ソフトウェア品質セミナー
ウォータフォール型開発からの脱却には
「テスト管理ツール」が重要だった!
現在の開発プロセスに対応するテストとは

~DevOps、アジャイル開発チームに選ばれるテストマネジメントツール『qTest』のご紹介~

日時  2019年74日(木)  16:00~18:00(受付15:30〜)

会場  〒 100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル8階 (地図)

定員  先着16名様

開催概要

製品やサービスの品質確保にテストは最も重要な開発プロセスだと言えます。
ですが昨今のテストは、「アジャイル・DevOpsなどのプロセスの素早い回転への追従」と
「高機能・多機能化による複雑さ」に挟まれて品質の確保が難しくなってきています。
そこで本セミナーでは、「現在の開発プロセスに対応するテストとは何か?」
Tricentis社から社員が来日し、アジャイル開発テストプロセスに対応した
多機能でJiraや自動テストツール・テストフレームワークとの親和性も高い
テスト管理ツール「qTest」をご紹介します。

アジェンダ

時間 セッション概要 講師(スピーカー)
16:00 - 16:10 ご挨拶・会社案内 リックソフト株式会社
大塚 和彦
16:10 - 16:50 現在の開発プロセスに対応するテストとは何か? リックソフト株式会社
奥村 和彦
16:50 - 17:00 ~ 休憩 ~
17:00 - 17:10 Tricentis qTestとTricentisのポートフォリオ紹介 Tricentis社
Edward Wilson氏
17:10 - 17:30 Tricentis qTest 製品紹介 Tricentis社
Susmit Bhattacharya氏
17:30 - 18:00 質疑応答&アンケート

こんな方におすすめ

  • DevOpsを実践、もしくは実践をしたいと考えている方
  • アジャイル・スクラム開発を実践、もしくは実践をしたいと考えている方
  • ソフトウェア開発を行っているチームの責任者、もしくはエンジニア
  • テスト管理を担当される方
  • アジャイル開発テストプロセスに興味がある方

セミナー報告

セミナー報告ブログはこちら

セミナー資料はこちらからダウンロードください