Child pages
  • Crowd 2.7 セットアップウィザードの実行

Contents

インストールしたCrowdに初めてブラウザーからアクセスすると、セットアップウィザードが始まります。

セットアップウィザードでは、ライセンス情報の入力や管理者アカウントの作成などを行います。

セットアップウィザードの実行

ブラウザーで「http://(IPアドレス または ホスト名):8095/crowd」にアクセスすると、以下のようなセットアップウィザードの画面が表示されます。

セットアップウィザードの最初のLicense画面↓では、ライセンスキーを入力します。弊社からメールでお送りしたライセンスキーを入力してください。
入力できたら「Continue」ボタンをクリックします。

次のCrowd Installation画面では、インストールの方法を指定します。今回は新しくCrowdをインストールしたいので「New Installation」を選択します。
Continue」ボタンをクリックして次の画面に進みます。 

続いてDatabase Configuration画面で使用するデータベースを選択します。評価用にはCrowdに内蔵されているデータベースを利用することもできますが、実運用で使用するにはパフォーマンスなどで問題があります。
今回は「JDBC Connection」を選択し、Crowdと同じサーバーにインストールしたPostgreSQLを使用します。「Database」ドロップダウンリストで「PostgreSQL」を選択すると以下の画面になるので、各項目を入力します。 

入力する内容は以下を参考にしてください。
指定できたら「Continue」ボタンを押して次に進めます。 

項目名内容入力値
Databaseデータベースの種別PostgreSQL
Driver Class Name使用するドライバ(デフォルトのまま)
JDBC URLデータベースのURL~localhost:5432/crowd_db(PostgreSQLインストール時のDB名)
Usernameデータベースのユーザー名crowd_db_usr(Crrowd用データベースを作成したときのユーザー名)
Passwordデータベースのパスワード(Crrowd用データベースを作成したときのパスワード)
Hibernate DialectHibernateの構成(デフォルトのまま)
Overwrite Existing Data既存データの上書き指示(チェックオフ)

 

続いてオプションを指定します。この画面では「Deployment Title」にインストールしているCrowdを識別するための名前を指定します。他のCrowdサーバと重複しない名前にしてください。
指定できたら「Continue」ボタンをクリックしてください。 

 

下記の画面で「Now」ボタンをクリックし、メール通知の設定を行います。

 

Crowdは、パスワードをリセットしたときなどに通知メールを送信することができます。この画面では、そのときに使用するメールサーバーや送信元アドレスを設定します。
Notidication Email Address」には、サーバーでイベントやエラーが発生したときに通知する先のメールアドレスを指定します。「From Email Address」には、Crowdから送るメールの送信元メールアドレスを指定します。 
その他のメールサーバーの設定に関する部分については、システム管理者、ネットワーク管理者にご確認ください。
指定できたら「Continue」ボタンをクリックします。 

Crowdの管理するデフォルトのディレクトリに関する設定を行います。基本的に変更の必要はありません。セキュリティを重視してパスワードのルールを変更したい場合などは、この画面から設定できます。
今回はすべてデフォルトのままにして「Continue」ボタンをクリックします。 

続いてCrowdの管理者アカウントを設定します。この画面で入力した内容で最初の管理者ユーザーが作られます。

各項目に入力する内容は、以下の表を参考にしてください。
入力できたら「Continue」ボタンをクリックします。 

項目内容
Email Address管理者ユーザーの電子メールアドレス
Username管理者ユーザーのログインユーザー名
Passwordログインパスワード
Confirm Passwordログインパスワードの確認入力
First Name管理者ユーザーの名
Last Name管理者ユーザーの姓

 

Integrated Applications画面では、Crowdに統合するアプリケーションの設定を行います。OpenIDサーバーとデモ用アプリケーションを選択できますが、今回はどちらも使用しないので「False」を選択します。
Continue」ボタンを押すと、セットアップウィザードを終了してCrowdのログイン画面に移動します。

 

 

  • No labels

This page has no comments.