Page tree

Contents

バックアップ対象データ

JIRAのバックアップには、下記のバックアップデータの取得が必要です。

  1. データベースのバックアップ
  2. データディレクトリのバックアップ

データベースのバックアップ

データベースのバックアップは、下記のいずれかの方法で実施します。

  • XMLバックアップ
  • DBが提供するバックアップ機能の利用

【 XMLバックアップ 】

XMLバックアップは、JIRAに標準で組み込まれているバックアップ機能です。
XMLバックアップを使うとデータベースの種類に依存しないバックアップデータを手軽に取得でき、リストアも簡単に実施できるというメリットがありますが、
下記のようなデメリットがあるため、DBが提供するバックアップ機能の利用が推奨されています。

  • JIRA利用中にバックアップを取得した場合、データの整合性が保証されない。
  • バックアップ実行中にメモリ、CPUなどのリソースを大量に消費する。
  • バックアップファイルの容量が肥大しやすく、HDDの容量を圧迫する。

  • バックアップファイルが大容量化した場合、リストアに時間がかかる。

XMLバックアップの手順は下記の通りです。

  1. JIRAに管理者アカウントでログインします。

  2. 管理画面(システム)のインポートとエクスポートから、[ システムをバックアップ ] リンクをクリックします。

  3. 任意のバックアップファイル名を指定して、[ バックアップ ] ボタンをクリックします。

【 DBが提供するバックアップ機能の利用 】

データベースが提供するネイティブなバックアップ機能(コマンドによるdumpファイルの取得など)を利用してバックアップを取得します。

Linux の場合

下記の例は、PostgreSQLがインストールされているサーバーで、データベース jira_db にユーザー jira_db_usr でアクセスする例です。jira_db.sql にファイルが保存されます。

pg_dump -h localhost -u jira_db_usr  jira_db > jira_db.sql
Windows の場合

下記の例は、PostgreSQLがインストールされているサーバーで、データベース jira_db にユーザー jira_db_usr でアクセスする例です。jira_db.sql にファイルが保存されます。

C:\Program Files\PostgreSQL\9.6 に PostgreSQL がインストールされている想定ですので、他のディレクトリにインストールされている場合は適宜変更して下さい。
"C:\Program Files\PostgreSQL\9.6\bin\pg_dump" -h localhost -U jira_db_usr -d jira_db> jira_db.sql


上記のコマンドを実行するとパスワードの入力を求められます。パスワードを実行するユーザーの、.pgpass に保存する必要が有ります。 詳細は下記をご参照下さい。

https://www.postgresql.jp/document/9.4/html/libpq-pgpass.html

データディレクトリのバックアップ

JIRAの添付ファイルなどのデータは、JIRAアプリケーションホームディレクトリに格納されています。
データディレクトリのバックアップに特定の方法はありませんが、例として、下記のような方法があります。

  1. JIRAアプリケーションホームディレクトリをzip形式でアーカイブします。
  2. 1のデータをバックアップデータ保存用のディレクトリに格納します。

バッチ処理(シェルスクリプト)による定期バックアップ

データベース、データディレクトリのバックアップはバッチ処理(Linuxの場合はシェルスクリプト)で記述しておき、タスクスケジューラ(Linuxの場合はCrontab)などで日々のバックアップを3世代程度取得するようにしておくと良いでしょう。

定期バックアップの停止

JIRAのデフォルトの設定では、XMLバックアップによる定期バックアップが動いています。
XMLバックアップはデータ容量が大きく、HDDの容量を圧迫します。
定期バックアップはバッチ処理(シェルスクリプト)で実施し、XMLバックアップによる定期バックアップは停止しておくことをおすすめします。
定期バックアップは、下記の手順で停止できます。

  1. JIRAに管理者アカウントでログインします。

  2. 管理画面(システム)の左メニューから、[ サービス ] リンクをクリックします。
  3. [ サービス ] 画面の「バックアップ サービス」にて、[ 削除 ] リンクをクリックします。

【参考サイト】


This page has no comments.