Page tree

Contents

ご注意ください!

  • このページで公開されているドキュメントの内容は、弊社内で十分な検証が行われていません。
  • ドキュメントの内容について、弊社ではいかなる保証もいたしません。
  • ドキュメント利用することによって発生した損害に対して、弊社は状況を問わず一切の責任を負いません。


はじめに

ここでは、AtlassianのID管理ツールであるCrowdをLinux環境にインストールする手順について紹介します。
Crowdは使用、管理、統合がとても簡単なシングルサインオンとユーザーID管理のためのツールです。機能の詳細については、こちらのページもご確認ください。

インストールする環境は以下を想定しています。

プログラムディレクトリ

/opt/atlassian/crowd

データディレクトリ

/var/atlassian/application-data/crowd

コンテキストルート 
(URLでサーバー名に続く文字)
/crowd

インストールを実行するユーザー

root

Crowd稼働ユーザー

crowd

DB

Crowdと同一のコンピュータにインストールされたPostgreSQLを利用(今回はcrowd_dbを使用)

javaJava SE Development Kit 6 Update 35

起動方法

サービスとして登録し、自動起動する

ご注意ください

Crowd 2.5のサポートするjavaは、Oracle JDK 1.6です。最新版である1.7はサポートしていません。

Crowd 2.5のサポートするPostgreSQLは、「7.x, 8.x」です。これら以外のバージョンはサポートしていません。

最新の情報は、Atlassianのサポートプラットフォームのページ( https://confluence.atlassian.com/display/CROWD/Supported+platforms )で確認できます。

このページの手順を実施する前に、以下のページの手順を実施して下さい。

以下の説明の中で、「$」で始まる行はコマンドプロンプトに入力する内容です。「#」で始まる行は、root権限を持つユーザーで入力します。

1、JDK

ここではJDK6 インストールについて説明します。本ドキュメントでは2012年9月時点での最新バージョンである「JDK 6u35」を使用します。

事前確認

ダウンロードする前に、JDKが導入済みか確認します。
JDKが導入済みの場合は、以下のような情報が表示されます。この場合はJDKのインストールは不要です。

# rpm -qi jdk
Name        : jdk                          Relocations: /usr/java
Version     : 1.6.0_35                          Vendor: Oracle and/or its affiliates.
Release     : fcs                           Build Date: Wed 29 Aug 2012 01:23:20 PM JST
Install Date: Thu 27 Sep 2012 10:03:56 AM JST      Build Host: jdk-lin-amd64.sfbay.sun.com
Group       : Development/Tools             Source RPM: jdk-1.6.0_35-fcs.src.rpm
Size        : 127051727                        License: Copyright (c) 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Also under other license(s) as shown at the Description field.
Signature   : (none)
Packager    : Java Software <jre-comments@java.sun.com>
URL         : http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/overview/index.html
Summary     : Java(TM) Platform Standard Edition Development Kit
Description :
The Java Platform Standard Edition Development Kit (JDK) includes both
the runtime environment (Java virtual machine, the Java platform classes
and supporting files) and development tools (compilers, debuggers,
tool libraries and other tools).
The JDK is a development environment for building applications, applets
and components that can be deployed with the Java Platform Standard
Edition Runtime Environment.

ご参考

JDK7がインストールされていると、JDK6をインストールできません。以下のコマンドを実行し、JDK7をアンインストールしてからJDK6をインストールしてください。

rpm -e jdk

OpenJDKがインストールされている場合は以下のような情報が表示されます。このJDKは利用しないようにします。

$ rpm -qi java-1.6.0-openjdk
Name        : java-1.6.0-openjdk           Relocations: (not relocatable)
Version     : 1.6.0.0                           Vendor: CentOS
Release     : 1.16.b17.el5                  Build Date: 2010年10月14日 02時43分28秒
Install Date: 2010年10月28日 11時09分02秒      Build Host: builder10.centos.org
Group       : Development/Languages         Source RPM: java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0-1.16.b17.el5.src.rpm
Size        : 52590121                         License: ASL 1.1, ASL 2.0, GPL+, GPLv2, GPLv2 with exceptions, LGPL+, LGPLv2, MPLv1.0, MPLv1.1, Public Domain, W3C
Signature   : DSA/SHA1, 2010年10月14日 19時58分50秒, Key ID a8a447dce8562897
URL         : http://icedtea.classpath.org/
Summary     : OpenJDK Runtime Environment
Description :
The OpenJDK runtime environment.

