Page tree

Contents


2018-06-18
Tempo Timesheets 8.12 リリースノート


2018年6月18日 - HOTFIX


  • Timesheets 8.12.1でPERIOD_CONFIGテーブルを照会するクエリのSQL例外処理を修正しました。


2018年6月15日


新機能および改善


  • 新しいレポートオーバービューを使用すると、カスタムレポートを保存し、レポートテンプレートを使用してターゲットレポートにすばやくアクセスできます。
  • Tempoレポートで課題を絞り込むときにサブタスクを含めるように選択できるようになりました。
  • 計画の承認がデフォルトで有効になりました。 この設定には、グローバル設定で設定します。
  • Tempoカスタムレポートのデータのフィルタリングが改善されました。 これにより、処理するデータが大量にある場合の待ち時間が短縮されます。
  • 親課題の課題キーは、Tempoレポートのサブタスクの要約の先頭に追加されるようになりました。
  • ユーザーは、Tempoレポートのリストビューで、計画時間、請求時間、および作業時間の合計を確認できるようになりました。
  • ユーザーのワークロードスキームに基づいて必要な時間を示す[Required Hours]のカラムをTempoレポートに追加できるようになりました。 このオプションは、ユーザーごとにグループ化するときに利用できます。
    • 動的ドロップダウン(Dynamic Dropdowns)として実装されたカスタムフィールドは、マイワークカレンダービュー(My Work Calendar)およTempoレポートで使用されるLog Workフォームでサポートされるようになりました。
  • Period(期間)ページはPeriod Configurationと呼ばれるようになりました。 毎週と毎月の期間を選択するには、このページからアクセスします。
  • タイムシートの承認がデフォルトで有効になり、無効にすることはできなくなりました。 [Period Configuration]ページで、毎月または毎週のタイムシート承認を選択できます。
  • 毎週の承認が有効になっている場合は、Reportsの日付ピッカーから毎月と毎週の期間をすばやく切り替えることができるようになりました。
  • 今週の開始日を設定するように選択した場合は、曜日を選択できます。
  • 2番目の期間を定義したら、日付選択の期間セクションから直接アクセスできます。
  • My Workガジェットは、その日のユーザースケジュールを表示する、Tempoの新しいユーザーアジェンダスタイルのガジェットです。 ガジェットは、計画時間と作業時間の両方、およびユーザーの作業ログが作業時間に向かってどのように進行しているかを表示できます。


バグ修正


  • 課題ビューの[More]ドロップダウンの下の[Log Work]ボタンがJira 7.10で機能しなかった問題を修正しました。

  • Timesheetsアップグレードタスク番号のMsSql互換性の問題を修正しました。No 736。
  • 新しいカスタムレポートで、課題リンクがカスタムcontextPathでは機能しないというバグを修正しました。
  • 課題に経費を追加したときに、日付選択機能が正しく機能するようになりました。 これはJiraバージョン7.4.0以降で修正されています。
  • 空のアカウント作業属性値がレポートに表示され、エクスポートに含まれる問題が修正されました。
  • トラッカーを作業ログに変換するときの課題ピッカーフィールド幅の問題を修正しました。
  • タイムシートの承認権限を持つユーザーが自分に猶予期間を付与したり自分の作業ログを編集したりできなかった問題を修正しました。

  • No labels

This page has no comments.