Page tree

Contents

コミッターの検証

Gitと分散バージョン管理には、多くのメリットがありますが、アクセスとワークフローの制御はその1つではありません。 たとえば、Git管理ツールがなくても、開発者は他の人がセントラルリポジトリに書き込んだコミットをプッシュすることができます。 厳格なセキュリティとコンプライアンスの要件を持つ組織にとって、これは問題を引き起こします。 Bitbucketでは、Gitフックを含む権限とワークフローコントロールを使用してこれに対処できます。 5.0では、新しいコミッタ確認フックを追加しました。これにより、コミットの作成者だけが、変更をBitbucket Serverまたはデータセンターに戻すことができます。許可されたコードの変更だけがあなたのリポジトリにそれらを繁栄できることを知って簡単に眠ることができることでしょう。



スマートミラーリングがよりスマートに

Bitbucket Data Centerのスマートミラーリングは、地理的に分散されたチームにリポジトリの読み取り専用コピーを提供する手間のかからない方法です。 ローカルミラーから更新をプルするで、チームは高いレイテンシと低帯域幅のクローン操作の煩わしさを避けることができます。 すべての認証、アクセス許可、および更新は、管理者のメンテナンスを最小限に抑えたマスターデータセンターインスタンスによって制御されます。

Bitbucket Data Center 5.0では、短期間の停電が発生した場合でもエンドユーザーがミラーアクセスを維持できる方法である認証キャッシングを導入しています。 ログインイベントごとにメインサーバーと通信するのではなく、一度に5分間ミラーにキャッシュされます。 ネットワーク接続が不安定になったり、メインサーバーがオフラインになったりしても、ユーザーはキャッシュされた資格情報を使用してフェッチ/クローンできます。 Bitbucket Data Centerのアクティブ/アクティブクラスタリング、ディザスタリカバリ、および認証キャッシングにより、コードが常に利用可能になることが容易にわかります。 この機能は、デフォルトで、すべてのミラータイプ(bitbucket.orgミラーとBitbucket Serverミラーの両方)と、HTTPベーシック認証およびSSH認証方法に対して有効になっています。 これらのキャッシュは、bitbucket.propertiesファイル内で設定できます。

Bitbucket Serverにおける統合の改善

これまでのように、JIRAソフトウェアとBitbucketの間のリンクはコミットレベルにあります(つまり、コミットAはJIRAのABC-123に属する課題です)。 Bitbucket Server 5.0では、リポジトリレベルのショートカットを追加して、チームがJIRAプロジェクトなどの関連情報にリポジトリを接続できるようにしています。 リポジトリのショートカットを使用すると、チームの誰もがリポジトリ情報を見つけて簡単に移動できます。 JIRAボード、Confluenceスペース、Bambooプラン、HipChatルーム、その他重要なものにリンクするだけです。 リポジトリへのショートカットを追加するのは簡単です。詳しくはBitbucket Serverリポジトリへのショートカットリンクを追加するページをご覧ください。



Bitbucket ServerとBambooの緊密な統合


BambooとBitbucket Serverとの統合もまたアップグレードされています。 現在、Bitbucket Serverでは関連するコミット、ブランチ、プルリクエストのビルドステータス(例:pass/fail)が表示されていますが、プルリクエストの作成時にBambooビルドが進行中であるか見ることができずビルドをトリガーとすることができませんでした。 Bambooで進行中のビルドステータスとプルリクエスト認識ビルドを追加することで、開発者はビルドの開始時期をより詳細に制御でき、Bitbucket内からの進捗状況を監視することができます。 これにより、Bambooビルドのエージェントリソースが解放され、不要なビルドノイズが削減されます。 さらに、プランブランチをすでに使用していない場合は、今すぐできるようになり、すべてのプルリクエストが構築されることがわかります。 すべてのBitbucket ServerとBambooの統合機能強化の詳細については、統合ガイドを参照してください。



仕事ではルームというちょっと楽しい時間があります

生産性の規模は、すべてを統合することやワークフローということではありません。 Bitbucket Server&Data Center 5.0では、あなたのチームに、感情を実際にどのように感じているか、HipChat顔文字でコメントをサポートするようにしました。 利用可能なオプションのリストを表示するには絵文字タイプ ":"を見てください。

Bitbucket Serverのserver.xmlでのカスタマイズ内容をbitbucket.propertiesへ移行する必要があります


Stash ver.3.8以来、Tomcatの設定ファイル server.xml は、アップグレードのたびに残り続けていました。Bibucket Server 5.0では、いくつかのcontainer(Tomcatに付属されている)へデプロイできるwebappから、自身のcontainerを起動するSpring Bootへ変更しました。


単一のディレクトリとファイルへカスタムした設定を集約するために、また、今後のリリースへのアップグレードしやすくするために、ポート番号、コンテキストパス、アクセスプロトコル(他アプリケーション間)といったプロパティを設定する場所を変更します。 
server.xmlファイルが複雑なことが原因で、私たちは自動的に保存された設定を移行することができませんでした。server.xmlファイルを修正した管理者は、5.0以上へアップグレード時は、手動で bitbucket.propertiesファイルを編集する必要があります。


