Page tree

Contents

このページでは、JIRA Service Desk Server 3.2.x をダウンロードし、インストールする手順をご紹介します。

はじめに

このページでは、JIRA Service Desk Server 3.2.x のインストール手順を紹介します。対象としている環境は以下のとおりです。

OSCentOS 6.8
(info) インストールは完了しているものとします。 
データベースPostgreSQL 9.3
(info) インストールは完了しているものとします。 
Java(インストーラに付属のJVMを使用)
インストールディレクトリ(インストーラの既定値)
/opt/atlassian/jira
JIRAホームディレクトリ(インストーラの既定値)
/var/atlassian/application data/jira
コンテキストルート/jira

ご参考

JIRA Service Desk 3.2.x に対応する JIRA Core、JIRA Software のバージョンは、それぞれ 7.2.x です。

ご参考

JIRA Service Desk Server 3.2.x のサポートする環境については、Atlassian社の公開している以下のページをご確認ください。

ご参考

rootユーザーで実行するコマンドは、行頭に「 # 」を記載します。
root以外のユーザーで実行するコマンドは、行頭に「 $ 」を記載します。

 

1、JIRA Service Desk用のデータベースを用意する

インストールを始める前に、JIRA Service Deskが使用するデータベースを用意しましょう。ここでは、以下の設定でデータベースを作成しています。

オーナーjira_db_usr
パスワードjira_db_usr1
データベース名jira_db
照合順序C
Ctype(変換演算子)C

まずはPostgreSQLを操作するための準備をします。CentOSにrootユーザーでログインし、以下のコマンドを実行します。
《ENTER》」の部分は、Enterキーを押してください。

# su - postgres 《ENTER》

データベースのオーナーとなるロールを作成します。必要に応じてパスワードなどは変更してください。

$ psql 《ENTER》
psql (9.3.14)
"help" でヘルプを表示します.
postgres=# create role jira_db_usr password 'jira_db_usr1' createdb login; 《ENTER》
CREATE ROLE
postgres=# \q 《ENTER》

続いてデータベースを作成し、その内容を確認します。名前や所有者に誤りがないか、照合順序とCtype(変換演算子)が「C」になっているか確認してください。

$ createdb jira_db --locale=C --template=template0 --owner=jira_db_usr --encoding='utf-8' 《ENTER》
$ psql 《ENTER》
psql (9.3.13)
"help" でヘルプを表示します.
postgres=# \l 《ENTER》
                                           データベース一覧
   名前    |   所有者    | エンコーディング |  照合順序   | Ctype(変換演算子) |      アクセス権     
-----------+-------------+------------------+-------------+-------------------+----------------------
 jira_db   | jira_db_usr | UTF8             | C           | C                 | 
 postgres  | postgres    | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | 
 template0 | postgres    | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres         
           |             |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres    | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres         
           |             |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
(4 行)

「Ctrl」+「D」キーを何度か押して、rootユーザーのコマンドプロンプトまで戻ってください。

ご注意ください

照合順序、およびCtype(変換演算子)の設定に誤りがあると、JIRA Service Desk内のヘルスチェック機能により警告が表示されることがあります。

 

2、インストーラをダウンロードする

インストーラは、以下のリンク先ページからダウンロードできます。

ご利用の環境にあわせて、画面中央の「無料トライアル」の中にあるドロップダウンリストで「Linux 64 Bit」または「Linux 32 Bit」を選び、「Download」ボタンをクリックします。お手元のPCにLinux用のインストーラがダウンロードされるので、別途Linuxサーバー内の(rootがアクセスできる)任意のディレクトリに配置しておいてください。 

ご参考

ドロップダウンリストでプラットフォームを選択したあと、「Download」ボタンを右クリックして「リンクのアドレスをコピー」(Google Chromeの場合)し、wgetコマンドなどを使ってサーバー内に直接ダウンロードする方法もあります。

ご注意ください

ダウンロード画面のレイアウトは、Atlassian社により予告なく変更されることがあります。

 

3、インストーラを実行する

ダウンロードしたインストーラは、Linuxのコマンドプロンプトから実行します。インストーラを配置したディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してください。インストーラに実行権限を付与したのち、インストーラを起動します。

# chmod u+x atlassian-servicedesk-3.2.0-x64.bin 《ENTER》
# ./atlassian-servicedesk-3.2.0-x64.bin 《ENTER》

インストーラの起動処理が行われ、JIRA Service Deskのインストーラを開始してもよいか確認を求められます。そのまま「Enter」キーを押してください。

