Page tree

Contents

はじめに

このページではJIRA スタンドアロン版(Windows)の接続先DBをHSQLDBからPostgreSQLに変更するために必要な手順について説明します。
PostgreSQLのインストールが完了していない場合はPostgreSQLのインストール手順をご参照下さい。

 1. データベースユーザーの作成

Windowsスタートメニューから「すべてのプログラム > PostgreSQL x.x > pgAdmin Ⅲ」を起動します。

「PostgreSQL Database Server 8.3(localhost:5432)」を右クリックしてメニューから「接続」をクリックします。

postgresユーザーのパスワードが要求されるので、PostgreSQLインストール時に設定したパスワードを入力して「OK」をクリックします。

「ログインロール」を右クリックしてメニューから「新しいログインロール」をクリックします。

ロール名とパスワードを以下の通り入力して「OK」をクリックします。

  • ロール名 : jira_db_usr
  • パスワード:jira_db_usr01

2. データベースの作成

「PostgreSQL Database Server 8.3(localhost:5432) / データベース」を右クリックして、メニューから「新しいデータベース」をクリックします。


データベース名とオーナーを入力して「OK」をクリックします。

「データベース名」は"jira_db"を指定します。「オーナー」には1.1項で作成したJIRA用のユーザーをプルダウンから選択して「OK」をクリックします。

3. データベース作成の完了

作成したデータベースを選択すると画面右側に詳細情報が表示されるので内容を確認します。



This page has no comments.