Page tree

Contents

カスタマポータルからナレッジ検索

JIRA Service DeskとConfluenceの連携設定を行うとカスタマーポータル画⾯からConfluenceのナレッジを検索できるようになります。

  1. 検索フィールドに質問したい内容を入力して、Enterキーを押下すると関連するナレッジが表示されます。
     

  2.   ナレッジのリンクをクリックすると、詳細な情報が表示されます。    

ナレッジの連携設定

JIRA Service Deskのカスタマーポータルでは、プロジェクトに関連付けられたスペース内のナレッジが検索対象となります。
ナレッジ連携を行うには、予めJira−Confluence間のアプリケーションリンクの設定をしておく必要があります。

  1. JIRA Service Deskのプロジェクトの管理画⾯から、プロジェクトとConfluenceのスペース(ナレッジベース)の関連付けができます。

ナレッジ連携の前提条件

カスタマーポータルにて、Confluenceのナレッジをシームレスに表⽰するには、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

(1)匿名アクセス設定

  • Confluenceのグローバル権限の設定で匿名アクセスが許可されていること。
  • Confluenceのスペースに匿名アクセスの表⽰権限が設定されていること。

 ※匿名アクセスはConfluenceにログインしていないアクセス(=匿名)に対する権限設定を指します。
  匿名アクセスの表⽰権限が設定されたスペースはConfluenceにログインしていないユーザから照会できてしまいます。

(2)SSO設定(スペースを匿名アクセス可にできない場合)

  • JIRAとConfluenceに同じUserNameでユーザが登録されていること。
  • JIRAServiceDeskとConfluenceがSSO設定(※)されていること。
    ※JIRA Service Deskにログインすることにより、Confluenceへのログイン操作が不要になるような設定が為されている状態。

Jira Service Deskのプロジェクトと、匿名アクセス不可のスペースをナレッジ連携した場合、JIRAとConfluenceの両方にアカウントを持たないユーザはカスタマーポータルからナレッジが検索ができない点に注意する必要があります。
カスタマーにナレッジ検索機能を提供するには、Confluence、Jiraの両方に同じUserNameを使ってログインできるよう、カスタマーのアカウントを設定しておく必要があります。

JIRAServiceDeskとConfluenceがSSO設定されていない場合は、以下の挙動となります。

  1. 検索フィールドに質問したい内容を入力して、Enterキーを押下すると関連するナレッジが表示されます。


  2. ナレッジのリンクをクリックすると、Confluenceへのログインを求めるメッセージが表示されます。


  3. Confluenceにログインします。


  4. Confluenceにログインするとナレッジが表示されますが、JIRA Service Deskのカスタマーポータルに戻るにはブラウザバックする必要があり、
    ユーザビリティが著しく低下します。

   


SSOの実現手段

アドオンの利⽤

既にケルベロス認証やSAML認証などを使ったSSOを導⼊している場合、アドオンを使ってJIRA、ConfluenceのSSOが実現できます。

JIRA

Confluence

Crowdの利⽤

Atlassian社のID管理ツールCrowdを利⽤することにより、JIRA ServiceDeskとConfluenceのSSOが実現できます。
詳細は下記のサイトにてご確認ください。

https://www.ricksoft.jp/atlassian/crowd/



This page has no comments.