Unpacking JRE ...
Starting Installer ...
8 29, 2016 2:48:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$1 run
情報: Created user preferences directory.
8 29, 2016 2:48:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$2 run
情報: Created system preferences directory in java.home.
This will install JIRA Service Desk 3.2.0 on your computer.
OK [o, Enter], Cancel [c]
《ENTER》

インストールオプションを選択します。通常はカスタムインストールを選択するので、そのまま「Enter」キーを押します。

Choose the appropriate installation or upgrade option.
Please choose one of the following:
Express Install (use default settings) [1], Custom Install (recommended for advanced users) [2, Enter], Upgrade an existing JIRA installation [3]
《ENTER》

JIRA Service Deskのインストール先ディレクトリを指定します。変更する必要がなければ「Enter」キーを押します。

Where should JIRA Service Desk be installed?
[/opt/atlassian/jira]
《ENTER》

ホームディレクトリの位置を指定します。ホームディレクトリには、ユーザーが課題に添付したファイルやアバターの画像ファイル、アドオンなどが配置されます。十分な空き領域のあるディスクを指定してください。

Default location for JIRA Service Desk data
[/var/atlassian/application-data/jira]
《ENTER》

JIRA Service Deskが使用するポート番号を指定します。デフォルトでは8080番ポートでHTTP接続を待ち受けします。サーバー上の他のサービスが同じポートを使っているときは別のポート番号を指定する必要があります。変更する必要がなければ、そのまま「Enter」キーを押します。

Configure which ports JIRA Service Desk will use.
JIRA requires two TCP ports that are not being used by any other
applications on this machine. The HTTP port is where you will access JIRA
through your browser. The Control port is used to startup and shutdown JIRA.
Use default ports (HTTP: 8080, Control: 8005) - Recommended [1, Enter], Set custom value for HTTP and Control ports [2]
《ENTER》

インストールしたJIRA Service Deskをサービスとして登録し、バックグラウンドで常時稼働させることができます。サービスとして登録するときは「Enter」キーを押します。

JIRA can be run in the background.
You may choose to run JIRA as a service, which means it will start
automatically whenever the computer restarts.
Install JIRA as Service?
Yes [y, Enter], No [n]
《ENTER》

指定した内容の確認を行います。この内容でインストールしてよければ「Enter」キーを押します。

Details on where JIRA Service Desk will be installed and the settings that will be used.
Installation Directory: /opt/atlassian/jira
Home Directory: /var/atlassian/application-data/jira
HTTP Port: 8080
RMI Port: 8005
Install as service: Yes
Install [i, Enter], Exit [e]
《ENTER》

インストーラはファイルを展開し、指定されたディレクトリに配置します。作業が終わるまでしばらくお待ちください。作業が完了すると、以下のように表示されます。

Please wait a few moments while JIRA Service Desk starts up.
Launching JIRA Service Desk ...
Installation of JIRA Service Desk 3.2.0 is complete
Your installation of JIRA Service Desk 3.2.0 is now ready and can be
accessed via your browser.
JIRA Service Desk 3.2.0 can be accessed at http://localhost:8080
Finishing installation ...

 

4、設定ファイルを修正する

日本語環境での文字化け防止とコンテキストルート設定のため、設定ファイルの修正を行います。

設定ファイルの修正を行う前に、JIRA Service Deskを終了させます。Linuxのコマンドプロンプトで以下の「tail」コマンドを実行し、JIRA Service Deskの起動処理が終っているか確認します。以下のようにメモリ割り当ての表示以降、新しいログが表示されなくなれば、起動処理は終了しています。

# tail /var/atlassian/application-data/jira/log//atlassian-jira.log 《ENTER》
2016-08-29 14:53:04,694 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.jira.startup.JiraStartupLogger] JIRA pre-database startup checks completed successfully.
2016-08-29 14:53:04,740 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.j.config.database.DatabaseConfigurationManagerImpl] The database is not yet configured. Enqueuing Database Checklist Launcher on post-database-configured-but-pre-database-activated queue
2016-08-29 14:53:04,741 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.j.config.database.DatabaseConfigurationManagerImpl] The database is not yet configured. Enqueuing Post database-configuration launchers on post-database-activated queue
2016-08-29 14:53:04,779 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.jira.startup.LauncherContextListener] Memory Usage:
    ---------------------------------------------------------------------------------
      Heap memory     :  Used:   76 MiB.  Committed:  486 MiB.  Max:  742 MiB
      Non-heap memory :  Used:   63 MiB.  Committed:   66 MiB.  Max: 1264 MiB
    ---------------------------------------------------------------------------------
      TOTAL           :  Used:  139 MiB.  Committed:  551 MiB.  Max: 2006 MiB
    ---------------------------------------------------------------------------------

