Page tree

Contents

 上のページに戻る

このページではConfluenceの基本的な操作方法を説明します。

Confluenceとは

Confluence(コンフルエンス)とは、企業向けのWikiツールであり、コラボレーションツールでもあります。

ConfluenceはWEBアプリケーションとして、WEBサーバーにインストールされます。利用するのに必要なのは、このページを見るために利用しているのと同じWEBブラウザーだけです。

作成したページには、文章だけでなく、画像やExcel、Wordなどの文書ファイル、プログラムのソースコードなどを添付することができます。また、Wordなどのワープロソフトを使うのと同じような手軽さで、見出しを作ったり、文字を装飾することができます。さらに、「マクロ」機能を使って、目次を自動生成する、グラフを表示する、特別な書式を設定するなど、高度な機能を利用できます。

ページを編集した履歴は、Confluenceが自動的に記録しています。誰が、いつ、どこを変更したのか、確認することができます。

このように、Confluenceには多彩な機能がありますが、基本的な使い方はシンプルです。ログイン手順から順に説明していきますので、お手元のConfluenceでも操作してみてください。 

ログイン手順

Confluenceにアクセスすると、最初にログイン画面が表示されます。管理者から連絡されたユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

ご参考

ユーザー名、パスワードがわからないときは、Confluence管理者、またはシステム管理者にご確認ください。

ログイン情報をこのコンピューターに保存」のチェックを付けておくと、ユーザー名とパスワードをブラウザーが記憶するため、次回から入力を省略できます。便利な機能ですが、他人にConfluenceを無断使用されるかもしれないので、共用PCや借り物のPCでは使わないようにしてください。

パスワードを忘れてしまったときは「パスワードを忘れた場合」のリンクをクリックします。

パスワードをリセットしたいユーザー名、またはメールアドレスを入力して「メールを送信」ボタンをクリックします。

パスワードをリセットするためのメールが送信されるので、メールの指示にしたがって新しいパスワードを設定してください。

パスワードの変更手順

ログインしたユーザーは、自分のパスワードを変更できます。セキュリティを維持するため、ある程度の期間でパスワードを変更されることをお勧めします。

パスワードを変更するには、画面の右上に表示されているユーザーアイコンをクリックします。ドロップダウンメニューが表示されるので「プロファイル」をクリックしてください。

ユーザーのプロファイル画面が表示されます。タブで「プロファイル」が選択されていることを確認し、画面左側の「パスワード」をクリックしてください。

パスワードの変更画面が表示されます。「現在のパスワード」「新しいパスワード」「新しいパスワードの確認」をそれぞれ入力して「送信」ボタンをクリックします。現在のパスワードや、新しいパスワードの確認入力が間違っていますとエラーメッセージが表示されます。

正しくパスワードが変更できたら、画面に「パスワードの変更に成功しました。」というメッセージが表示されます。次回ログイン時に、今回設定したパスワードを使用してください。

画面の要素

Confluenceにログインすると、最初にダッシュボード画面が表示されます。

  • (A) スペースとページのリスト。☆アイコンをクリックすると(star)になり、お気に入り設定できます。お気に入り設定すると、お気に入りのリストに表示されます。
  • (B) アクティビティストリーム。最近の更新内容が表示されます。タブにより表示する対象を変更できます。
  • (C) このボタンをクリックすると、新しいスペースを追加できます。ここで追加できるのはグローバルスペースです。非公開にも設定できます。スペースについては、このあとで説明します。

スペース

「スペース」とは、ページなどの情報の容れ物です。部署、プロジェクト、製品など、さまざまな単位で作成できます。

ご注意ください

スペースを作成するには、「スペースの作成」権限が必要です。「スペースの作成」ボタンが表示されていない場合は、権限が割り当てられていません。Confluence管理者、またはシステム管理者にご相談ください。

新しいスペースを作る

新しいスペースを作成するには、ダッシュボード画面の右上の表示されている「スペースの作成」をクリックします。

下のような画面が表示されますので、目的に合わせてスペースの種類を選択し、「次へ」をクリックします。今回は、一般的な「空白スペース」を選択した場合を説明します。

下のようなスペースの作成画面が表示されるので、「スペース名」と「スペース キー」を指定して「作成」ボタンをクリックします。 
自分にのみ表示」のチェックをオンにして作成した場合、作成したユーザー以外からは参照できないように設定されたスペースを作ることができます。

ここで作るスペースは、(権限設定にもよりますが)Confluenceのすべてのユーザーが利用できるので「グローバルスペース」と呼ばれます。これに対して、あるユーザー専用のパーソナルスペースを作ることもできます。

スペースを作成すると、新しいスペースのホームページが表示されます。

(info)スペースにページを追加する手順は、「ページを作る、編集する」を参照してください。

パーソナルスペースを作る

各ユーザー専用のスペースとして、パーソナルスペースを作ることができます。パーソナルスペースは、ユーザーごとに一つしか作成できません。また、デフォルトでは、他のユーザーはパーソナルスペースへコンテンツの追加や編集をすることができません。

パーソナルスペースを作るには、ダッシュボード画面の右上にあるユーザーアイコンをクリックして表示されるメニューから「パーソナルスペースの追加」を選択します。

自分のパーソナル スペースの追加」画面が表示されるので「作成」ボタンをクリックします。「このスペースを非公開にします」チェックをオンにしてパーソナルスペースを作成すると、他のユーザーから参照できなくなります。

パーソナルスペースを作ると、パーソナルスペースのホーム画面が表示されます。

(info)スペースにページを追加する手順は、「ページを作る、編集する」を参照してください。

 上のページに戻る

  • No labels

This page has no comments.