Page tree

Contents

本ページでは、 HipChat Server を VMware vSphere Hypervisor (ESXi) 上にインストールする手順について説明します。本手順で HipChat Server をインストールするためには、 VMware vSphere Hypervisor が導入されたサーバーと VMware vSphere Client (VI Client) でハイパーバイザにアクセスできるクライアントが必要です。

システム要件

VMware vSphere Hypervisor が導入されたサーバー上に HipChat Server を導入する場合、コンピュータは以下の要件を満足している必要があります。

ハイパーバイザ

VMware vSphere Hypervisor 4.0, 5.5

仮想CPU数2個以上 (ユーザ数に対するシステム要件も合わせて参照ください )

メモリー容量

4GB以上 (ユーザ数に対するシステム要件も合わせて参照ください
ディスク容量200GB (最小70GB)
ディスクフォーマットシック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

ユーザー数に対するシステム要件

推奨仮想CPU数と推奨メモリー容量は、HipChat Serverに登録するユーザー数によって異なります。ユーザー数ごとの推奨仮想CPU数と推奨メモリー容量の一覧を、次の表に示します。

ユーザ数仮想CPU数メモリー容量
100人以下2個4GB
500人以下4個8GB
1000人以下4個16GB
1000人以上8個32GB

HipChat Server のインストール (VMware vSphere Hypervisor)

本手順では、 Atlassian が提供している仮想マシンテンプレート (OVA) を使用して、 VMware vSphere Hypervisor 上に HipChat Server をインストールします。

  1. https://www.hipchat.com/server/get-it へアクセスし、 HipChat Server ダウンロード をクリックし、 HipChat.ova (2GB) をダウンロードします。
  2. クライアントの VMware vSphere Client で HipChat Server をインストールするサーバーに接続します。
  3. VMware vSphere Client にて、 ファイル (F) → OVF テンプレートのデプロイ (F)... の順にクリックし、OVA インポートのウィザードを起動します。
    OVF テンプレートのデプロイ
  4. ウィザードに従い、OVA ファイルを指定し、次の画面へ進みます。
    OVAファイルの指定

  5. OVAファイルの詳細が表示されます。 Atlassian が発行した正しいテンプレートであることを確認してください。
    OVF テンプレートの詳細

  6. 使用許諾契約書が表示されます。熟読の上、同意する場合は 承諾 (A) をクリックし、次の画面へ進みます。
  7. HipChat Server を実行する仮想マシンの名前を指定します。本手順書では、デフォルトの HipChat Server 1.0.0 としました。
    仮想マシン名の指定
  8. ディスクのフォーマット方式を指定します。シックプロビジョニング (Lazy Zeroed) を選択することを推奨します。

  9. ディスクのフォーマット

  10. 設定が正しいことを確認し、 終了 をクリックしてください。
    仮想マシン設定の確認
  11. OVA ファイルのインポートにはしばらく時間がかかります。
    インポート中

    インポート中
  12. 仮想マシンの性能を、ユーザー数に合わせたシステム要件に合わせるため、仮想マシンの設定を行います。左ペインの仮想マシン一覧から、作成した仮想マシンを選択し、右ペインの 仮想マシン設定の編集 をクリックします。
    仮想マシン設定の編集

  13. ユーザー数に対するのシステム要件を参照し、適切なメモリ容量と仮想CPU数を指定してください。

    仮想CPU数の変更は許諾された行為です

    仮想CPU数の変更時に警告が表示される場合がありますが、 HipChat Server の仮想CPU数変更により、ライセンス違反になることはありません。

    ディスク拡張はインストール後

    添付ファイル保管用のディスク領域は、インストール完了後に拡張することができます。 HipChat Serverの添付ファイル用ディスク領域を拡張する を参照して下さい。


    仮想マシン設定の仮想CPU数仮想マシン設定のメモリ容量

  14. 仮想マシンに関するすべての設定が完了したら、ツールバーのパワーオン(再生マーク)をクリックし、仮想マシンを起動してください。
    仮想マシンのパワーオン
  15. 右ペインから コンソール タブをクリックし、仮想マシンのコンソールを表示します。
  16. HipChat Serverが起動するまで数分かかります。ログインプロンプトが現れるまで待ちます。
    HipChat Server起動中