以下のコマンドを実行して、JIRA Service Deskを停止します。「Tomcat stopped.」と表示されれば、JIRA Service Deskの停止処理は完了です。

# service jira stop《ENTER》
executing using dedicated user
                .....
          .... .NMMMD.  ...
        .8MMM.  $MMN,..~MMMO.
        .?MMM.         .MMM?.
     OMMMMZ.           .,NMMMN~
     .IMMMMMM. .NMMMN. .MMMMMN,
       ,MMMMMM$..3MD..ZMMMMMM.
        =NMMMMMM,. .,MMMMMMD.
         .MMMMMMMM8MMMMMMM,
           .ONMMMMMMMMMMZ.
             ,NMMMMMMM8.
            .:,.$MMMMMMM
          .IMMMM..NMMMMMD.
         .8MMMMM:  :NMMMMN.
         .MMMMMM.   .MMMMM~.
         .MMMMMN    .MMMMM?.
      Atlassian JIRA
      Version : 7.2.0

If you encounter issues starting or stopping JIRA, please see the Troubleshooting guide at http://confluence.atlassian.com/display/JIRA/Installation+Troubleshooting+Guide

Server startup logs are located in /opt/atlassian/jira/logs/catalina.out
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/jira/temp
Using JRE_HOME:        /opt/atlassian/jira/jre/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/jira/bin/bootstrap.jar:/opt/atlassian/jira/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_PID:    /opt/atlassian/jira/work/catalina.pid
Tomcat stopped.

編集対象のファイルは /opt/atlassian/jira/conf/server.xml です。以下の二点を修正します。

 XML要素変更内容
1、文字化け対策/Server/Service/ConnectorURIEncoding="UTF-8" を追加
2、コンテキストルート/Server/Service/Engine/Host/Contextpath=""path="/jira" に変更

それぞれの設定例は以下の通りです。

1、文字化け対策
<Connector port="8080"
 
           maxThreads="150"
           minSpareThreads="25"
           connectionTimeout="20000"
 
           enableLookups="false"
           maxHttpHeaderSize="8192"
           protocol="HTTP/1.1"
           useBodyEncodingForURI="true"
           redirectPort="8443"
           acceptCount="100"
           disableUploadTimeout="true"
           URIEncoding="UTF-8" />
2、コンテキストルート
<Context path="/jira" docBase="${catalina.home}/atlassian-jira" reloadable="false" useHttpOnly="true">

設定が終了したら、以下のコマンドを実行してJIRA Service Deskを起動します。

# service jira start 《ENTER》
To run JIRA in the foreground, start the server with start-jira.sh -fg
executing using dedicated user: jira
                .....
          .... .NMMMD.  ...
        .8MMM.  $MMN,..~MMMO.
        .?MMM.         .MMM?.
     OMMMMZ.           .,NMMMN~
     .IMMMMMM. .NMMMN. .MMMMMN,
       ,MMMMMM$..3MD..ZMMMMMM.
        =NMMMMMM,. .,MMMMMMD.
         .MMMMMMMM8MMMMMMM,
           .ONMMMMMMMMMMZ.
             ,NMMMMMMM8.
            .:,.$MMMMMMM
          .IMMMM..NMMMMMD.
         .8MMMMM:  :NMMMMN.
         .MMMMMM.   .MMMMM~.
         .MMMMMN    .MMMMM?.
      Atlassian JIRA
      Version : 7.2.0

If you encounter issues starting or stopping JIRA, please see the Troubleshooting guide at http://confluence.atlassian.com/display/JIRA/Installation+Troubleshooting+Guide

Server startup logs are located in /opt/atlassian/jira/logs/catalina.out
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/jira/temp
Using JRE_HOME:        /opt/atlassian/jira/jre/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/jira/bin/bootstrap.jar:/opt/atlassian/jira/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_PID:    /opt/atlassian/jira/work/catalina.pid
Tomcat started.

