ニュース|2020.08.04 業務アプリ作成ツール「kintone」と企業システムや外部クラウドサービスとの連携を誰でも簡単にノンプログラミングで実現

  1. HOME
  2. ニュース
  3. 業務アプリ作成ツール「kintone」と企業システムや外部クラウドサービスとの連携を誰でも簡単にノンプログラミングで実現

業務アプリ作成ツール「kintone」と企業システムや外部クラウドサービスとの連携を誰でも簡単にノンプログラミングで実現 〜業務プロセス自動化ツール「Workato」による「kintone コネクタ」提供開始〜

2020年8月4日

リックソフト株式会社

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下 リックソフト)は、サイボウズ株式会社が提供する業務アプリ作成クラウドサービス『kintone(キントーン)』と様々なサービスを簡単に連携できる「kintone コネクタ」の提供を開始します。本コネクタは業務プロセス自動化ツール「Workato(ワーカート)」で開発されたもので、誰でも簡単にシステムを連携できます。

Workato Partner Award

■背景

働き方改革が進む中で、ビジネスプロセスにおいてもデジタルトランスフォーメーションが進んでいます。kintoneは開発の知識がなくても自社業務に合わせたシステム(アプリ)を作成できるクラウドサービスで業務や業種を問わず汎用的に活用できます。今回開発したkintone コネクタは「kintoneをハブに業務を行いたい」というお客さまのお声をいただいたのがきっかけでした。従来 kintoneと他のサービスを連携させるにはREST APIの知識が必要となり、プログラミングを行う必要がありました。しかし、プログラミングで連携してしまうとサービスのアップデートに合わせてメンテナンスのコストがかかります。そこで、リックソフトが扱うノンプログラミングで数百のアプリケーションと連携できるWorkatoで連携を試みましたが、kintoneとのコネクタを持っていませんでした。

このたびリックソフトが開発したkintone コネクタはWorkatoのメリットを生かし、ノンプログラミングで誰でも簡単にkintoneと他サービスとの連携を実現します。また、プログラミングの知識がなくても連携できるため社内での構築やメンテナンスが可能となり、ビジネススピードの向上を実現します。

■kintone コネクタ概要

リックソフトが提供するkintone コネクタは、今までコーディングが必要とされていたkintoneと周辺ソフトウェア、クラウドサービス連携をノンプログラミングで簡単に連携させ、業務自動化も実現します。

提供開始日:2020年8月4日
利用対象者:リックソフトからWorkatoをご購入いただいたお客さま

■Workatoとは

Workato

『Workato』はエンタープライズ向けのiPaaS(Integration Platform as a Service)ソリューションとして注目されているツールです。従来のアプリケーション連携ツールとは異なり、コードを書くことなく、非エンジニアユーザーでもアプリケーションの連携や業務プロセスの自動化を可能にするプラットフォームです。さまざまなクラウドサービスやオンプレミス環境のアプリケーションと組み合せて、全体の業務プロセスを自動化することで業務の効率化を図ることができます。

■今後の展望

リックソフトはお客さまの声を元に開発したkintone コネクタ以外に、さまざまなクラウドサービスと連携するテンプレート(レシピ)をホームページに無料で公開しております。 今後も日本市場でニーズのあるクラウドサービスやソフトウェアと連携するレシピやコネクタを順次開発し、リックソフトがサポート窓口となるWorkatoを利用するお客さまへ提供することで、ニューノーマルな働き方に貢献してまいります。

リックソフト株式会社について

リックソフトは「価値あるビジネスソフトウェアで世界中のお客様の価値向上に貢献する」をビジョンとした、働き方改革を後押しする会社です。海外の先進的なツールのパートナーとしてグローバルでもトップ10の実績をほこり、同時に自社アプリを開発しています。また導入から運用までをフォローすることで、カスタマーサクセスを実現します。

リックソフト株式会社

本リリースに関するお問い合わせ先
リックソフト株式会社 マーケティングチーム プレスリリース担当 花渕
現在在宅勤務推奨のためメールにてお問い合わせください:mkt@ricksoft.jp

問合せフォーム

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PAGE TOP