この場合は以下のコマンドでアンインストールします。

# rpm -e java-1.6.0-openjdk

ダウンロード

インストールするJDKのrpmパッケージをJava SE 6のダウンロードページからダウンロードします。
このURL( http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk6u35-downloads-1836443.html )のページを開き、使用ライセンスの内容を確認してから、「Accept License Agreement」をクリックしてチェックを入れます。 

ダウンロードリンクが利用できるようになりますので、ご使用の環境にあわせて「Linux x86」(32ビット)または「Linux x64」(64ビット)のrpmパッケージをダウンロードします。
以下↓の画像では、64ビット版のrpmパッケージにマークをつけてあります。 

インストール

ダウンロードしたファイルに実行権限を与えてから実行、インストールします。インストールにはroot権限が必要です。

# cd <ダウンロードディレクトリ>
# chmod +x jdk-6u35-linux-x64-rpm.bin
# ./jdk-6u35-linux-x64-rpm.bin
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: jdk-6u35-linux-amd64.rpm
  inflating: sun-javadb-common-10.6.2-1.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-core-10.6.2-1.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-client-10.6.2-1.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-demo-10.6.2-1.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-docs-10.6.2-1.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-javadoc-10.6.2-1.1.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        tools.jar...
        localedata.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...
Installing JavaDB
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:sun-javadb-common      ########################################### [ 17%]
   2:sun-javadb-core        ########################################### [ 33%]
   3:sun-javadb-client      ########################################### [ 50%]
   4:sun-javadb-demo        ########################################### [ 67%]
   5:sun-javadb-docs        ########################################### [ 83%]
   6:sun-javadb-javadoc     ########################################### [100%]
Java(TM) SE Development Kit 6 successfully installed.
Product Registration is FREE and includes many benefits:
* Notification of new versions, patches, and updates
* Special offers on Oracle products, services and training
* Access to early releases and documentation
Product and system data will be collected. If your configuration
supports a browser, the JDK Product Registration form will
be presented. If you do not register, none of this information
will be saved. You may also register your JDK later by
opening the register.html file (located in the JDK installation
directory) in a browser.
For more information on what data Registration collects and
how it is managed and used, see:
http://java.sun.com/javase/registration/JDKRegistrationPrivacy.html
Press Enter to continue.....
(ここで「Enter」キーを押してください)
Done.

ご参考

以下のようなメッセージが表示されてインストールが終了したときは、ご使用のコンピュータにはすでにJDK7がインストールされています。

        package jdk-2000:1.7.0_07-fcs.x86_64 (which is newer than jdk-2000:1.6.0_35-fcs.x86_64) is already installed
        file /etc/init.d/jexec from install of jdk-2000:1.6.0_35-fcs.x86_64 conflicts with file from package jdk-2000:1.7.0_07-fcs.x86_64

システム管理者にJDK7をアンインストールしてもいいか確認してください。問題がなければ、JDK7をアンインストールし、JDK6のインストールを再試行します。

 

動作確認

rpmコマンド を実行し、確認します。

# rpm -qi jdk
Name        : jdk                          Relocations: /usr/java
Version     : 1.6.0_35                          Vendor: Oracle and/or its affiliates.
Release     : fcs                           Build Date: Wed 29 Aug 2012 01:23:20 PM JST
Install Date: Thu 27 Sep 2012 10:03:56 AM JST      Build Host: jdk-lin-amd64.sfbay.sun.com
Group       : Development/Tools             Source RPM: jdk-1.6.0_35-fcs.src.rpm
Size        : 127051727                        License: Copyright (c) 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Also under other license(s) as shown at the Description field.
Signature   : (none)
Packager    : Java Software <jre-comments@java.sun.com>
URL         : http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/overview/index.html
Summary     : Java(TM) Platform Standard Edition Development Kit
Description :
The Java Platform Standard Edition Development Kit (JDK) includes both
the runtime environment (Java virtual machine, the Java platform classes
and supporting files) and development tools (compilers, debuggers,
tool libraries and other tools).
The JDK is a development environment for building applications, applets
and components that can be deployed with the Java Platform Standard
Edition Runtime Environment.

