Page tree

Contents

はじめに

ここでは、AtlassianBitbucket Server 6.7.xをLinux (CentOS 7.5) 環境にインストールする手順をご紹介します。

Bitbucket Severは、企業向けGitリポジトリー管理ツールです。ファイアーウォールの内側で、Gitリポジトリを作成、管理できます。細かいパーミッションの設定も可能です。

インストールする環境は以下を想定しています。

プログラムディレクトリ

/opt/atlassian/bitbucket/6.7.0

データディレクトリ

/var/atlassian/application-data/bitbucket

コンテキストルート 
(URLでサーバー名に続く文字)
/bitbucket
インストールを実行するユーザーroot
Bitbucket 稼働ユーザーbitbucket

DB

Bitbucketと同一のコンピュータにインストールされたPostgreSQLを利用 (今回はbitbucket_dbを使用)

javaOracle Java 1.8 (インストーラ同梱のJavaを利用)
Gitver. 2.21.0 をビルド

起動方法

サービスとして登録し、自動起動する

対応しているDBのバージョン

Bitbucket ServerがサポートしているPostgreSQLのバージョンは、バージョンごとに異なります。
インストールするBitbucket Serverのバージョンの Supported platforms を確認し、対応バージョンをご確認ください。

あらかじめBitbucket Serverで利用するデータベースを作成します。PostgreSQLの場合は、以下のリンクをご参照ください。

1.Gitのインストール

Bitbucket ServerのSupported platforms より、インストールするBitbucket Serverのバージョンに対応しているGitのバージョンを確認します。 
例えば、Bitbucket 6.7.0 を動作させるには、Git 2.11以上が必要です。ここで、Gitのインストール手順について説明します。

CentOS7.5でGitをビルドするには、いくつかのライブラリを追加でインストールする必要があります。

ここでは、まずGitのソースコードをダウンロードします。その後、ライブラリのインストールを行ってから、Gitをビルド、インストールします。

Gitのバージョン

このドキュメントでは、Git ver.2.21.0 を例にして手順を紹介します。 
さらに新しいバージョンが利用できるときは、この手順を参考に適宜読み替えながら進めてみてください。

ダウンロード

Gitのホームページ( http://git-scm.com/ )をWebブラウザで開きます。
「Downloads」リンクをクリックします。


今回はソースコードをダウンロードしたいので、ダウンロード画面では「Older releases」のリンクをクリックします。


ダウンロードできるソースコードのリストが表示されます。
git-2.21.0.tar.gz 」をクリックしてソースコードの圧縮ファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルは適当なディレクトリに保存してください。

ライブラリのインストール

Gitに必要なライブラリを事前にインストールしておきます。

# yum install -y gcc epel-release
# yum install -y gcc autoconf
# yum install -y curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel perl-devel zlib-devel perl-ExtUtils-MakeMaker

ソースコードのビルド

ライブラリを用意できたらソースコードをビルドします。

まず、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

ダウンロードファイルを保存したディレクトリに移動し、「tar zxvf git-2.21.1.tar.gz」コマンドを入力します。 

# tar zxvf git-2.21.0.tar.gz


新しいディレクトリが作成されて、その中に解凍されたファイルが格納されています。

ファイルが格納されたディレクトリにカレントディレクトリを 移動します。

# ls -l
合計 7212
drwxrwxr-x. 26 root root     16384  2月 24 11:31 git-2.21.0
-rw-r--r--.  1 root root   8289375  5月 13 23:10 git-2.21.0.tar.gz
# cd git-2.21.0


まず configure スクリプトを実行して、ビルド用の Makefile を作成します。

./configure」と入力してください。 先頭のドットとスラッシュは省略しないでください。

# ./configure
configure: Setting lib to 'lib' (the default)
configure: Will try -pthread then -lpthread to enable POSIX Threads.
configure: CHECKS for site configuration
checking for gcc... gcc
checking whether the C compiler works... yes
checking for C compiler default output file name... a.out

<中略>

configure: creating ./config.status
config.status: creating config.mak.autogen
config.status: executing config.mak.autogen commands


続けて 実際にソースコードをコンパイルしてGitをビルドします。

ビルド時にもエラーメッセージが表示されることがあります。エラー内容を確認して、不足しているライブラリなどをインストールしてください。

# make prefix=/usr/local all
# make prefix=/usr/local install


コマンドが終了したら、Gitが正しくインストールできているか確認します。

git --version」と入力してください。これは、インストールされているGitのバージョンを確認するためのコマンドです。

# git --version
git version 2.21.0

2.Bitbucket Server インストーラ ダウンロード

Bitbucketは、Atlassianのホームページからダウンロードできます。(アーカイブサイトはこちら)
https://ja.atlassian.com/software/bitbucket/download へアクセスすると、Bitbucket Serverのダウンロードするパッケージを選択する画面が表示されます。