    HipChat Server もうすぐ起動完了
  17. コンソール上に  hipchat login: が現れたら、HipChat Serverは、コンソールより操作可能となります。以降の操作は、コンソール上で行います。
    HipChat Server ログイン可能
  18. セキュリティのため、管理者アカウントのパスワードを変更します。管理者アカウントでログインを行い、 passwd コマンドでパスワードを変更してください。インストール直後の、デフォルトの管理者アカウントのログイン情報を、以下に示します。

    ユーザ名admin
    パスワードhipchat

    単純すぎるパスワードは利用できません

    新しいパスワードを2回入力した後に、 Bad: new password is too simple というエラーが発生する場合があります。このエラーは、パスワードが単純すぎるときに発生します。たとえば、 hipchat というパスワードは、数字や記号を含まず、非常に短いので、新しいパスワードとして用いることができません。

    パスワード変更の操作例
    hipchat login: admin
    Password: <非表示>hipchat
    Last login: Mon Mar  2 06:02:34 UTC 2015 on tty1
    Atlassian HipChat 1.0 build 1.1.9 (2015.02.12.113513)
     
    VMware 00:0c:29:df:e3:76
     
    Manage this instance at https://203.0.113.5/
    
     
    DNS Warning: The host and domain names need to be configured.
    admin@hipchat:~$ passwd
    Changing password for admin.
    (current) UNIX password: <非表示>hipchat
    Enter new UNIX password: <非表示>新しいパスワード
    Retype new UNIX password: <非表示>新しいパスワード
    passwd: password updated successfully
    admin@hipchat:~$ exit
  19. HipChat Server は、初期状態で IP アドレスを自動的に DHCP サーバーから取得するようになっています。もし、静的 IP アドレスの設定が必要ならば、以下の手順に従って設定してください。
    1. 管理者アカウントで HipChat Server にログインします。
    2. hipchat network コマンドにより、ネットワーク設定を行います。 hipchat network コマンドには、次に示すような項目を設定することができます。

      hipchat networkコマンド
      hipchat network -m static -i <IPアドレス> -s <ネットマスク> -g <ゲートウェイ> -r <DNSサーバー>

      hipchat network コマンドのさらなる詳細は、以下のヘルプを参照してください。

      hipchat networkのヘルプ
      Usage: hipchat network [arguments]
      Options:
        -h, --help            show this help message and exit
        -n HOST, --hostname=HOST
                              Unqualified hostname of this node, for example:
                              hipchat
        -d DOMAIN, --domainname=DOMAIN
                              The domain name of this node, for example: example.com
        -m MODE, --mode=MODE  IP allocation mode, either static or dhcp
        -i IP, --ip=IP        IPv4 network address, for example: 10.0.1.100
        -s NM, --netmask=NM   IPv4 netmask address in dot-quad notation, for
                              example: 255.255.254.0
        -g GW, --gateway=GW   IPv4 default route, for example: 10.0.1.1
        -r DNS, --nameservers=DNS
                              A list of DNS servers, for example: 10.0.1.5,10.0.1.6
                              NOTE: if using DHCP these will only be used if the
                              DHCP server does not provide DNS Servers
        -t, --test-dns        Tests hostname resolution
        -c NIC, --interface=NIC
                              Specify the network interface number, for example for
                              eth1: 1
        --show                Show the current configuration

      /etc/network/interfacesは編集しないでください

      HipChat Serverでは、 /etc/network/interfaces の直接編集によるネットワーク設定は、サポートされません。

      静的IPアドレスの設定例
      admin@hipchat:~$ hipchat network -m static -i 203.0.113.5 -s 255.255.255.0 -g 203.0.113.1 -r 8.8.8.8
      Saving configuration
      RTNETLINK answers: No such process
      Restarting networking
      Updating system configuration, this may take a minute...
       
      VMware 00:0c:29:df:e3:76
       
      Manage this instance at https://203.0.113.5/
       
      DNS Warning: The host and domain names need to be configured.
       
      Completed
      admin@hipchat:~$ _

VMware vSphere Hypervisor へのインストールが完了し、仮想マシンの設定が完了したら、HipChat Serverの初期設定を行います。


  • No labels

This page has no comments.