2、ダウンロード

Crowdは、Atlassianのホームページからダウンロードできます。
最初は英語で表示されていますが、右上の「Languages」から「日本語」を選択すると日本語表示に切り替えられます。
この画面では「無料トライアル」のリンクをクリックします。

人気アドオン製品」の「Crowd」に表示されている「トライアル」ボタンをクリックします。

ダウンロードするファイルを選択する画面が表示されます。「Crowd 2.5.x - Standalone (TAR.GZ Archive)」の「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります。ダウンロードしたファイルは、適当なディレクトリに保存してください。

3、インストール

CrowdをLinux環境にインストールします。
1、ダウンロード」の手順にしたがって、インストール用ファイルをダウンロードしておいてください。

解凍する

Atlassianのサイトからダウンロードしたファイルはzip形式で圧縮されているので、まず解凍します。
ダウンロードファイルを保存したディレクトリに移動し、「tar xvf atlassian-crowd-2.5.x.tar.gz」コマンドを入力してください。

# tar xvf atlassian-crowd-2.5.1.tar.gz
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/startup.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/tool-wrapper.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/version.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/setclasspath.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/shutdown.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/catalina.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/digest.sh
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/conf/
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/temp/
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/logs/
 
(中略)
 
atlassian-crowd-2.5.1/client/lib/commons-httpclient-3.1.jar
atlassian-crowd-2.5.1/client/lib/ehcache-1.5.0.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/jtds-1.2.4.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/ojdbc6-11.2.0.2.0.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/postgresql-9.0-801.jdbc4.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/activation-1.1.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/mail-1.4.4.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/jta-1.1.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/lib/hsqldb-1.8.0.10.jar
atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/tools/ant/lib/xmltask-1.16.jar

プログラムディレクトリに移動

解凍したファイルをプログラムディレクトリに移動します。
ここでは「/opt/atlassian/crowd」ディレクトリをプラグラムディレクトリとして用意しました。

# mkdir -p /opt/atlassian/crowd
# mv atlassian-crowd-2.5.1 /opt/atlassian/crowd/
# cd /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/
# ls -l
total 68
drwxr-xr-x. 11 root root  4096 Sep 27 10:52 apache-tomcat
-rw-r--r--.  1 1511 users  252 Sep 17 15:05 build.bat
-rw-r--r--.  1 1511 users  853 Sep 17 15:05 build.properties
-rwxr--r--.  1 1511 users  204 Sep 17 15:05 build.sh
-rw-r--r--.  1 1511 users 4253 Sep 17 15:05 build.xml
drwxr-xr-x.  4 root root  4096 Sep 17 15:31 client
drwxr-xr-x. 11 root root  4096 Sep 27 10:52 crowd-openidclient-webapp
drwxr-xr-x. 10 root root  4096 Sep 27 10:52 crowd-openidserver-webapp
drwxr-xr-x.  6 root root  4096 Sep 27 10:52 crowd-webapp
drwxr-xr-x.  4 root root  4096 Sep 27 10:52 demo-src
drwxr-xr-x. 11 root root  4096 Sep 27 10:52 demo-webapp
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 Sep 27 10:52 etc
-rw-r--r--.  1 1511 users   99 Sep 17 15:05 start_crowd.bat
-rwxr--r--.  1 1511 users   70 Sep 17 15:05 start_crowd.sh
-rw-r--r--.  1 1511 users   98 Sep 17 15:05 stop_crowd.bat
-rwxr--r--.  1 1511 users   71 Sep 17 15:05 stop_crowd.sh

データディレクトリとJAVA_HOMEディレクトリを設定

Crowdのデータファイルを保存するデータディレクトリと、実行に使用するJDKインストールディレクトリを指定します。

まず、データディレクトリとして「/var/atlassian/aoppopplication-data/crowd」を作成します。
Crowdのデータディレクトリは、プログラムディレクトリとは違うディレクトリを指定します。 

mkdir -p /var/atlassian/application-data/crowd

次に、/opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/crowd-webapp/WEB-INF/classes/crowd-init.properties を編集して、データディレクトリの位置を指定します。

(プログラムディレクトリ)/atlassian-crowd-2.5.1/crowd-webapp/WEB-INF/classes/crowd-init.properties
(省略)
 