Bitbucket Sever 5以上へアップグレードするには、bitbucket.propertiesファイルのカスタム内容を移行する必要があります。


この変更があなたのインスタンスへどのような影響があるかを把握するために、注意してBitbucket Server upgrade guideを読んで確認してください。Migrate server.xml customizations to bitbucket.properties ページは、どのプロパティを移行する必要があるかの詳細と、どのように移行するか、一般的なカスタム内容の移行方法を紹介した例があります。


環境変数

Bitbucket Serverでは、起動時にいくつかの環境変数(BITBUCKET_HOMEなど)を設定する必要があります。また、いくつかのオプション変数(JVM_MAXIMUM_MEMORYやJVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGSなど)もサポートしています。 Bitbucket Server 5.0より前のバージョンでは、呼び出し元環境からこれらの変数を使用するサポートが矛盾していました。

スタートアップスクリプトでのみ設定できるものもあれば、特定の状況でのみ有効になるものもあります。 たとえば、BITBUCKET_USERが起動スクリプトを呼び出すユーザと同じでない場合、ユーザの切り替え中にこれらの環境変数が削除されます。

Bitbucket Server 5.0では、開始/停止スクリプトが呼び出されたときに呼び出し元の環境で宣言されたときに、これらの環境変数を使用できるようになりました。


BITBUCKET_HOME
BITBUCKET_USER
JAVA_KEYSTORE
JAVA_KEYSTORE_PASSWORD
JAVA_TRUSTSTORE
JMX_PASSWORD_FILE
JMX_REMOTE_AUTH
JMX_REMOTE_PORT
JRE_HOME
JVM_MAXIMUM_MEMORY
JVM_MINIMUM_MEMORY
JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS
RMI_SERVER_HOSTNAME

起動スクリプトを変更しました。

Bitbucket Server 5.0では、起動スクリプトの名前の先頭にアンダースコアが付いています。 これらのスクリプトは非推奨となりました。これらのスクリプトを直接呼び出すべきではありません。 以前は複数の起動スクリプトと停止スクリプトが存在していたため、混乱を避けるためです。 現在は、「start」から始まり、「stop」から始まるスクリプトは1つだけです。

たとえば、バンドルされたElasticsearchを使用せずにBitbucketを起動および停止するために実行するスクリプトの違いを見てみましょう。


Bitbucket Server 4.14Bitbucket Server 5.0 

LINUX

start-webapp.sh
start-search.sh

WINDOWS
start-webapp.bat
start-search.bat

LINUX

./start-bitbucket.sh --no-search

WINDOWS
start-bitbucket.bat /no-search



Bitbucket Server(DataCenter)を自動的に起動もしくは停止するようなスクリプトを利用している場合は、Bitbucket Server(DataCenter) 5.0でこれらのスクリプトを使用し続けるにはスクリプトを更新する必要があるので、これらを知ることは非常に重要です。


setenv.sh とsetenv.batを削除しました

setenv.sh ファイルは、多くの環境変数のチューニングに必要であったため、Bitbucket Server 4.xでは重要でした。次の表は、13個の環境変数キーに対しての古い場所と新しい場所をまとめています。


Environment Variable

Old (4.14)

New (5.0)

BITBUCKET_HOME
set-bitbucket-home.sh (Linux/Mac)
set-bitbucket-home.bat (Windows)
set-bitbucket-home.sh (Linux/Mac)
set-bitbucket-home.bat (Windows)
BITBUCKET_USER
set-bitbucket-user.sh (Linux/Mac)
set-bitbucket-user.sh (Windows)
set-bitbucket-user.sh (Linux/Mac)
set-bitbucket-user.sh (Windows)
JRE_HOME
No placeholder in startup scripts
No placeholder in startup scripts
JVM_MINIMUM_MEMORY
JVM_MAXIMUM_MEMORY
setenv.sh (Linux/Mac)
setenv.bat (Windows)
_start-webapp.sh (Linux/Mac)
_start-webapp.bat (Windows)
JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS
setenv.sh (Linux/Mac)
setenv.bat (Windows)
_start-webapp.sh (Linux/Mac)
_start-webapp.bat (Windows)
JAVA_KEYSTORE
JAVA_KEYSTORE_PASSWORD
JAVA_TRUSTSTORE
JMX_PASSWORD_FILE
JMX_REMOTE_AUTH
JMX_REMOTE_PORT
RMI_SERVER_HOSTNAME
setenv.sh (Linux/Mac)
setenv.bat (Windows)
set-jmx-opts.sh (Linux/Mac)
set-jmx-opts.bat (Windows)


Bitbucket Server 5+ではAJP接続をアンサポートとなります

バージョン5.0以降、Bitbucket ServerはAJP接続を使用するリバースプロキシをサポートしていません。 正式にはサポートされていませんが、以前のバージョンのBitbucket ServerはAJP接続を使用できます。 ただし、Bitbucket ServerでTomcatを使用する方法が変更された場合、Bitbucket Server(またはData Center)5.0以降でAJP接続を使用すると、起動時にアプリケーションが失敗する可能性があります。



This page has no comments.