Page tree

Contents

はじめに

このページでは ActiveMQ のインストール手順について説明します。

1.JAVA_HOME 環境変数の設定

次のコマンドを実行して JAVA_HOME の環境変数を設定します。

実行コマンド
# echo "JAVA_HOME=$(readlink -f /usr/bin/java | sed "s:bin/java::")" | tee -a /etc/profile \
&& source /etc/profile

2.実行用ユーザの作成

次のコマンドで activemq の実行用ユーザを作成します。

実行コマンド
# useradd activemq

3.ActiveMQ のインストール

ActiveMQ の TAR ファイルをダウンロードします。

実行コマンド
# curl -LkvOf https://archive.apache.org/dist/activemq/5.15.9/apache-activemq-5.15.9-bin.tar.gz

破損がないか確認します。(ハッシュ値は ダウンロードページ に記載されています)

実行コマンド
# sha512sum apache-activemq-5.15.9-bin.tar.gz
実行結果
35cae4258e38e47f9f81e785f547afc457fc331d2177bfc2391277ce24123be1196f10c670b61e30b43b7ab0db0628f3ff33f08660f235b7796d59ba922d444f  apache-activemq-5.15.9-bin.tar.gz

TAR ファイルを展開します

実行コマンド
# tar zxvf apache-activemq-5.15.9-bin.tar.gz -C /opt/

シンボリックリンクを作成します

実行コマンド
# ln -s /opt/apache-activemq-5.15.9 /opt/activemq

サービスファイルを作成します

実行コマンド
# vi /usr/lib/systemd/system/activemq.service
編集内容
[Unit]
Description=ActiveMQ message queue service
After=network.target

[Service]
PIDFile=/opt/activemq/data/activemq.pid
ExecStart=/opt/activemq/bin/activemq start
ExecStop=/opt/activemq/bin/activemq stop
User=activemq
Group=activemq

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ActiveMQ を起動します

実行コマンド
# systemctl daemon-reload \
&& systemctl start activemq
  • No labels

This page has no comments.