###############
##           ##
##  UNIX     ##
##           ##
###############
## On Unix-based operating systems, uncomment the following
## line and set crowd.home to a directory Crowd should use to
## store its configuration.
crowd.home=/var/atlassian/application-data/crowd    ←この行を変更する。

/opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/setenv.sh を編集して、JAVA_HOMEディレクトリの位置を指定します。

(プログラムディレクトリ)/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/setenv.sh
export JAVA_HOME="/usr/java/jdk1.6.0_35"    ←この行を追加する。

JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -Dfile.encoding=UTF-8 $JAVA_OPTS"

export JAVA_OPTS

起動

設定できたら「/opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/bin/start_crowd.sh」コマンドを実行してCrowdを起動します。
正常に起動できたかログを見て確認してください。以下のように出力されていれば正常に起動しています。
Crowdのログは、(データディレクトリ)/logs/atlassian-crowd.log に出力されます。

# ./start_crowd.sh
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/jdk1.6.0_35/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/bootstrap.jar
# tail -f /var/atlassian/application-data/crowd/logs/atlassian-crowd.log
2012-09-27 13:14:50,344 main INFO [com.atlassian.crowd.startup] System Information:
2012-09-27 13:14:50,349 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Timezone: Japan Standard Time
2012-09-27 13:14:50,349 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Java Version: 1.6.0_35
2012-09-27 13:14:50,350 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Java Vendor: Sun Microsystems Inc.
2012-09-27 13:14:50,351 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         JVM Version: 20.10-b01
2012-09-27 13:14:50,351 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         JVM Vendor: Sun Microsystems Inc.
2012-09-27 13:14:50,351 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         JVM Runtime: Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM
2012-09-27 13:14:50,351 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Username: root
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Operating System: Linux2.6.32-279.el6.x86_64
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Architecture: amd64
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         File Encoding: UTF-8
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup] JVM Statistics:
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Total Memory: 123MB
2012-09-27 13:14:50,352 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Used Memory: 18MB
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Free Memory: 105MB
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [com.atlassian.crowd.startup] Runtime Information:
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Version: 2.5.1
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Build Number: 583
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [com.atlassian.crowd.startup]         Build Date: 17-09-2012
2012-09-27 13:14:50,353 main INFO [crowd.console.listener.StartupListener] Upgrades not performed since the application has not been setup yet.
2012-09-27 13:14:50,443 main INFO [ContainerBase.[Catalina].[localhost].[/crowd]] org.tuckey.web.filters.urlrewrite.UrlRewriteFilter INFO: loaded (conf ok)

Crowdを停止するときは、「/opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/bin/stop_crowd.sh」コマンドを使用します。

# ./stop_crowd.sh
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/jdk1.6.0_35/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/apache-tomcat/bin/bootstrap.jar
 
2012-09-27 13:16:19,991 main INFO [ContainerBase.[Catalina].[localhost].[/crowd]] org.tuckey.web.filters.urlrewrite.UrlRewriteFilter INFO: destroy called
2012-09-27 13:16:20,032 main INFO [com.atlassian.crowd.startup] Stopping Crowd

4、セットアップ

インストールしたCrowdに初めてブラウザーからアクセスすると、セットアップウィザードが始まります。

セットアップウィザードでは、ライセンス情報の入力や管理者アカウントの作成などを行います。

セットアップウィザードの実行

ブラウザーで「http://(IPアドレス または ホスト名):8095/crowd」にアクセスすると、以下のようなセットアップウィザードの画面が表示されます。

セットアップウィザードの最初のLicense画面↓では、ライセンスキーを入力します。弊社からメールでお送りしたライセンスキーを入力してください。
入力できたら「Continue」ボタンをクリックします。

次のCrowd Installation画面では、インストールの方法を指定します。今回は新しくCrowdをインストールしたいので「New Installation」を選択します。
Continue」ボタンをクリックして次の画面に進みます。 

続いてDatabase Configuration画面で使用するデータベースを選択します。評価用にはCrowdに内蔵されているデータベースを利用することもできますが、実運用で使用するにはパフォーマンスなどで問題があります。
今回は「JDBC Connection」を選択し、Crowdと同じサーバーにインストールしたPostgreSQLを使用します。「Database」ドロップダウンリストで「PostgreSQL」を選択すると以下の画面になるので、各項目を入力します。 