tailコマンドでログ出力を確認し、メモリ割り当てのログで出力が停止したら起動処理は完了です。

# tail /var/atlassian/application-data/jira/log/atlassian-jira.log 《ENTER》
2016-08-29 15:49:19,168 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.jira.startup.JiraStartupLogger] JIRA pre-database startup checks completed successfully.
2016-08-29 15:49:19,217 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.j.config.database.DatabaseConfigurationManagerImpl] The database is not yet configured. Enqueuing Database Checklist Launcher on post-database-configured-but-pre-database-activated queue
2016-08-29 15:49:19,218 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.j.config.database.DatabaseConfigurationManagerImpl] The database is not yet configured. Enqueuing Post database-configuration launchers on post-database-activated queue
2016-08-29 15:49:19,247 JIRA-Bootstrap INFO      [c.a.jira.startup.LauncherContextListener] Memory Usage:
    ---------------------------------------------------------------------------------
      Heap memory     :  Used:  237 MiB.  Committed:  483 MiB.  Max:  742 MiB
      Non-heap memory :  Used:   62 MiB.  Committed:   65 MiB.  Max: 1264 MiB
    ---------------------------------------------------------------------------------
      TOTAL           :  Used:  299 MiB.  Committed:  548 MiB.  Max: 2006 MiB
    ---------------------------------------------------------------------------------

 

5、セットアップウィザードを実行する

Webブラウザから初めてJIRA Service Deskにアクセスすると、セットアップウィザードが起動します。セットアップウィザードでは、JIRA Service Deskの使用するデータベースや管理者アカウントを設定します。

ご注意ください

セットアップウィザードを実行するときは、実際にJIRA Service Deskで使用するURLを使用してアクセスしてください。http://127.0.0.1:8080 や http://localhost:8080 などのローカルアドレスを使用すると、セットアップウィザード終了後に他の端末からアクセスできなくなることがあります。

ご参考

セットアップウィザード実行中に誤ってWebブラウザ画面を閉じてしまった場合は、もう一度JIRA Service Deskにアクセスすると前回の続きから再開できます。

JIRA Service Desk のURL(http://example.com:8080/jira)に初めてアクセスすると、以下の様な画面が表示されてセットアップウィザードが開始されます。右上の「Language」をクリックすると、表示言語を切り換えられます。

「言語の変更」ダイアログボックスで「日本語(日本)」を選択し「保存」ボタンをクリックします。以降は日本語でセットアップウィザードが表示されます。

セットアップの種別を選択します。「自動セットアップを行う」は、簡単にJIRA Service Deskを使い始められますが内蔵データベースしか使用できません。一時的な評価目的での利用や、デモンストレーション向けのオプションです。通常は「自分でセットアップする」を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

JIRA Service Deskの使用するデータベースの詳細情報を指定します。「データベース接続」では「お使いのデータベース」を選択してください。その他の項目は、PostgreSQLをご利用の場合は以下のように指定します。

データベース タイプPostgreSQL
ホスト名localhost
ポート5432
データベースjira_db
ユーザー名jira_db_usr
パスワードjira_db_usr1
スキーマpublic

指定できたら「接続のテスト」ボタンをクリックして、入力内容を検証します。

「データベース接続のテストは成功しました。」と表示されたのを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。ここでデータベースの初期設定を行うため、ご利用の環境によっては少し時間のかかることがあります。

データベースの準備が終わると、次はJIRA Service Deskの基本情報を指定します。ここでは「ベース URL」がセットアップウィザードで使用しているURLと同じであることを確認し「次へ」ボタンをクリックします。

JIRA Service Deskを利用するためのライセンスキーを入力します。お手持ちのライセンスキーを「ライセンスキー」ボックスに入力してください。テキストエディタなどからコピー&ペーストすると入力ミスを防げます。入力できたら「次へ」ボタンをクリックします。ここでライセンスの確認と登録を行うため、少し時間のかかることがあります。

ご参考

ライセンスをお持ちでない場合は、評価用ライセンスを発行することができます。弊社担当営業までお問い合わせください。

 

JIRA Service Deskの管理者アカウントを作成します。「フルネーム」は表示用の名前、「ユーザー名」はログイン時に入力するユーザーIDです。各項目を指定し、「次へ」ボタンをクリックします。ここで指定したユーザー名とパスワードは忘れないようにしてください。その他の管理者アカウントは、セットアップウィザード終了後に追加できます。

JIRA Service Deskは各種の通知を電子メールで送信します。使用する電子メールサーバーの情報がわかっているときは、ここで指定することもできます。電子メールサーバーの情報を後で入力するときは「後で」を選択して「完了」ボタンをクリックします。ここで入力したいときは「今すぐ」を選択してください。

これでセットアップウィザードは終了です。

続いて、管理者アカウントの初期設定を行います。管理者アカウントで使用する言語を選び「Continue」ボタンをクリックします。

管理者アカウント用のアバター(アイコン)を指定します。「アバターを選択」ボタンをクリックしてお好みのものを選び、「次へ」ボタンをクリックします。

JIRA Service Deskに最初のプロジェクトを作成します。まずはサンプルプロジェクトを作成し、JIRA Service Deskの機能を試してみることをお勧めします。「サンプルプロジェクトを作成」ボタンをクリックします。

