Page tree

Contents

リリース情報サマリー

Tempo Timesheets 8.x までの「タイムシート」が生まれ変わり、「My Work」と「Reports」になりました。
「My Work」は自分の作業の「計画」と「記録」に最適化され、プロジェクトやJiraで作成したフィルターの活用は「Reports」から行うようになっています。

また、「Team」機能で、タイムシートを共有するようなり、タイムシートの共有について、よりセキュアになっています。

変更された機能

ユーザインタフェースの変更

タイムシートへのアクセス

8.xまでは、「Tempo」→「タイムシート」でしたが、9.xでは「Tempo」→「My Work」になっています。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

サイドバーの追加

9.x では画面左側にサイドバーが追加されました。サイドバーから、「My Work」「Reports」「Teams」「Accounts」「Settings」の各画面にアクセスすることができます。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

一部の設定画面の移動

8.xでは、Tempoの設定画面はアドオン管理画面内にありましたが、9.x ではTempoの設定のうち、一部が、Tempo画面の「Settings」に移動しています。

アドオン管理画面の比較Tempo Timesheets 9.x(最新版)

権限

8.x までは、他のユーザーの作業記録の閲覧などは「パーミッションスキーム」で「Log Work for Others」と「 View All Worklogs」の許可先に含まれている必要がありましたが、これらの設定無くても、9.x ではTempo内の各Teams画面の「Permissions(権限)」で設定することで、他のユーザーの作業記録の閲覧などを許可することができるようになりました。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

「作業の記録」登録時に課題ピッカーの入れ替え

「作業の記録」を登録する際の「課題ピッカー」、8.xでは、「Recent」「Assigned」「内部」の固定でしたが、9.xでは「Favorite issues」「Watched issues」が加わり、表示する課題の種類を入れ替え可能になりました。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

Tempo内のレポート画面から、直接アカウント向けのTempoレポートをダウンロード

9.x では、Tempo レポート画面から、アカウントレポートをダウンロードする機能が追加されました。旧版では、アカウント別にレポートを作成する必要があります。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)
該当機能なし


削除された機能

他ユーザーの選択およびタイムシートへアクセスの削除

8.x までは、タイムシートの画面で、表示したいユーザーを切り替えることで、他ユーザーのタイムシートにアクセスすることができましたが、9.xでは、他ユーザーを選択できなくなり、所属チーム以外の他ユーザーのタイムシートは参照できません。

その結果、「チーム」以外で、8.xまで出来ていた他ユーザーの作業計画や作業記録を登録することが出来なくなりました。原則、自分の作業計画や記録を登録することになります。

他のユーザーのタイムシートにアクセスし、作業計画の作成は、Tempo Plannerで行うことになります。

他ユーザーの選択によるタイムシートのアクセス

9.x では、Jiraのパーミッションスキームで[Log Work for Others」をチェックしていない場合は、自分以外のタイムシートにアクセス不可になっています。

Tempo Timesheets 8.x (旧版) Tempo Timesheets 9.x(最新版)

他のユーザーに切り替えることができる。


他のユーザーに切り替えができない。

他ユーザーの作業の計画や作業の記録

Tempo Timesheets 9.x では、「作業の計画」は自分のみが作成可能です。他のユーザーの「作業の記録」を入力するには、所属Teamで、特定の権限を持っている必要があります。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

ログインしている自分とは違うユーザーの「作業の計画」を入力できる。

「My Work」からは、他のユーザーに切り替えができないので、
他のユーザーの作業の計画や作業の記録ができない。

「Team」メンバーに対して、Teamの権限(Permissions)設定次第
では、「View team worklogs」と「 Manage team worklogs」に
チェックが入っている場合、「作業の記録」の登録が可能。


Jiraのフィルター利用機能の削除

8.x までは、Jiraで作成したフィルターを、Tempoで使用できる機能がありましたが、9.x ではこの機能は無くなり、Tempo 独自のフィルターを使うようになりました。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

「アカウント承認」の削除

9.x では、旧版にあった各アカウントの請求時間について承認する機能がなくなりました。
また、アカウントのタイムシートから、8.x ではカスタマー名が表示されていましたが、9.x ではタイムシートでカスタマー名が非表示になっています。