「Linux 64bit」を選択し「ダウンロード」をクリックすると、最新バージョンのダウンロードが始まります。

こちらのメッセージが表示されたら、チェックを入れていただき「ダウンロード」を選択します。

古いバージョンをダウンロードする場合は「こちら(アーカイブ)」からダウンロードしてください。

3.Bitbucket Server インストール

BitbucketをLinux環境にインストールする手順について説明します。

2 でダウンロードしたインストーラをLinux環境へ転送しておきます。
インストーラを配置したディレクトリをカレントディレクトリにし、実行権限を付与します。

# chmod u+x atlassian-bitbucket-6.7.0-x64.bin
# ls -l atlassian-bitbucket-6.7.0-x64.bin
-rwxr--r--.  1 root root 305198933  5月 13 23:03 atlassian-bitbucket-6.7.0-x64.bin

Bitbucket Serverのインストーラを実行します。

# ./atlassian-bitbucket-6.7.0-x64.bin
Unpacking JRE ...
Starting Installer ...
Bitbucket 6.7.0 installation wizard
Would you like to install or upgrade an instance?
Install a new instance [1, Enter], Upgrade an existing instance [2] → 新規インストールのため、Enter キーを押します

Install Bitbucket 6.7.0
What type of instance are you looking to install?
Install a Server instance [1, Enter], Install a Data Center instance [2], Install a Smart Mirroring instance [3] → 今回はServer版のインストールなので、Enter キーを押します

Where should Bitbucket be installed?   → インストールディレクトリの場所を指定します

[/opt/atlassian/bitbucket/6.7.0]  →  デフォルトでよければEnter キーを押します。デフォルトから変更する場合は下にパスを指定します。

Default location for Bitbucket home directory   → ホームディレクトリの場所を指定します

The location for Bitbucket data.
This will be the default location for repositories, plugins, and other data.

Ensure that this location is not used by another Bitbucket installation.
[/var/atlassian/application-data/bitbucket]  →  デフォルトでよければEnter キーを押します。デフォルトから変更する場合は下にパスを指定します。

Configure which ports Bitbucket will use.


Bitbucket requires a TCP port that isn't being used by other applications.

The HTTP port is where users access Bitbucket through their browsers.

Bitbucket also requires ports 7992 and 7993 are available to run an embedded
Elasticsearch instance that provides search functionality to Bitbucket.
HTTP Port Number
[7990]  → ポートを指定します。デフォルトの7990でよければEnter キーを押します。

For a production server we recommend that you run Bitbucket as a
Windows/Linux service because Bitbucket will restart automatically when the
computer restarts.
Install Bitbucket as a service?
Yes [y, Enter], No [n] → 今回はサービスでインストールするので、Enter キーを押します。

Please review your Bitbucket installation settings

Installation Directory: /opt/atlassian/bitbucket/6.7.0
Home Directory: /var/atlassian/application-data/bitbucket
HTTP Port: 7990
Install as a service: Yes

Install [i, Enter], Exit [e]   → 確認内容が問題なければ、Enter キーを押し、インストールを開始します。


Extracting files ...


Installation of Bitbucket is complete
Would you like to launch Bitbucket?
Yes [y, Enter], No [n]   → 起動するか聞かれますが、先に設定ファイルを編集するため、"n" + Enterキーを押してインストールを終了します

4.設定ファイルの編集

4-1.bitbucket.properties ファイルの設定

ここでコンテキストルートの設定を行います。 /var/atlassian/application-data/bitbucket/shared/bitbucket.properties を作成し、コンテキストルート "/bitbucket" を設定します。

# vi /var/atlassian/application-data/bitbucket/shared/bitbucket.properties
bitbucket.properties の内容

server.context-path=/bitbucket

4-2_start-webapp.sh ファイルの設定

/opt/atlassian/bitbucket/6.7.0/bin/_start-webapp.shを編集して、文字化け対策の設定とメモリ値を増加します。

# vi /opt/atlassian/bitbucket/6.7.0/bin/_start-webapp.sh
_start-webapp.shの内容

#!/usr/bin/env bash

if [ -z "$BIN_DIR" ] || [ -z "$INST_DIR" ] || [ -z "$BITBUCKET_HOME" ]; then
echo "$0 is not intended to be run directly. Run start-bitbucket.sh instead"
echo "To start the Bitbucket webapp without starting search, run start-bitbucket.sh --no-search"
exit 1
fi

# Occasionally Atlassian Support may recommend that you set some specific JVM arguments. You can use this
# variable to do that. Simply uncomment the below line and add any required arguments. Note however, if this
# environment variable has been set in the environment of the user running this script, uncommenting the below
# will override that.
#

JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS="-Datlassian.plugins.enable.wait=300 -Dfile.encoding=UTF-8 -Dsun.jnu.encoding=UTF-8"  → コメントアウトを解除し、起動上限時間の延長と文字化け対策のパラメータを追加します

export LANG=en_US.UTF-8  → 文字化け対策の定義を追加します

# The following 2 settings control the minimum and maximum memory allocated to the Java virtual machine.

^G Get Help ^O WriteOut ^R Read File ^Y Prev Page ^K Cut Text ^C Cur Pos
^X Exit ^J Justify ^W Where Is ^V Next Page ^U UnCut Text ^T To Spell
GNU nano 2.3.1 File: /opt/atlassian/bitbucket/6.7.0/bin/_start-webapp.sh Modified