入力する内容は以下を参考にしてください。
指定できたら「Continue」ボタンを押して次に進めます。 

項目名内容入力値
Databaseデータベースの種別PostgreSQL
Driver Class Name使用するドライバ(デフォルトのまま)
JDBC URLデータベースのURL~localhost:5432/crowd_db(PostgreSQLインストール時のDB名)
Usernameデータベースのユーザー名crowd_db_usr(PostgreSQLインストール時のユーザー名)
Passwordデータベースのパスワード(PostgreSQLインストール時のパスワード)
Hibernate DialectHibernateの構成(デフォルトのまま)
Overwrite Existing Data既存データの上書き指示(チェックオフ)

 

続いてオプションを指定します。この画面では「Deployment Title」にインストールしているCrowdを識別するための名前を指定します。他のCrowdサーバと重複しない名前にしてください。
指定できたら「Continue」ボタンをクリックしてください。 

続いてメール通知の設定を行います。Crowdは、パスワードをリセットしたときなどに通知メールを送信することができます。この画面では、そのときに使用するメールサーバーや送信元アドレスを設定します。
Notidication Email Address」には、サーバーでイベントやエラーが発生したときに通知する先のメールアドレスを指定します。「From Email Address」には、Crowdから送るメールの送信元メールアドレスを指定します。 
その他のメールサーバーの設定に関する部分については、システム管理者、ネットワーク管理者にご確認ください。
指定できたら「Continue」ボタンをクリックします。 

Crowdの管理するデフォルトのディレクトリに関する設定を行います。基本的に変更の必要はありません。セキュリティを重視してパスワードのルールを変更したい場合などは、この画面から設定できます。
今回はすべてデフォルトのままにして「Continue」ボタンをクリックします。 

続いてCrowdの管理者アカウントを設定します。この画面で入力した内容で最初の管理者ユーザーが作られます。

各項目に入力する内容は、以下の表を参考にしてください。
入力できたら「Continue」ボタンをクリックします。 

項目内容
Email Address管理者ユーザーの電子メールアドレス
Username管理者ユーザーのログインユーザー名
Passwordログインパスワード
Confirm Passwordログインパスワードの確認入力
First Name管理者ユーザーの名
Last Name管理者ユーザーの姓

 

Integrated Applications画面では、Crowdに統合するアプリケーションの設定を行います。OpenIDサーバーとデモ用アプリケーションを選択できますが、今回はどちらも使用しないので「False」を選択します。
Continue」ボタンを押して次に進めます。 

以上でセットアップウィザードは完了です。
Continue」ボタンを押すと、セットアップウィザードを終了してCrowdのログイン画面に移動します。

基本的なインストールはここまでで終了です。
続いて、Crowdと他のアプリケーションを連携させる手順についてご紹介します。

5、他のアプリケーションとの連携

 CrowdはAtlassianのJIRAやConfluenceを始めとした他のアプリケーションと連携させることができます。連携設定したアプリケーションは、ユーザーの認証にCrowdを利用します。これにより、Crowdにユーザーを登録すれば各アプリケーションを利用できるようになります。

ご注意ください

以降で説明する操作では、Crowd、JIRA、Confluenceのそれぞれで操作が必要になります。

Crowdで行う手順は「(star)以下の手順はCrowdで実施します」、JIRAで行う手順は「(red star)以下の手順はJIRAで実施します」、Confluenceで行う手順は「(blue star)以下の手順はConfluenceで実施します」と表記しています。

JIRAと連携する

CrowdとJIRAを連携すると、JIRAにログインするときのユーザー認証をCrowdで行えるようになります。ユーザーIDはCrowdで一元管理するので、ユーザー登録はCrowdで行います。

JIRAとは

JIRAはAtlassianの課題管理ツールです。詳細はこちらのページをご確認ください。

(1) JIRAのインストール

(red star)以下の手順はJIRAで実施します

JIRAのインストール手順書を参考に作業を行なってください。JIRAはCrowdと同じコンピュータにもインストールできます。

あとでCrowdにJIRAを登録するときに必要になるので、ベースURLをメモしておいてください。

(2) CrowdにJIRAを登録する

(star)以下の手順はCrowdで実施します

まずCrowdに連携相手のアプリケーションを登録します。ブラウザーで「http://(IPアドレス または ホスト名):8095/crowd」を開き、セットアップウィザードで指定した管理者ユーザーでログインします。

