Page tree

Contents

日本語言語パック

各バージョンで利用可能な日本語言語パックです。

  • Confluence 3.5.x の場合は Translations Atlassian 
    Confluenceに最新の日本語言語パックをインストールする事で、リリース後に追加された翻訳が反映されます。言語パックは、こちらの URL からダウンロードします。バージョンは 3.5.x の最新版を選択し、言語パックをダウンロードして下さい。

インストール直後のConfluenceはメニューがインタフェースが日本語に設定されています。以下の通り言語パックをインストールする事で、インターフェースは日本語化されます。また、PDFエクスポートをする際に利用されるフォントも日本語に対応していないフォントがインストールされています。後述の手順で日本語化を実施して下さい。

1. 日本語言語パックの適用

このページではConfluenceに日本語言語パックを適用する方法について説明します。

1-1. 管理コンソールの表示

管理ユーザーでログインした状態で、ヘッダメニューの「Browse > Confluence Admin」をクリックします。

1-2. Plugin Manager 画面の表示

管理コンソールの左メニューから「Configuration > Plugins」をクリックしてプラグインの管理 画面を表示します。

1-3. 日本語言語パックのアップロード

Install タブを開いて、Upload Plugins をクリックします。


下記の画面が表示されますので、ダウンロードした confluence-ja.3.3.jar を指定して Upload を押します

アップロードが終了したら、「Manage Existing」タブをクリックし、User-Installed Plugins に 「Japanese language pack」が追加されている事を確認し、管理コンソールの左メニューから「Configuration >Language」をクリックします。

1-4. 言語の設定

Confluenceで使用する言語の選択画面で「日本語」をクリックします。

1-5. 完了

左メニューが日本語表示となったら日本語言語パックの適用は完了となります。

メニューが日本語表示にならない場合、Confluenceを再起動し、表示をご確認下さい。

2. PDF用フォントのインストール

IPAフォントとIPAexフォントからお好みの書体をダウンロードして下さい。

ダウンロードして解凍すると、拡張子が ttf のファイルが有るので、これを 管理画面 → PDF エクスポート言語サポート でインストールして下さい。

3. 日付とインデックス作成言語の設定

インストール直後の Confluence の日付表示は、下記のように 2014年 10月7日が  10 7, 2014 と表示され日本人には解りににくくなっています。また、インデックス作成も、より日本語に適した CJK にする事をお勧めします。

管理コンソールの左メニューから「構成 > 一般設定」をクリックして、一般設定を表示します。

この画面で「編集」リンクをクリックして、画面を入力モードにします。編集モードにしたら、画面をスクロールして「書式と他言語対応の設定」を表示します。

ここで設定を以下の通り変更し、画面の一番下の「保存」ボタンを押します。

項目

設定値

備考

インデックス作成言語

CJK

Chinese Japanese Korean の略です

Encoding

UTF-8

UTF-8 にする事をお奨めします。

時刻の書式

HH:mm

表示の例:18:24

日時の書式

yyyy/MM/dd HH:mm

表示の例: 2014/10/07 18:24

Date Format

yyyy/MM/dd

表示の例: 2014/10/07

桁数の多い数字の書式

 

変更は不要です

少数の書式

 

変更は不要です

 

変更が完了すると、下記のように表示されます。 (最終編集日が2014年10月7日の場合)

セットアップ終了

 以上でセットアップは終了です。お疲れさまでした。

  • No labels

This page has no comments.