ニュース|2020.12.01 リックソフト 経済誌『Forbes Asia』によるアジアの優良企業リスト200社に初選出 〜堅実な収益性と成長を評価され初めての受賞〜

  1. HOME
  2. ニュース
  3. リックソフト 経済誌『Forbes Asia』によるアジアの優良企業リスト200社に初選出 〜堅実な収益性と成長を評価され初めての受賞〜

リックソフト 経済誌『Forbes Asia』によるアジアの優良企業リスト200社に初選出
〜堅実な収益性と成長を評価され初めての受賞〜

2020年12月01日

リックソフト株式会社

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下:リックソフト)は、米国の経済誌『Forbes』のアジア版『Forbes Asia』が毎年選出する、売上が10億ドル以下のアジアの優良企業200社の中の1社に選出されたことを12月1日に発表します。

選出された200社のうち、日本企業は18社のみで、リックソフトはこのうちの1社となります。今回、堅実な収益性と成長を評価され初めて選出されました。

Forbes Asia’s 200 Best Under A Billion

新型コロナウイルスなど不測の事態を考慮した柔軟な働き方や労働人口減少による業務の効率化への注目が一層高まる中、リックソフトは海外の先進的なビジネスソフトウェアを日本の企業に提供してまいりました。ウェブブラウザ上で作業の管理ができるアトラシアン社のJira SoftwareやTrello、社内のナレッジ情報を一括に集めるConfluenceなどを活用し、チームの生産性向上を実現することで、お客様のビジネスの価値向上を目指しています。

■『Asia’s 200 Best Under A Billion』とは

『Forbes Asia』が選出した堅実な収益性と成長を誇るアジア・太平洋地域の優良企業リストです。評価対象は売上高が 1,000 万ドル~10 億ドルで堅実な収益性を維持しており、上場後1年以上経過している企業となります。今回は1万8000 社の中から、過去12ヶ月間且つ3年間にわたる売上・利益成長、および5年間の ROE の高さに基づいて、中小企業200社が選出されています。

『Asia’s 200 Best Under A Billion』リスト

リックソフト紹介ページ

■受賞に対するコメント

今回の受賞にあたり、代表取締役 大貫 浩からのコメントを掲載します。

「私達リックソフトは2005年に技術者数名で会社をスタートし、2010年より現在の本業である「海外の素晴らしいツールを我々の付加価値と共にお客様へ提供する事業」へ大きく舵を切りました。

それから10年、今回『Forbes Asia』が選ぶ『Asia's 200 Best Under A Billion』の1社にリックソフトが選ばれた事を光栄に思います。

今後も企業使命である「価値あるツールを世界中の多くの人が使えるようにする」を推進するため、世界の先進的なツールを日本でも安心して使えるようにする事、世界に通用するツールを自分達でも開発する事、両方に注力していきたいと考えています。」

リックソフト株式会社について

ricksoft

リックソフトは「価値あるビジネスソフトウェアで世界中のお客様の価値向上に貢献する」をビジョンとし、働き方改革を後押しする会社です。海外の先進的なビジネスソフトウェアのパートナーとしてグローバルでもトップ10の実績を誇り、同時に取扱製品の利便性を向上させる自社アプリも開発しています。導入から運用まで一貫したフォローをすることで、お客様のカスタマーサクセスを実現します。

リックソフト株式会社

本リリースに関するお問い合わせ先
リックソフト株式会社 マーケティング部 プレスリリース担当 佐橋
現在、在宅勤務中につき、メールにてお問い合わせください:pr@ricksoft.jp

問合せフォーム

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PAGE TOP