画面上部のメニューから「Applications」をクリックします。

画面左側のメニューで「Add Application」を選択します。

Crowdと連携するアプリケーションを識別するための情報を指定します。

  • Application Type」ドロップダウンリストでは、連携相手のアプリケーションの種類を指定します。今回は「JIRA」を選択します。
  • Name」テキストボックスに連携相手を識別する名前を指定します。ここで指定した名前を、あとでJIRA側でも入力します。 今回は「TestJIRA」にしました。大文字小文字ともに入力できますが、すべて小文字に揃えられます。
  • Description」は省略可能です。アプリケーションの説明を入力します。
  • Password」と「Confirm Password」には同じ文字列を入力します。連携相手のアプリケーションがCrowdに接続するときに入力するパスワードです。あとでJIRA側で入力するので、忘れないようにしてください。

各項目を入力できたら「Next」ボタンをクリックします。 

連携相手のネットワーク情報を入力します。
URL」テキストボックスに、連携相手のJIRAのベースURLを入力します。その後「Resolve IP Address」ボタンをクリックすると、ベースURLからIPアドレスを調べて「Remote IP Address」テキストボックスに表示します。
Remote IP Address」テキストボックスに表示されたIPアドレスに誤りが無いことを確認し、「Next」ボタンをクリックします。 

連携相手のアプリケーションで使用するディレクトリを指定します。
この画面では「TestCrowd」しか登録されていないので「TestCrowd」にチェックを付けます。他のディレクトリもあるときは、このアプリケーションで使用するディレクトリにチェックを付けます。
指定できたら「Next」ボタンをクリックします。 

前の画面で指定したディレクトリに登録されているグループの中で、アクセスを許可するグループを指定します。
ディレクトリのすべてのグループからアクセスを許可するときは「Allow all users to authenticate」チェックをオンにします。グループを個別に指定するときは、「Directory Groups」ドロップダウンリストからグループを選択して「Add Group」ボタンをクリックします。
ここでは「Allow all users to authenticate」にチェックを付けて「Next」ボタンをクリックします。 

入力内容の確認画面が表示されます。
表示されている内容を確認し、誤りがなければ「Add Application」ボタンをクリックして設定を登録します。 

Applications」画面に登録した内容が表示されます。

(3) JIRAにCrowdのディレクトリを追加する

(red star)以下の手順はJIRAで実施します

次にJIRA側の設定を行います。

JIRAの管理画面を開き、「ユーザー」の「ユーザーディレクトリ」をクリックします。

この画面では、JIRAで使用するディレクトリを管理します。
Crowdのディレクトリを使うように設定したいので、「ディレクトリの追加」ボタンをクリックします。 

メニューがポップアップするので、「ディレクトリタイプ」ドロップダウンリストで「Atlassian Crowd」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

接続したいCrowdサーバーの情報を入力します。

  • 名前」には接続先を識別する任意の名前を入力します。
  • サーバーURL」には、接続先CrowdサーバーのベースURLを入力します。
  • アプリケーション名」には、Crowdで指定した連携相手を識別する名前を小文字で入力します。今回は「testjira」と入力します。
  • アプリケーションのパスワード」には、Crowdで指定したパスワードを入力します。

各項目を入力できたら、「設定のテスト」ボタンをクリックして入力内容に誤りがないかテストします。

入力した内容に誤りがなければ、画面上部に「接続テストに成功しました」というメッセージが表示されて、「保存およびテスト」ボタンが使用できるようになります。
保存およびテスト」ボタンをクリックして入力した内容を保存してください。 

ユーザーディレクトリ」画面に戻ります。画面のリストにいま登録したCrowdサーバーが表示されていることを確認してください。
その後、「同期」リンクをクリックしてディレクトリ情報のキャッシュを同期させておきます。Crowdにたくさんのグループやユーザーが登録されていると、時間のかかることがあります。

ディレクトリの優先順位を変えたいときは、上向き矢印アイコンと下向き矢印アイコン をクリックします。登録したディレクトリを削除したいときは、「無効」リンクをクリックしてディレクトリを無効にしてから、あらためて「削除」リンクをクリックします(「削除」リンクはディレクトリを無効にしないと表示されません)。

