Page tree

Contents

パーソナルアクセストークン

サードパーティとリンクするために自分の資格情報を使用する必要がありますか?

パスワードを変更するときにあなたのビルドを壊すのにうんざりではありませんか?

これが憂鬱と思われる場合のために、個人用のアクセストークンを追加しました。 個人用のアクセストークンを使用して:

  • サードパーティ製アプリケーションとの統合
  • ベーシック認証を使用する代わりに、認証(ログインではなく)を提供する
  • これをbearer トークンとして使用します。

ユーザー名とパスワードをスクリプトに入れたり、サードパーティ製のアプリケーションに渡す必要がなくなりました。 代わりに、不要になったトークンを単純に取り消すことができます。 あなたが望むなら永遠にパスワードを保持することができます! (これは冗談です、これは決してしないでください)。

設定は簡単で、いつでも編集できます。



トークンのアクセス権を制限し、パスワードを強制的に使用するのではなく、必要な操作のみを行います。

詳細は新しい個人用アクセストークンのセクションを参照してください。

Bitbucket ServerのRebaseはここにあります

Rebasingを使用すると、フィーチャーブランチコミットをマスターブランチの先端にマージし、ライナー履歴を作成して可読性を向上させることができます。 コミットをブランチの先端に移動することで、既存のコミットを保持し、単に追加するだけです。

Bitbucket Serverは、チームが最も生産性の高い方法で作業できるようにすることを約束します。

機能の3つのコアエリアを追加しました。

  • 2つの新しいマージストラテジ、速いリベースとリベース、マージ。
  • プルリクエスト:プルリクエストブランチを更新するためのリベースアクションが追加されました。
  • 親リポジトリと同期されているが同期していないフォークの場合は、リベースを使用して最新の状態に戻すことができます。

チームは誰もがこのワークフローを使用しているわけではなく、必要に応じて機能をグローバルに無効にするbitbucket.propertiesフラグを必ず含んでいることを理解しています。

より詳細なダイビングについては、プリンシパルプロダクトマネージャーのRoger Barnes氏が以下の新機能を紹介しています。


詳細については Bitbucket Serverのrebase を参照してください。


This page has no comments.