ここではJDK7 インストールについて説明します。本ドキュメントでは2014年7月時点での最新バージョンである「JDK 6u35」を使用します。

事前確認

ダウンロードする前に、JDKが導入済みか確認します。
JDKが導入済みの場合は、以下のような情報が表示されます。この場合はJDKのインストールは不要です。

$ rpm -qi jdk
Name        : jdk                          Relocations: /usr/java
Version     : 1.7.0_60                          Vendor: Oracle Corporation
Release     : fcs                           Build Date: 2014年05月08日 05時55分10秒
Install Date: 2014年07月30日 15時14分44秒      Build Host: sc14160135.us.oracle.com
Group       : Development/Tools             Source RPM: jdk-1.7.0_60-fcs.src.rpm
Size        : 206933214                        License: http://java.com/license
Signature   : (none)
Packager    : Java Software <jre-comments@java.sun.com>
URL         : URL_REF
Summary     : Java Platform Standard Edition Development Kit
Description :
The Java Platform Standard Edition Development Kit (JDK) includes both
the runtime environment (Java virtual machine, the Java platform classes
and supporting files) and development tools (compilers, debuggers,
tool libraries and other tools).
The JDK is a development environment for building applications, applets
and components that can be deployed with the Java Platform Standard
Edition Runtime Environment.

 

OpenJDKがインストールされている場合は以下のような情報が表示されます。このJDKは利用しないようにします。

# rpm -qi java-1.6.0-openjdk
Name        : java-1.6.0-openjdk           Relocations: (not relocatable)
Version     : 1.6.0.0                           Vendor: CentOS
Release     : 1.16.b17.el5                  Build Date: 2010年10月14日 02時43分28秒
Install Date: 2010年10月28日 11時09分02秒      Build Host: builder10.centos.org
Group       : Development/Languages         Source RPM: java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0-1.16.b17.el5.src.rpm
Size        : 52590121                         License: ASL 1.1, ASL 2.0, GPL+, GPLv2, GPLv2 with exceptions, LGPL+, LGPLv2, MPLv1.0, MPLv1.1, Public Domain, W3C
Signature   : DSA/SHA1, 2010年10月14日 19時58分50秒, Key ID a8a447dce8562897
URL         : http://icedtea.classpath.org/
Summary     : OpenJDK Runtime Environment
Description :
The OpenJDK runtime environment.

この場合は以下のコマンドでアンインストールします。

# rpm -e java-1.6.0-openjdk

ダウンロード

インストールするJDKのrpmパッケージをJava SE 7のダウンロードページからダウンロードします。
このURL( http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/java-archive-downloads-javase7-521261.html )のページを開き、使用ライセンスの内容を確認してから、「Accept License Agreement」をクリックしてチェックを入れます。 

ダウンロードリンクが利用できるようになりますので、ご使用の環境にあわせて「Linux x86」(32ビット)または「Linux x64」(64ビット)のrpmパッケージをダウンロードします。
以下↓の画像では、64ビット版のrpmパッケージにマークをつけてあります。 

インストール

ダウンロードしたファイルをrpmコマンドでインストールします。インストールにはroot権限が必要です。

# cd <ダウンロードディレクトリ>
# rpm -ivh jdk-7u60-linux-x64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_60/jre/lib/rt.pack
        jsse.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_60/jre/lib/jsse.pack
        charsets.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_60/jre/lib/charsets.pack
        tools.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_60/lib/tools.pack
        localedata.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_60/jre/lib/ext/localedata.pack

動作確認

rpmコマンド を実行し、確認します。

$ rpm -qi jdk
Name        : jdk                          Relocations: /usr/java
Version     : 1.7.0_60                          Vendor: Oracle Corporation
Release     : fcs                           Build Date: 2014年05月08日 05時55分10秒
Install Date: 2014年07月30日 15時14分44秒      Build Host: sc14160135.us.oracle.com
Group       : Development/Tools             Source RPM: jdk-1.7.0_60-fcs.src.rpm
Size        : 206933214                        License: http://java.com/license
Signature   : (none)
Packager    : Java Software <jre-comments@java.sun.com>
URL         : URL_REF
Summary     : Java Platform Standard Edition Development Kit
Description :
The Java Platform Standard Edition Development Kit (JDK) includes both
the runtime environment (Java virtual machine, the Java platform classes
and supporting files) and development tools (compilers, debuggers,
tool libraries and other tools).
The JDK is a development environment for building applications, applets
and components that can be deployed with the Java Platform Standard