Tempo Timesheets 8.x (旧版)Tempo Timesheets 9.x(最新版)

Tempo Timesheets 8,x オンラインヘルプ
 https://tempoplugin.jira.com/wiki/spaces/TEMPO/pages/246992830/Account+Timesheet



「課題セキュリティの考慮」についての概要

Jiraの課題に「課題セキュリティ」を適用している場合、課題セキュリティレベルが異なるユーザーの課題はアクセスできません。そしてフィルターなどで課題名(要件)を表示することもできません。
Tempo Timesheets 9.x では、課題セキュリティレベルに影響されずに、異なる課題セキュリティレベルの課題について、Tempo上で「課題の要約」や「課題キー」を表示することができるようになっています。
工数の表示については、従来通りとなっております。

以下の表のようになります。

異なるセキュリティレベルの課題が混在するタイムシートTempo Timesheets 8.x Tempo Timesheets 9.x  (最新版)

課題キーと課題の要約を表示

X
工数を表示

異なる課題セキュリティレベルの課題の「課題の要約」や「課題キー」などを見せないためには、Tempo上で、別途パーミッション設定が必要になります。

「課題セキュリティ」について

たとえば、「動作確認」というプロジェクトの設定で、「課題セキュリティ」に下図のように設定がされているとします。
課題の「セキュリティレベル」項目で、値に応じて、課題を表示できる人が異なるようになっています。

  • セキュリティレベルが「manager group」とあれば、ユーザーの「会田 了」と「管理者」のみが課題を閲覧できる。
  • セキュリティレベルが「end users group」とあれば、Jira管理者以外の一般ユーザー向が課題を閲覧できる。

上図の課題セキュリティレベルが設定されている場合、各課題の「セキュリティレベル」に応じて、各ユーザーに「表示できる」「表示できない」をコントロールすることができます。

削除された「課題セキュリティの考慮」について

実際にバージョンアップされたTempo Timesheetsで、セキュリティレベル「end users group」のユーザー「落合 賢治」さんで、どのように見えるか、順を追ってご説明します。

先ず、Tempoでチームを作成しました。

また、作成したチームについて、画面右上の歯車のアイコンから、「パーミッション」で権限設定を行い、下図のようにしています。チームの作業ログについて、セキュリティレベル「end users group」のユーザー「落合 賢治」さんでも全員の作業ログが閲覧できる状態です。
パーミッションの欄で、「Member」について「View team worklogs」にチェックを入れています。

上記の設定で、セキュリティレベル「end users group」の「落合 賢治」でJiraにログインし、Tempoのチームの作業ログを確認します。
画面内の「Group by」に、「ユーザー」「課題」「Worklog」を選びました。
セキュリティレベル「end users group」の「落合 賢治」でJiraにログインしているにもかかわらず、セキュリティレベル「manager group」のユーザー「会田 了」さんが入力した「課題の要約)」や「課題キー」が見えています。
チームのパーミッション設定で、「Member」について「View team worklogs」にチェックを入れているためです。しかし、課題キーをクリックしても課題を表示することはできません。

前バージョンの動き

Tempo Timesheets 8.x では、課題一覧とともに、タイムシート上でも課題セキュリティレベルが異なる課題について、Tempo Timesheets 9.x とは異なり、課題キーなどは表示されません。

Tempo Timesheets 8.xのタイムシートを見ましょう。赤枠部分は、ログインしているユーザーとは別のユーザーの課題で、異なるセキュリティレベルとなっている課題になります。

作業時間は表示されますが、Tempo Timesheets 9.x とは異なり、課題キーなどは表示されていないことがわかります。

異なる課題セキュリティレベルのユーザーに見せないようにするには?

Tempo Timesheetsで使用するチームのパーミッション設定で、チーム内の他のユーザーの作業ログを見せたくない権限(パーミッション)から
「View team worklogs」のチェックを外します。
そして新しい権限(パーミッション)の設定を作成し、「View team worklogs」にチェックを入れることで、チーム内の他のユーザーの
作業ログを見せるか見せないかを制御することができます。




  • No labels

This page has no comments.