1. HOME
  2. Ricksoft Training
  3. オンボーディング
  4. Jira Software : Speedy Driving(スピーディードライビング)

オンボーディングで学ぶ

Jira Software : Speedy Driving(スピーディードライビング)

業務に適したプロジェクト管理の構築、アジャイルに構築しませんか

プロジェクト管理と一口に言いましても千差万別でございますので、まずディスカバリワークショップを通して、導入の経緯、お客様の課題の洗い出し、問題抽出と整理、解決策の確認し、ゴールを設定します。ワークショップのゴールに基づきJira構築実践ワークショップを6回行い、レクチャーを受けながら実際にJiraのプロジェクトを構築いただきます。最速でプロジェクトを構築し本稼働開始状態まで伴走するプランです。

Jira Software : Speedy Driving(スピーディードライビング)

Atlassian
Cloud製品
対象

学習目標
本稼働開始状態のJiraプロジェクトを最短経路で構築する
対象者
  • 自社の業務スタイルにフィットしたプロジェクト管理をしたい方
  • DX推進の為、業務のどこに合わせて使うと効果的か知りたい方
  • スタンダードになるワークフローの組み方を知りたい方
開催場所
オンライン開催、弊社開催・貴社出張開催などお選びいただけます。
時間
10日間
形態
ハンズオン形式 (※パソコンは、各自でご用意ください。)
対象製品
  • Atlassian Jira Software Cloud

ロードマップ

Jira Software : Speedy Driving(スピーディードライビング)コースのロードマップ

コース内容

日程 時間 概要 内容
1日目 1~2h サービスと製品の概要説明とデモ サービスの内容を説明します。
ツールの製品説明とデモを行います。
2日目 4~8h ディスカバリーワークショップ 導入するチームメンバーの招集と導入の際の役割を確認します。
Jira導入の経緯を確認します。
現在の業務フローを確認します。
課題の洗い出しを行います。
課題からの問題抽出と整理を行います。
解決策の確認と解決策が与える影響を確認します。
3日目 1~2h ゴール設定 Jira、Confluenceによる解決策の提示と評価とフィードバックを行います。
4日目 2~3h Jira構築実践ワークショップ x 6回
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. 課題タイプについてレクチャーを行います。
5日目 2~3h
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. ワークフローについてレクチャーを行います。
6日目 3~4h
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. カスタムフィールドと画面、フィールド構成についてレクチャーを行います。
7日目 2~3h
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. 権限についてレクチャーを行います。
8日目 2~3h
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. 通知についてレクチャーを行います。
9日目 2~3h
  1. 提示したJiraプロジェクトへのフィードバックを行います。
  2. フィードバックをもとにしたJiraプロジェクトの改善を行います。
  3. フィルターとボードについてレクチャーを行います。
10日目 2~3h リリース準備とQAセッション
  • リリース準備を行います。
  • QAセッションを行います。

オンボーディングのご利用料金

  • コース名 価格
    Jira Software : Speedy Driving(スピーディードライビング) ¥1,100,000

    ※ご利用料金は税別です。

オンボーディングのお申し込み・お問い合わせは
お気軽にお問い合わせください

お客様の様々な課題・ニーズに応じたサービスをご用意しています。まずはお気軽にご相談ください。

PAGE TOP