ANAシステムズ株式会社様|導入事例

  1. HOME
  2. お客様事例
  3. JIRA 導入事例 – ANAシステムズ株式会社 様

JIRA 導入事例 – ANAシステムズ株式会社 様

ANAシステムズ株式会社


ANAシステムズ株式会社ANAシステムズ株式会社 アプリケーションエンジニアリング部 第一チーム チームリーダー 菊池 範幸氏(写真右)、光岡 佑子氏(写真左)に、アトラシアン製品を導入した経緯と効果について詳しく聞きました。

(ANAシステムズ株式会社について)

国内外におよそ175の航路を展開(2014年2月現在)するANA(全日本空輸)グループ。その情報システムを支える企業としてさまざまな要請に応えるとともに、最新のビジネスモデルを提案することでシステム面からフライトの信頼性と安全性を支えてきた「株式会社ANAコミュニケーションズ」と「全日空システム企画株式会社」の2社が合併し、2013年4月1日、ANAシステムズ株式会社は設立された。IT戦略の企画・立案から、システムの設計開発、保守運用まで、長年に亘り培ってきた技術と経験により、ANAというワールドブランドの価値向上を支えている。

国内線旅客システム「able-D」のシステム改修を担当

ANAシステムズにおいて、アトラシアン製品を利用しているシステムと利用状況について教えてください。

私たちの知っている限り、ANAシステムズでは合計4部署でアトラシアンのJIRA(ジラ)を利用しているようですが、ほかの部署のことはわからないので、アプリケーションエンジニアリング部 第一チームにおけるJIRAとCrowd(クラウド)の利用状況を中心に話をさせてください。

アプリケーションエンジニアリング部 第一チームでは、国内線向け基幹系システム「able-D(エーブルディ)」の開発・改修を担当しており、その障害管理ツールとしてJIRAを、さらには構成管理システム全体のユーザ管理ツールとしてCrowdを利用しています。なお、まだ正式な利用は開始していませんが、Confluence、Gliffy、Team Calendarsといったアトラシアン製品も導入の準備を進めているところです。

able-Dの概要について教えてください。

able-Dは、国内線の予約、発券から搭乗に関するほぼすべてを網羅するエアライン業務の中枢システムです。1988年の稼働開始以来34年間、メインフレーム上で開発・運用してきましたが、2013年2月、新しくオープンシステムへと全面刷新し、新国内線旅客システムとして稼働を開始しました。

システムは、「予約」、「発券」、「搭乗」という3つのサブシステムから構成されており、エアライン専用のパッケージソフト(AirCore)をベースに、搭乗手続きをせずに直接保安検査場にお進みいただける「スキップサービス」や「コンビニ決済」といった、ANA独自のサービスや機能を追加しています。

システム的な観点から見たとき、どのくらいの規模のシステムになるのでしょうか。

システムの規模は公開していませんが、ANA国内線一日約800便、搭乗者10万人以上をハンドリングするシステムです。

構成管理の障害管理にJIRAを、ユーザの一元管理にCrowdを活用

では、あらためてJIRAの利用状況について教えてください。

構成管理の障害管理にJIRAを、ユーザの一元管理にCrowdを活用

Apache SubversionとJIRAのユーザを一元管理するためCrowdを使っています。原則としてCrowdに登録されているユーザしか、構成管理サーバにアクセスできないように設定しています。

その中でJIRAは、変更のきっかけとなった要求や障害報告、そして変更履歴を管理する障害管理ツールとして利用しています。

構成管理ツール(Apache Subversion)と連携することで、成果物に対する変更がどの要求に基づいて行われたものなのかを紐付け、把握できるようにしています。また、Apache SubversionとJIRAの連携には、JIRAのアドオン「Subversion Plus」を使用しています。

