Zephyr Enterprise Edition|テストマネージメントツール

  1. HOME
  2. Zephyr Enterprise Edition(テストマネージメントツール)

Zephyr Enterprise Edition

Zephyr Enterprise Editionとは

Zephyr Enterprise Edition はソフトウェア品質に関するあらゆるフェーズを管理するためのプラットフォームです。

様々なテストツールとの連携、インターネットを経由して、いろいろな拠点・デバイスからのアクセス、コラボレーションの促進、リアルタイムな見える化を提供します。

Webブラウザの他、MobileAppからもお使いいただけます。

このようなニーズにオススメ

  • ソフトウェアメトリクス(品質測定:メトリクス)を計測したい。
  • テストケースを共有して、テスト作業の効率アップをしたい。
  • テスト結果から発見したバグの改善をトラッキングしたい。
  • 表計算ソフト(Excelなど)によるテストケースとテスト結果作成をやめたい。

導入のメリット

  • 別管理のテストケース、テスト結果にもトレーサビリティを確保できる。
  • スプレッドシートでの個別管理をやめて一元管理できる。
  • 作成したテストケースに手を加えて再利用できる。
  • テスト進捗・不具合発生率など、プロジェクト/要件/リリース別の分析できる。
  • 検出した不具合は確実にトラックできる
  • テストの自動化なども含めて効率化できる

主な特徴

テストを管理する機能

テストを管理する機能

  • テストケースを登録し一元管理できます。(テストリポジトリ)
  • テストケースはExcelからインポートできます。(過去の資産を活用)
  • 登録したテストケースを再利用できます。
  • テストの実行計画を立ててテスト担当者をアサインし、進捗を確認できます。
  • テスト担当者の負荷も確認できます。
  • プロジェクト、要件、リリース/イテレーションの単位でテストを登録・管理できます。

テストのトレーサビリティを確保する機能

テストのトレーサビリティを確保する機能

  • JIRAからテスト対象の要件(課題)を連携可能です。
    最新のJIRA7.x にも対応しています。
  • 課題×計画に紐づけて・・・
    テストケースの登録ができます。
    テスト実行を計画して、結果を記録できます。
    テストの各種メトリクスを出力することができます。
  • 不具合をZephyrのUIからJIRAに登録できます。
    登録した不具合にはテストIDが紐づきます。
    ビルトインのITS機能も使えます。

リアルタイムなレポート機能

テストのトレーサビリティを確保する機能

  • 今のテストの状況をダッシュボードにライブでレポートできます。
  • リリース/イテレーション別、担当者別の各種メトリクスもライブ更新です。
    • テスト件数、テスト消化件数
    • トレンドグラフ
    • 不具合の検出状況
    • 検出した不具合の対応状況
  • Confluence(DMS)でも参照できます。
    ※有償Confluenceアドオン

チームのための機能

テストのトレーサビリティを確保する機能

  • Crowd、LDAPでユーザー認証を行なうことができます。
    ユーザーには役割に応じたロールを設定いただけます。
  • ロールはビルトインされた役割のほか、追加定義できます。
  • Zephyr上でチームメンバとチャットで情報交換できます。

自動テストツールにも対応

テストのトレーサビリティを確保する機能

  • Zbot、CI用アドオンを使ってBamboo等のCI/CDツールと連携できます。
    Unitテストと組合わせてテストケースと結果を自動的に記録
    Selenium等のシステムテストを部分的に自動化できます。
    予め準備した一連の操作を再現してその結果を自動的に記録
    ※実装が必要です。

導入実績

既に100ヶ国以上、9,000社で導入されています。テストケースは、15,000,000以上。

導入実績

Atlassian 製品との連携について

Atlassian 製品との連携について

Zephyr Enterprise Edition <-> JIRA Software:
JIRAからストーリーと要件を取り込み、テストを作成してマッピングします。
この操作により、JIRAの課題が更新され、JIRAのユーザーにも課題にテストが紐付けられたことが分かります。
Zephyrのユーザーはテストプロセスで検出した不具合を登録します。
この不具合は速やかにJIRAに連携され課題として登録されます。
JIRA側では課題にテストケースID、テストケース名、テストステップが、ステップレベルでのステータスとノート(テスト担当の覚書)が表示され、開発チームに解析に必要な情報を提供します。
不具合が修正されると、Zephyr側にもそのステータスが表示され、再テストの結果(OK/NG)がJIRA側にもまた反映されます。両システムからデータを抽出、統合したExcel形式のEnd-to-Endのトレーサビリティレポートをダウンロードできます。
Crowd <-> Zephyr Enterprise Edition:
Zephyr はユーザーがログインするための複数の認証オプションを提供しています。
ユーザー認証システムにCrowdお使いの場合はCrowdで認証するように予め設定することができます。
Zephyr Enterprise Edition -> Zephyr Blueprints for Confluence -> Confluence:
Zephyr Enterprise Edition のユーザー様には、Confluence上でリアルタイムなメトリクス情報を表示するダッシュボードやテストに関するチーム情報共有を提供しています。(Zephyr Blueprints for Confluence 別売りアドオンです)。
運用形態
単体での運用も、他のシステムとの連携も可能です。
専用サーバで動作し、オンプレミス/クラウドも利用可能です。
Webベースで、どこからでもアクセスできます。
モバイルデバイスも利用可能です。
価格について
お見積りをご依頼ください。

お見積り

PAGE TOP