#
if [ -z "${JVM_MINIMUM_MEMORY}" ]; then
JVM_MINIMUM_MEMORY=1g  →パフォーマンス対策のため最小メモリ値を1gへ追加します
fi
if [ -z "${JVM_MAXIMUM_MEMORY}" ]; then
JVM_MAXIMUM_MEMORY=1g
fi

4-3サービス起動

「#service atlbitbucket start」コマンドで Bitbucket のサービスを起動します。

# service atlbitbucket start

以下のコマンドでBitbucket のプロセスが起動しているか確認できます。

# ps aux | grep bitbucket


起動したら、WEBブラウザーにてセットアップウイザードを開始します。

RHEL7やCentOS7系のOSをご利用の場合は、systemdを利用する起動スクリプトを別途作成する方法もございます。

Bitbucket Server 起動スクリプトを変更する (CentOS7系)

.セットアップ

起動したWebブラウザで URL: http://<サーバーの IP アドレス>:7990/bitbucket に接続し、セットアップウィザードを開始します。

ご注意ください

セットアップウィザードはインストール後初めてBitbucket Severにアクセスすると表示されます。

http://localhost:7990/bitbucket でセットアップを実施した場合は、セットアップ後に管理画面の一般設定でベースURLを変更しなければ、他のコンピュータからアクセスした場合に不具合が発生します。
ベースURLの変更方法は Specifying the base URL for Bitbucket Server をご確認ください。

ベースURLとは

Bitbucket Sererへアクセスするときに使用するURLです。Bitbucket Server以外のコンピュータからアクセスしたときに参照できる(ブラウザで開くことのできる)URLを指定します。

ベースURLが “localhost”“127.0.0.1” に設定されている場合は、Bitbucket Server以外のコンピュータからBitbucket Serverにアクセスできない可能性があります。

まず、ようこそ画面が表示されます。

データベースで「External」を選択すると、下側に接続先データベースの情報の項目が表示されます。

Bitbucket Serverのデータベースの接続パラメータを入力して「テスト」ボタンをクリックします。 

データベース接続パラメータの例

項目

データベースタイプ

PostgreSQL

ホスト名

127.0.0.1

ポート

5432

データベース

bitbucket_db (データベース作成時に指定したデータベース名)

ユーザー名

bitbucket_db_user (データベース作成時に指定したユーザー名)

パスワード

(データベース作成時に指定したパスワード)

スキーマ

public


テストに成功すると以下のように表示されます。つづけて「次へ」をクリックします。


「ライセンスと設定」画面になります。ここでBitbucket Serverの名前とベースURLを指定できます。
ライセンスキーで「I have a Bitbucket license key」を選択し、弊社より送付しましたライセンスキーを貼り付けて、「次へ」をクリックします。

最後に管理者アカウントを作成します。表示されている各項目を入力し、「Bitbucketへ移動する」ボタンをクリックしてください。
「ユーザ名」はログイン時に入力するID、「お名前」は画面に表示されるフルネームになります。

以下のようにログイン画面が表示されたらセットアップウィザードは終了です。
設定した管理者アカウントでログインします。

ようこそ画面が表示されます。

5.リポジトリの作成

セットアップが完了したところで、Bitbucketにプロジェクトとリポジトリを作成します。

リポジトリの操作について

クライアント側でのGitリポジトリの操作については、ご使用になっているツールの取扱説明書を参照してください。

Bitbucketのインストール直後はプロジェクトが作成されていません。

メニューバーの「プロジェクト」をクリックし、「プロジェクトの作成」を選択します。

プロジェクトの基本情報を入力します。

「プロジェクトキー」はプロジェクト固有の識別子です。識別子はプロジェクト名から自動的に生成されますが、自分で指定することもできます。「プロジェクト名」と「プロジェクトキー」は入力必須項目です。
「説明」はこのプロジェクトに関する説明です。こちらは任意入力になります。

各項目を入力できたら「プロジェクトを作成」ボタンをクリックします。 

作成直後のプロジェクトには、リポジトリが存在しません。
リポジトリの作成」ボタンをクリックして、新しいリポジトリを作成します。

作成するリポジトリの名前を指定します。
「名前」にリポジトリ名を指定して「リポジトリを作成」ボタンをクリックします。

空のリポジトリが作成され、画面にはリポジトリを使用するためのヒントが表示されています。


ここで、クライアント側から任意のツールを使い、いま作成したリポジトリにソースコードをコミットします。
正しくコミットし、変更が反映されると、「更新」ボタンをクリックするかリポジトリを開き直したときに、変更内容が画面に表示されます。


以上でBitbucket Server のインストールは終了です。お疲れさまでした。


This page has no comments.