障害管理プロセスにおけるJIRAの主な機能は次の通りです。

  • 各開発メンバーに割り振るアクションアイテムの特定
  • 各開発メンバーに割り振られた変更依頼の検索
  • 検出した障害の記録
  • 変更依頼の状態と解決の追跡

続いて、Crowdの利用状況についてもお願いします。

Apache SubversionとJIRAのユーザを一元管理するためCrowdを使っています。原則としてCrowdに登録されているユーザしか、構成管理サーバにアクセスできないように設定しています。

運用・改修フェーズへの移行にともない、重厚長大な構成管理環境をシンプル化

JIRAを導入する以前は、どのように構成管理を行っていたのでしょうか。

菊池 範幸

JIRAを導入する以前、すなわち開発フェーズでは、別の構成管理ツールと変更・障害管理ツール(IBM ClearQuest)を使用していました。

新システムの稼働開始に合わせて、構成管理システムを刷新しました。別の言い方をすれば、新システムの開発フェーズから運用・改修フェーズへの移行にともない構成管理システムを刷新し、JIRAの利用も開始しました。

なぜ、開発フェーズで利用していた構成管理環境を継続して使用しなかったのでしょうか。

開発フェーズでは、システムの導入を全面的に支援してくれた協力会社が中心となり、導入・開発を進めてもらいましたので、協力会社が使いやすく、条件内でベストだと考える構成管理環境を構築してもらいました。

しかし、運用フェーズに移行するにあたり、今度は当社が中心となり運用や改修、機能追加をしていくことになります。また、開発フェーズと運用フェーズでは、開発体制や手法なども大幅に変わり、小回りの利くアジャイル的な開発が多くなると見込み、構成管理環境をシンプル化することにしました。

具体的には、開発フェーズにおける構成管理環境のどのようなところが、運用・改修フェーズにフィットしなかったのでしょうか。

旧構成管理環境は、構成管理ツールと変更・障害管理ツールを密に連携させ、細かな部分まで自分たちが使いやすい環境を構築できました。大規模なシステムを統合的に管理するためには必要な環境でした。一方、どのシステムにおいても同じだと思いますが、長年、改修を繰返したことによりツールの保守性が低くなり、高コスト化を招きました。

運用・改修フェーズでは、細かい枝葉のような作業が同時並行的に多発しますので、小回りが利いて、レスポンスが速く、プロセスの変更も容易で、運用面で手間のかからない環境が必要でした。

JIRAを選択した9つのポイント

構成管理環境を再構築する際の要件を教えてください。

構成管理環境を再構築するにあたり、開発フェーズと完全に同じ機能を実現しようとは考えませんでしたが、次の5つの項目を要件として満たす必要があると考えました。

JIRAを採用した理由を教えてください。

次の9つのポイントが、JIRAを採用した主な理由です。

【選定理由1】コストパフォーマンス
開発フェーズで使用していた変更・障害管理ツールは、年間億単位のコストが必要。一方、JIRAは数年間の導入・運用コストで見ても数百万円で済む。それにもかかわらず、成果物の変更履歴を確実に管理ができる。
【選定理由2】構成管理ツールとの連携
アドオンによりApache Subversionとの連携が容易。Apache Subversionサーバで課題キーをチェックし、整合性が合わない変更は拒否する仕組みを取り入れることで、構成管理と障害管理の誤った紐付けを防止できる。
【選定理由3】データ移行
アドオンを利用して、CSVデータ形式で旧障害管理ツールからJIRAへとデータの移行が可能。
【選定理由4】導入実績
国内外での導入実績が豊富。ANAシステムズ内でも導入実績があり、評判も良かった。
【選定理由5】将来性、発展性、拡張性
情報共有ツールConfluenceや図表作成ツールGliffyといったアトラシアン製品のほか、さまざまな開発ツールと連携するためのアドオンが用意されているので、機能を拡張したり、適用範囲を広げるのが容易。
【選定理由6】使い勝手の良さ
直感的なWebインターフェイスを使用して操作が可能。検索も容易で、スピーディ。社内はもちろん、協力会社への業務負荷を最小限に抑えることができる。
【選定理由7】複数拠点で容易に利用可能
Webで利用できるので、複数の協力会社において容易に導入・利用が可能。
【選定理由8】セキュリティ管理
Crowdを導入することで、Apache Subversionとユーザの一元管理が可能。外部の協力会社に対するアクセス制限や有効期限などを容易かつ確実に管理できる。
【選定理由9】サポート体制
サポートベンダー、リックソフト、アトラシンアンが、密に連携してサポートしてくれることを確認。導入検討時の質問や要望に、柔軟かつ迅速に対応してもらえた。

