SlackやMicrosoft Teamsにチケット管理システム機能を追加|社内ヘルプデスク業務の効率化ツールHalp

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. SlackやMicrosoft Teamsにチケット管理システム機能を追加|社内ヘルプデスク業務の効率化ツールHalp

Slack や Microsoft Teams に
チケット管理システム機能を追加、
社内ヘルプデスク業務の効率化ツール『Halp』

社内の問い合わせを『Halp』で一元管理
Halp を導入すれば、チャットで送られてくる社内問い合わせをチケット化、チームで共有・管理できます。
問い合わせ受付 ~ クローズまでの作業はチャットツール上で完結。
社内ヘルプデスクのパフォーマンス向上を実現します。

社内ヘルプデスクの体制に
課題を抱えていませんか?

社内問い合わせを一元管理できていない 社内問い合わせを
一元管理できていない

社員からチャットやメールで個別に質問が来ることが多く、特定のメンバーへの負担が増えている。

受け付けた問い合わせは別のシステムに1つ1つ転記して管理しようとしているが、できないことも多い。

パフォーマンスが可視化できていない パフォーマンスが
可視化できていない

個別対応が多いため、担当者ごとの問い合わせ対応数、応答時間、対応時間といった指標を見える化できていない。

似たような問い合わせが多く、対応に時間がかかる 似たような問い合わせが多く、
対応に時間がかかる

社員から頻繁に寄せられる同じ質問への対応に時間がかかり、非効率だと感じている。

『Halp』は社内ヘルプデスク業務の効率化を実現します。

社内問い合わせを一元管理

社内問い合わせを一元管理

Halp を活用すれば、Slack や Microsoft Teams 経由できた問い合わせメッセージを簡単にチケット化することができます。

生成されたチケット一覧はチャットツール内の専用グループや Halp の Web アプリに表示され、担当者割り当て、対応状況や優先度管理まで可能に。

問い合わせ受付・チケット化、チケット管理、問い合わせへの回答まで一連の流れをチャットツール上で完結させることもでき、問い合わせ内容を別のシステムに転記して管理する必要もありません。

ヘルプデスクメンバーの
パフォーマンスを可視化

ヘルプデスクメンバーのパフォーマンスを可視化

担当者ごとの問い合わせ対応数、解決数、対応時間といった指標をWebアプリのダッシュボードで確認できます。

可視化された数値は、パフォーマンス改善に向けたボトルネックの特定、各担当者のモチベーションUPや評価基準としても活用できます。

頻繁にくる同じ質問には、
自動応答機能で対応 (※1)

頻繁にくる同じ質問には、自動応答機能で対応

(※1)自動応答機能は、
現時点でMicrosoft Teamsには対応していません。

似たような問い合わせが定期的に来る場合、Halp Answers を活用しましょう。

Halp Answers は問い合わせ文に含まれるキーワードやフレーズを元に、社内に蓄積されているノウハウや登録済の定型回答文を活用し、あなたの代わりにチャット上で自動応答をしてくれます。

(※1)自動応答機能は、
現時点でMicrosoft Teamsには対応していません。

Halp が選ばれる理由

SlackやMicrosoft Teams上で
問い合わせ対応が完結する

問い合わせ受付・チケット生成、チケット管理、問い合わせへの回答といった一連の流れがチャットツール上で完結します。

他のシステムとチャットツール間のブラウザを行き来する必要はありません。

問い合わせ受付 チャットメッセージを簡単にチケット化
チャットメッセージを
簡単にチケット化
問い合わせ管理 チャットグループでチケット管理、担当者アサイン
チャットグループで
チケット管理、担当者アサイン
問い合わせ対応 チャットのスレッドで回答、クローズ
チャットのスレッドで回答、
クローズ

詳しく見る

ITSM ソリューションとの統合も可能

既に ITSM ソリューションをご利用中ですか?

Halp は Jira Service Management、Jira Software、Zendesk、Confluence といった
システムとの同期もできるため、より効率的な体制を構築できます。

もちろん Halp のみのスタンドアロンのご利用も可能です。

詳しく見る

さあ、今すぐ Halp を
試しましょう。

サポート・ドキュメンテーション

経験豊富な実績、技術者が
導入時の不安をサポートします。

PAGE TOP