ニュース|2020.04.30 富士フイルム社が従来のグループウェアとECMを見直し、Alfresco Content Servicesを導入

  1. HOME
  2. ニュース
  3. 富士フイルム社が従来のグループウェアとECMを見直し、Alfresco Content Servicesを導入

富士フイルム社が従来のグループウェアとECMを見直し、Alfresco Content Servicesを導入

2020年4月30日

リックソフト株式会社

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫浩、以下リックソフト)は、米ソフトウェア企業のAlfresco Software, Inc.(以下アルフレスコ社)が開発・提供する文書管理ツール『Alfresco Content Services』(以下、Alfresco)を活用し、膨大な技術ドキュメントをAlfrescoプラットフォーム上で登録・管理・公開する仕組みを富士フイルム株式会社のメディカルシステム事業部に提供したことを発表します。

 

今回のAlfrescoの導入の結果、同社のメディカルシステム事業部では、国内外で同一レベルのドキュメント管理が可能になり、数万点以上のドキュメントの発行・管理・公開のフローの効率が向上しました。

富士フイルム社が従来のグループウェアとECMを見直し、Alfresco Content Servicesを導入

1.概要

富士フイルムグループの医療事業を担うメディカルシステム事業部は、画像診断分野においてデジタル化の先駆けとして知られ、世界で初めて開発したデジタルX線画像診断システム『富士コンピューテッドラジオグラフィ(FCR)』は全世界の医療現場で活用されています。同事業部における医療機器全般の設置・保守を担当する国内外の多数のフィールドエンジニアが、数万点以上の技術ドキュメントの発行・管理・公開にAlfrescoを利用しています。

具体的には、発行部門が文書をAlfresco上に登録すると、それらが公開承認フローに回されるように設計されており、承認された文書のみがAlfresco上で公開されるシステムを構築しました。承認された文書は、国内外からの閲覧が可能です。Alfresco導入前の同事業部では、国内外で別システムを運用しており、全社での統一された文書管理に課題がありましたが、今回のシステム刷新においてAlfrescoを選定いただいた結果、国内外で統一したシステムを利用することで管理作業の効率化に成功し、利用者側の可用性を向上させました。

事例ページ

2.今後の展望

今回、富士フイルムグループの医療事業を担うメディカルシステム事業部の文書管理において協力させていただき、国内外問わず効率の良い文書管理システムを構築したことに対して、同社から高評価をいただきました。特に、リックソフトのJira、Confluence、Slackといったツールを活用した迅速なサポート体制にもご満足いただきました。
今後はクラウドサービスならではの他アプリケーションとの連携部分も強めていくことで、引き続き富士フイルムメディカルシステム事業部の価値向上に貢献し、お客様の成功を第一に目指したツールの提供に取り組んでまいります。

リックソフト株式会社について

効率的な情報共有と管理によって素早い目的達成を支援する「Confluence」や、アジャイルなソフトウェア開発チームで最も支持されているプロジェクト管理ツール「Jira Software」などのアトラシアン製品ではアジアパシフィックで多くの販売実績がある企業です。
多くの専任技術者によりアトラシアン製品の導入支援だけでなく、アドオン開発やクラウドサービスも行っており、アトラシアン社のAtlassian Platinum Solution Partnerとしても認定されています。
実績として製造/金融・保険/インターネットサービス/通信・公共などのお客様にアトラシアン製品の導入やプラグイン開発など幅広いサービス&サポートを提供しています。

リックソフト株式会社

本リリースに関するお問い合わせ先
リックソフト株式会社 マーケティングチーム プレスリリース担当
電話:03-6262-3947
メール:mkt@ricksoft.jp

問合せフォーム

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PAGE TOP