以上でJIRAとCrowdの連携設定は完了です。Crowdに登録したユーザーでJIRAにログインできるか試してください。
なお、Crowdに登録されているユーザーには、デフォルトではJIRAの権限は与えられていません。必要に応じてCrowdのグループやユーザーにJIRAの権限を与えてください。 

Confluenceと連携する

CrowdとConfluenceを連携すると、Confluenceにログインするときのユーザー認証をCrowdで行えるようになります。ユーザーIDはCrowdで一元管理するので、ユーザー登録はCrowdで行います。

Confluenceとは

ConfluenceはAtlassianのシンプルかつ高機能な企業向けWikiです。詳細はこちらのページをご確認ください。

(1) Confluenceのインストール

(blue star)以下の手順はConfluenceで実施します

Confluenceのインストール手順書を参考に作業を行なってください。ConfluenceはCrowdと同じコンピュータにもインストールできます。

あとでCrowdにConfluenceを登録するときに必要になるので、ベースURLをメモしておいてください。

(2) CrowdにConfluenceを登録する

(star)以下の手順はCrowdで実施します

まずCrowdに連携相手のアプリケーションを登録します。ブラウザーで「http://(IPアドレス または ホスト名):8095/crowd」を開き、セットアップウィザードで指定した管理者ユーザーでログインします。

画面上部のメニューから「Applications」をクリックします。

画面左側のメニューで「Add Application」を選択します。

Crowdと連携するアプリケーションを識別するための情報を指定します。

  • Application Type」ドロップダウンリストでは、連携相手のアプリケーションの種類を指定します。今回は「Confluence」を選択します。
  • Name」テキストボックスに連携相手を識別する名前を指定します。ここで指定した名前を、あとでJIRA側でも入力します。 今回は「TestConfluence」にしました。大文字小文字ともに入力できますが、すべて小文字に揃えられます。
  • Description」は省略可能です。アプリケーションの説明を入力します。
  • Password」と「Confirm Password」には同じ文字列を入力します。連携相手のアプリケーションがCrowdに接続するときに入力するパスワードです。あとでConfluence側で入力するので、忘れないようにしてください。

各項目を入力できたら「Next」ボタンをクリックします。

連携相手のネットワーク情報を入力します。
URL」テキストボックスに、連携相手のJIRAのベースURLを入力します。その後「Resolve IP Address」ボタンをクリックすると、ベースURLからIPアドレスを調べて「Remote IP Address」テキストボックスに表示します。
Remote IP Address」テキストボックスに表示されたIPアドレスに誤りが無いことを確認し、「Next」ボタンをクリックします。 

連携相手のアプリケーションで使用するディレクトリを指定します。
この画面では「TestCrowd」しか登録されていないので「TestCrowd」にチェックを付けます。他のディレクトリもあるときは、このアプリケーションで使用するディレクトリにチェックを付けます。
指定できたら「Next」ボタンをクリックします。 

前の画面で指定したディレクトリに登録されているグループの中で、アクセスを許可するグループを指定します。
ディレクトリのすべてのグループからアクセスを許可するときは「Allow all users to authenticate」チェックをオンにします。グループを個別に指定するときは、「Directory Groups」ドロップダウンリストからグループを選択して「Add Group」ボタンをクリックします。
ここでは「Allow all users to authenticate」にチェックを付けて「Next」ボタンをクリックします。

入力内容の確認画面が表示されます。
表示されている内容を確認し、誤りがなければ「Add Application」ボタンをクリックして設定を登録します。 

Applications」画面に登録した内容が表示されます。

(3) ConfluenceにCrowdのディレクトリを追加する

(blue star)以下の手順はConfluenceで実施します

次にConfluence側の設定を行います。

Confluenceの管理画面を開き、左側のメニューから「ユーザー&セキュリティ」の「ユーザーディレクトリ」をクリックします。

この画面では、Confluenceで使用するディレクトリを管理します。
Crowdのディレクトリを使うように設定したいので、「ディレクトリの追加」ボタンをクリックします。 

メニューがポップアップするので、「ディレクトリタイプ」ドロップダウンリストで「Atlassian Crowd」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

接続したいCrowdサーバーの情報を入力します。

  • 名前」には接続先を識別する任意の名前を入力します。
  • サーバーURL」には、接続先CrowdサーバーのベースURLを入力します。
  • アプリケーション名」には、Crowdで指定した連携相手を識別する名前を小文字で入力します。今回は「testconfluence」と入力します。
  • アプリケーションのパスワード」には、Crowdで指定したパスワードを入力します。