障害管理の効率化と精度向上を実現

JIRAの導入時、準備したことはありましたか。

光岡 佑子

データの移行に関して、名寄せ作業の上、開発が完了しているデータを省き、1/5程度の分量に絞り込みました。また、正式なリリースの前に、2か月ほどユーザテストを実施し、利用者の声も確認しました。

導入効果について教えてください。

構成管理環境の再構築、そして障害管理ツールとしてのJIRA導入のめざすところは効率化と精度向上です。

その点では、だれが、何を、いつ変更したのかという履歴管理を効率的かつ確実にできるようになったこと。その環境を、低コストなツールで実現できたことは大きな成果です。

また、新たな構成管理環境を導入後、利用者から反響がないことも導入効果の1つだと考えています。担当や会社が異なるこれだけのエンジニアが同じ環境で作業をすると、問題や使い勝手が悪ければ、クレームとして必ず上がってくるからです。各利用者が問題なくスムーズに使いこなしている証だと解釈しており、設計・構築を担当者した私たちにとっては、重要な成果の1つだと捉えています。JIRAを選んだのは良い選択だったと確信できました。

もちろん、Crowdによるユーザ管理の一元化による、ユーザ管理の効率化とセキュリティの強化も重要なポイントです。

コストに大きな開きがある環境へと移行することに対しての不安や、実際に不便になったことなどはありませんでしたか。

もちろん、それぞれのツールで機能の違いや長所・短所がありますので、できないことや運用でカバーしなければならないこともありました。しかし、コストの差が機能の差になっていると感じることはほとんどなく、むしろレスポンスや使い勝手は向上したと感じることのほうが多いほどです。

今後の展開と期待

今後の展開などがあれば、教えてください。

JIRAに関しては、まだその潜在能力をすべて使い切っているとは考えていません。タスク管理やダッシュボード、作業分析といった機能を活用し、システムの生産性や機能向上に役立てていきたいと考えています。

また、情報共有の効率化を実現するConfluenceの利用を開始し、作業環境の充実を図っていきたいと考えています。ConfluenceとJIRAは、シームレスな連携が可能で、やり取りするメールの数を減らし、情報やノウハウの共有だけでなく、離れた開発拠点のエンジニア同士がシームレスにコラボレーションできる環境を実現できると聞いているので、とても期待しています。

最後に、アトラシアンとリックソフトへの要望や期待などがあれば、聞かせてください。

管理者側からすると、プロジェクトを進める上でレポーティングの部分はとても重要で、かつ手間のかかる作業でもあります。せっかく作業履歴を残しているので、レポートやレポート作成に必要な基礎データを、もっと自由かつ容易に出力できるようになるといいですね。追加機能で対応できる部分もあると聞いていますので、実施したいことを整理しサポートベンダーを通じて相談できればと思っています。

また、適応範囲が広く活用の参考にしたいので、事例などもさらに幅広く紹介してもらえればと思います。

選定理由でも話をしましたが、リックソフトのサポートに関してはとても高く評価しています。こんなに丁寧かつ迅速に対応してくれるベンダーをほかに見たことはありません。今後も、これまでと変わらないサポートを期待しています。

菊池様、光岡様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

PAGE TOP