• Slack
  • +
  • Tableau
  • +
  • リックソフト

予測できないビジネス変化に対応するツール活用
〜SlackとTableauをiPaaSで連携〜

コロナ禍において働き方が急激に変化する中で、いかなる不測の状況下においてもビジネスを継続させる事業継続管理(BCM)の重要性が改めて注目されています。

管理職・経営層にとって重要な情報をTableauで分析し、Slack上でリアルタイムにレポートを出力することで変化に対し早急に対応することができます。

今回のセミナーでは、既にお使いのツールを活用することで事業継続管理(BCM)に向けた取り組みへの第一歩をご紹介いたします。

開催概要

予測できないビジネス変化に対応するツール活用〜SlackとTableauをiPaaSで連携〜

開催日時2020年9月16日(水)16:00~17:30

参加方法オンライン(Zoom)

定員100名(申込先着順)

費用無料

主催リックソフト株式会社

共催Slack Japan株式会社、Tableau Software, LLC

プログラム

「Slackで、メンバーがどこにいてもチームを 1 つに」

Slack Japan株式会社事業開発部 アライアンスマネージャー上田 純平氏

  • 同じ部屋にいなくてもチーム全員がつながる
  • 生産性を落とさず、チームが同じ方向へ
  • リモートワークこそ高セキュリティの Slack で

「なぜデータの品質がチームの生産性に直結するのか?」

Tableau Software, LLCパートナーアカウントマネージャ黒井 慶氏

  • 予測できない変化に対応するには、正しい判断と素早い行動が求められます
  • 必要な情報が必要な時に必要な形で手元に届くためには?
  • データの品質を可視化する方法

「コラボレーションで実現する“予測できない変化に対応する”ための活用セミナー」

リックソフト株式会社ソリューション3部 ゼネラルマネージャー大塚和彦

  • いま求められるのは「ビジネス監視」と「事業継続管理(BCM)」
  • 事業継続管理(BCM)に必要な要素
  • 専用ツールの導入ではなく、既存ツールを組み合わせれば早く安く簡単に対応できる。
  • ユースケースのご紹介ITSM領域での活用マーケティングを含むビジネス全体での活用

登壇者紹介

上田 純平氏 Slack Japan株式会社
事業開発部
アライアンスマネージャー
上田 純平氏

米国の大学を卒業後、新卒第一号として株式会社コンカーに入社。グローバル導入案件にコンサルタントとして従事した後、事業開発部に異動。 同部署ではコンカーのオープンプラットフォーム戦略を推進するなか、Concur Labs Tokyoを創設し、代表に就任。

2018年8月にSlack Japan 株式会社に事業開発部の創設メンバーとして入社。

現職では、Slackの国内の様々なパートナーシップのプログラムを構築し、パートナー企業と共に、Slackを活用した新しいワークスタイルのビジョンを日本市場に広めている。

黒井 慶氏 Tableau Software, LLC
パートナーアカウントマネージャ
黒井 慶氏

外資系ベンダー数社で、システムエンジニア、新規ビジネス開発、パートナー営業を担当。医療、製造、物流業界での位置情報システムの提案・実装経験が豊富。データを簡単に可視化し、様々なインサイトを得られる Tableau の魅力に取りつかれ、2014 年 1 月に Tableau に参加。

10 人目の社員としてパートナーエコシステムを強化すべく、リセラーパートナーやテクノロジーパートナー、グローバルインテグレータとの協業を推進中。

大塚和彦 リックソフト 株式会社
ソリューション3部
ゼネラルマネジャー
大塚和彦

過去、IBMオフコンをベースとした販売管理、国際・国内物流システムの営業を担当し、Lotus Notes/Dominoビジネスの立ち上げにも参画した。その後、オープンソースソフトウェア(OSS)の世界で営業とマーケティングを担当。

リックソフトがAlfrescoパートナーの契約締結と「日本の働き方を変えたい」という企業文化に惹かれ入社。現在、営業・マーケティングとして働き方を変えるためのツール活用方法を広めるために活動中。

申込受付終了しました