各項目を入力できたら、「設定のテスト」ボタンをクリックして入力内容に誤りがないかテストします。

入力した内容に誤りがなければ、画面上部に「接続テストに成功しました」というメッセージが表示されて、「保存およびテスト」ボタンが使用できるようになります。
保存およびテスト」ボタンをクリックして入力した内容を保存してください。

ユーザーディレクトリ」画面に戻ります。画面のリストにいま登録したCrowdサーバーが表示されていることを確認してください。
その後、「同期」リンクをクリックしてディレクトリ情報のキャッシュを同期させておきます。Crowdにたくさんのグループやユーザーが登録されていると、時間のかかることがあります。

ディレクトリの優先順位を変えたいときは、上向き矢印アイコンと下向き矢印アイコン をクリックします。登録したディレクトリを削除したいときは、「無効」リンクをクリックしてディレクトリを無効にしてから、あらためて「削除」リンクをクリックします(「削除」リンクはディレクトリを無効にしないと表示されません)。

以上でConfluenceとCrowdの連携設定は完了です。Crowdに登録したユーザーでConfluenceにログインできるか試してください。
なお、Crowdに登録されているユーザーには、デフォルトではConfluenceの権限は与えられていません。必要に応じてCrowdのグループやユーザーにConfluenceの権限を与えてください。 

6、サービスとして登録する

Crowdをサービスとして登録する手順を説明します。サービスとして登録することで、コンピュータを起動したときに自動的にCrowdを起動させることができます。

ご注意ください

以下のコマンドは、すべて管理者権限を持つユーザーで実行してください。

最初にサービス実行用のユーザーを登録します。

# useradd -d /home/crowd -m crowd

Crowdバージョンアップ時の作業を簡単にするため、最新版のCrowdにリンクするシンボリックリンクを作成します。
バージョンアップ時には、シンボリックリンクのリンク先を変更するようにしてください。

# cd /opt/atlassian/
# ln -s /opt/atlassian/crowd/atlassian-crowd-2.5.1/ crowd_latest

crowd ← リンク先のファイルを /etc/rc.d/init.d に配置して下さい。

改行コードにご注意ください

このファイルの改行コードは、Linuxに合わせる必要があります。添付ファイルの改行コードを変更しないで、そのままサーバーに配置してください。
改行コードが間違っていると、

env: /etc/init.d/crowd: そのようなファイルやディレクトリはありません

というエラーが発生します。

サービス実行用のユーザーでCrowdを実行できるように、権限設定を変更します。

chown -R crowd /opt/atlassian/crowd/
chown -R crowd /var/atlassian/application-data/crowd/
chmod +x /etc/rc.d/init.d/crowd

Crowdをサービスとして登録します。

# chkconfig --add crowd
# chkconfig --list crowd
crowd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

Crowdのサービスを起動するときは以下のコマンドを入力します。

# service crowd start
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/jdk1.6.0_35
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/bin/bootstrap.jar

サービスを停止するときは以下のコマンドです。

# service crowd stop
Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/jdk1.6.0_35
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/bin/bootstrap.jar

サービスが起動しているか確認するときは、以下のコマンドを実行してCrowdのインスタンスが存在しているか調べます。
3つ表示されているインスタンスのうち、最初のものがCrowdを実行しているインスタンスです。2つめのインスタンスはデータベース、3つめは このリストを表示するために絞込みを行なっているインスタンスです。

# ps -ef | grep crowd
crowd    18802     1 97 13:50 ?        00:00:32 /usr/java/jdk1.6.0_35/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/conf/logging.properties -Xms128m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -Dfile.encoding=UTF-8 -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/endorsed -classpath /opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/bin/bootstrap.jar -Dcatalina.base=/opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat -Dcatalina.home=/opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat -Djava.io.tmpdir=/opt/atlassian/crowd_latest/apache-tomcat/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start
postgres 18826  2701  0 13:51 ?        00:00:00 postgres: crowd_db_usr crowd_db 127.0.0.1(38057) idle
root     18839 18127  0 13:51 pts/1    00:00:00 grep crowd
  • No labels

This page has no comments.