「ITサービスデスク」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

プロジェクトの名前とキーを指定し「送信」ボタンをクリックします。プロジェクトの名前は後からでも簡単に変更できますが、キーを変更するのは大変です。変更する必要がないように、キーはよく検討してから指定してください。

サンプルプロジェクトができあがったら、JIRA Service Deskの準備は完了です。

6、サービスの起動と停止

サービスとして登録した JIRA Service Desk は、OSの動作にあわせて起動、終了を自動で行います。メンテナンスのときなど、手動で JIRA Service Desk を起動したり終了したりする必要がある場合は、以下のコマンドを使用してください。

起動service jira start
終了service jira stop

インストーラでJIRAをサービスとして登録すると、OSのランレベルに対応したディレクトリに起動スクリプトが配置されます。起動スクリプトは実際にはシンボリックリンクで、リンク先の実体は /etc/init.d/jira になっています。

ランレベルスクリプトリンク先
1(Single user mode)

/etc/rc.d/rc1.d/K95jira

/etc/init.d/jira
3(Full multiuser mode)/etc/rc.d/rc3.d/S95jira/etc/init.d/jira
5(X11)

/etc/rc.d/rc5.d/S95jira

/etc/init.d/jira

/etc/init.d/jira の内容は以下のようになっており、インストール先ディレクトリ内のシェルスクリプトを呼び出しています。

/etc/init.d/jira
cd "/opt/atlassian/jira/bin"
case "$1" in
    start)
        ./start-jira.sh
        ;;
    stop)
        ./stop-jira.sh
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop}"
        exit 1
        ;;
esac

ご注意ください

JIRA Service Desk のサービスは chkconfig コマンドで出力できる一覧には表示されず、制御することもできません。

7、日本語化対応

インストール直後の JIRA Service Desk は、画面は日本語で表示されているものの日付表示は欧米向け(日/月/年)のままになっています。日本国内で使用する場合、このままでは日付の読み間違いにつながる可能性があるので、日本向けの設定(年/月/日)に変更しておきましょう。

(1) ルックアンドフィールの変更

JIRA Service Desk の全体的な日付表示を変更するには、システムの管理画面で作業します。以下の手順で操作してください。

  1. 管理者アカウントで JIRA Service Desk にログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューから「システム」をクリックします。
  3. システムの管理画面が表示されるので、画面左側のメニューから「ユーザー インターフェイス」の「ルック アンド フィール」をクリックします。
  4. 下の方にスクロールしていくと「日時の書式」欄があるので、以下の表のように修正します。
項目既定値変更後
時刻の書式h:mm aHH:mm
日付の書式EEEE h:mm ayyyy/MM/dd
完全な日時の書式dd/MMM/yy h:mm a

yyyy/MM/dd HH:mm:ss

日/月/年の書式dd/MMM/yyyyyy/MM/dd

ご参考

使用できる書式の詳細については、以下のリンク先の「日付/時刻パターン」を参照してください。

JIRAでは、一週間以内の日付は「今日」「昨日」など相対的な表現で表示されます。これを「xx月oo日」などの形式で表示させたいときは、Atlassian社の公開しているナレッジベースの以下の記事を参考にしてください。

(2) 日付ピッカー、日付時刻ピッカーの書式

JIRA Service Desk の画面には、以下のように日付や時刻を選択するための小さなカレンダーが用意されています。この書式は「ルック アンド フィール」で指定する書式とは別に指定できるようになっています。こちらも日本向けの設定に変更しておきましょう。

  1. 管理者アカウントでログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューから「システム」をクリックします。
  3. 「一般設定」の画面が表示されるので、右上にある「詳細設定」ボタンをクリックします。
  4. 以下の各設定欄を変更します。
Key既定値変更後
jira.date.picker.java.formatd/MMM/yyyyyy/MM/dd
jira.date.picker.javascript.format%e/%b/%y%Y/%m/%e
jira.date.time.picker.java.formatdd/MMM/yy h:mm ayyyy/MM/dd HH:mm
jira.date.time.picker.javascript.format%e/%b/%y %I:%M %p%Y/%m/%e %H:%M

ご注意ください

上の図の赤線で囲った以下のペアは、書式の表現する内容を一致させる必要があります。

  • jira.date.picker.java.formatjira.date.picker.javascript.format
  • jira.date.time.picker.java.formatjira.date.time.picker.javascript.format

This page has no comments.