JIRA Software 7.1.0|リリース情報

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRA Software(プロジェクト管理ツール
  4. JIRA Software リリース情報

JIRA Software

2016.02.11JIRA Software 7.1.0 リリース

スプリント管理権限が新たに導入されました

この権限は「プロジェクト管理」権限の代わりに次のスプリント関連のアクションに使われます。

スプリント管理権限が新たに導入されました

並行スプリント機能が追加されました

複数のアクティブなスプリントが、1つのバックログを共有できます。

並行スプリント機能が追加されました

スプリントの再オープンが可能になりました

これにより、誤ってクローズしてしまったスプリントなどを再オープンすることができます。再オープンするには、再オープンしたいスプリントの「Sprint Report」の「Reopen Sprint」をクリックします。

スプリントの再オープンが可能になりました

ボード上の課題を印刷できるようになりました

複数課題も印刷可能です。サイズ指定(小中大)もできます。

実際のボードに貼り付けてご利用いただけます。

ボード上の課題を印刷できるようになりました

アジャイルボードからウェブフックを送信できる

これによって、ボードの作成、更新削除、設定変更をアドオンやWebアプリに通知することができます。

設定方法は、ウェブフックを作成または更新するときに必要なイベントを選択します。

アジャイルボードに対するウェブフックに対応しました

プロジェクト課題画面

プロジェクト課題画面上で、素早く通常の課題画面に移行できるようになりました。

右上画像のように、右上の拡大・縮小ボタンをクリックすると以下のように通常の課題画面と同様の画面になります。

プロジェクト課題画面-1

右下画像のように、再度、拡大・縮小ボタンをクリックすると元のプロジェクト課題画面に戻ります。

プロジェクト課題画面-2

JIRA管理画面の変更

管理画面を大幅に改善しました。

その他の機能改善

このリリースでは、既存のJIRA Software機能を高めることにも焦点を当てました。

スプリントレポートとベロシティチャートを改善しました

不整合を修正しました。

スプリントレポートとベロシティチャートを改善しました

アプリケーションリンクの検査回りの機能拡充

これによって、インストールやメンテナンス時にプラグインを別々にインストールする必要がなくなりました。

また、連携している製品のステータスが表示されるようになったので、エラーが発生したらすぐに対処できます。

アプリケーションリンクの検査回りの機能拡充

Bitbucket Server向けスマートコミットの改善

スマートコミットを使ってBitbucket ServerからJIRA Softwere課題を処理することができるようになりました。

スマートコミットを使って処理できるのは、

その他

【参考】: JIRA Software 7.1.0 release notes (英語)

PAGE TOP