メンション通知

プルリクエストの説明やあなたが書いたコメントを、他のStashユーザーに知らせるのに、「@メンション」を使用することができます。 ユーザーが @メンションすると、Stashが電子メール通知を送信します。これによってチームメンバー間のコミュニケーションを合理化する(整備)のに役立ちます。

@メンションは、プルリクエストコメントを書くときに使用することができます。単に@をタイプして次にユーザー名を入力するだけです。

@メンション通知

Markdownサポート

Stashは、コメントや説明にmarkdownサポートで手助けします。

  • コミットの一部を強調したり、ポイントがわかるようにリストを作成する
  • 実装している機能に関連する要件や課題への共有リンク
  • IDEのようなフォーマットされたコード例を提供
  • UIにフォーカスする機能のディスカッションにスクリーンショットを含める

Markdownサポート

プルリクエストの改善

  • Diff ビューの改善:プルリクエストのDiffビューは、プルリクエストをレビューする時、画面を最大化するために設計されました。
  • プルリクエストタブが改良され、ページロード時間、キーボードショートカットが迅速になりました。
  • 新しいコメントはハイライトされます。

プルリクエストの改善

エンタープライズライセンス

ベンチャー企業からFortune 100まで、Atlassian Enterpriseは、大規模な企業のお客様のリーズにあわせた製品とサービスを提供します。Stashも新しいEnterprise版を用意し、どんな大規模企業でも対応します。もちろん、JiraやConfluenceのように、Stash Enterpriseライセンスは、24時間365日の電話サポート(英語)がついています。

【参考】:Stash 2.0 Release Notes

2012.8.7Stash 1.2リリース

Stash 主要なデーターベースをサポート

MySQL, PostgreSQL, SQL Server と Oracle の主要なデーターベースをサポートしました。

システム管理者は、要件の変化に応じて簡単にデータベースを切り替えることができます。

Stashの新しいファイル検索では、ソースをチェックアウトすることなく、リポジトリ内の任意のファイルをすばやく見つけることができます。検索フィールドにファイル名の一部を入力し始めると、即座にマッチした一覧が表示されます。そしてパス、CamelCase(例えば、AttributeMapは、AttrMで)、ファイルの拡張子でフィルタをかけることができます。

簡単に重要な詳細情報を参照できるように、統合されると、コミットリストからフェードアウトされます。更新するには、't'のキーボードショットカットを使用します。

Stash 主要なデーターベースをサポート

【参考】:Stash 1.2 Release Notes

さあ、今すぐ Bitbucketを
試しましょう。

PAGE TOP