IBM Rational ClearQuest から JIRA へ|移行事例紹介

  1. HOME
  2. お客様事例
  3. IBM Rational ClearQuest から JIRA への移行事例紹介

IBM Rational ClearQuest から JIRA への移行事例紹介

IBM Rational ClearQuest から JIRA への移行事例紹介


リックソフトが行ったアトラシアン製品の導入、サービス事例の一部をご紹介します。作業を担当したリックソフトの技術者へインタビューをしました。

事例 IBM Rational ClearQuest から JIRA への移行
お客様の業種 製造業
利用したサービス名 設計サービス
インストールサービス

アトラシアン製品導入の背景

「お客様はなぜ JIRA へ移行することになったのか」教えてください。

IBM Rational ClearQuest 7.1が14年4月をもってサポート終了となるためです。

「お客様がJIRAを選んだ理由」を教えてください。

高パフォーマンス、低コストからアトラシアン製品のJIRAが選ばれました。

作業内容

「リックソフトがお客様へ提案したポイント」を教えてください。

IBM Rational ClearQuest からJIRAへの移行が主な作業内容でした。

移行対象となるプロジェクトは数百に及び、移行ツールの利用により全体の作業コストを抑えることを提案して、実現することができました。移行作業に関しては、まずリックソフトで主要な数プロジェクトを移行し成功してから、手順を説明し、残りのプロジェクトの移行をお客様にお願いしました。

「苦労した点、難しかった点」など聞かせてください。

JIRAのワークフロー、フィールド、画面などの設計、ClearQuestからエクスポートしたファイルのデータ補正(ユーザー名の名寄せ)に苦労しました。

設計ではClearQuestのスキーマをそのままJIRAへ移行してしまうと全体で8000フィールドとなってしまい、JIRAの動作がとても遅くなってしまうことがわかりました。この問題に対してはフィールドの共通化を実施して400フィールドまで絞りました。

リックソフトが開発した移行ツールにはClearQuestのスキーマ分析に対する機能も備わっていますので、フィールド共通化を含め設計工数を大きく削減することができました。

導入効果

「導入効果、現在の状況」などを聞かせてください。

移行ツールにより移行が大変スムーズに実施でき、分業することでお客様に実作業が発生してしまいますが、コスト削減が実現できました。特に大きな問題も起きておりません。

「お客様の反応、ご意見」を聞かせください。

同じデータ量でも、IBM Rational ClearQuest と比べてJIRAでは全体的な動作がとても速い(画面表示、検索パフォーマンス)とお聞きしています。

PAGE TOP