Page tree

Contents

このページではインストーラを使用してJIRA のスタンドアロン版をLinuxへインストールする手順について説明します。
以下の前提でインストールします。

プログラムディレクトリ

/opt/atlassian/jia

データディレクトリ

/var/atlassian/application-data/jira

インストールを実行するユーザー

root

JIRA稼働ユーザー

jira

DB

JIRAと同一のコンピュータにインストールされたPostgreSQLを利用(DB名:jira_db)

起動方法

JIRAをサービスとして登録し、自動起動する。

このページの手順を実施する前に、以下のページの手順を実施して下さい。

1. JIRAをダウンロード

Atassianのサイトから、Downloads -> JIRA と辿って、Linuxのタブを選択し JIRA  Standalone (Linux 64 bit Installer ) をダウンロードします。 32bit版が必要な場合は、show all リンクをクリックして 32bit版をダウンロードしてください。

2. JIRAのインストール

展開

jiraのインストーラを実行します。開始の確認を求められますので、 Enter キーを押します。

$ su -

# cd <ダウンロードディレクトリ>
# chmod u+x atlassian-jira-4.4-x64.bin
# ./atlassian-jira-4.4.bin
Unpacking JRE ...
Starting Installer ...

This will install JIRA 4.4 on your computer.
OK [o, Enter], Cancel [c]

続いて、新規インストールか アップグレードかを尋ねられますので、ここでは Enter で新規インストールを選択します。

If JIRA is already installed on this machine, please read the following information carefully.
Please choose between creating a new JIRA installation or upgrading an
existing JIRA installation.
Create a new JIRA installation. [1, Enter], Upgrade an existing JIRA installation. [2]

プログラムのインストール先のディレクトリ、データのディレクトリ、利用するTCPポート を尋ねられます。このままでよければそのまま、Enter を押します。変更したい場合は、変更したディレクトリ名などを入力してからEnter キーを押します。

Where should JIRA 4.4 be installed?
[/opt/atlassian/jira]

Default location for JIRA data
[/var/atlassian/application-data/jira]

Configure which ports JIRA will use.
JIRA requires two TCP ports that are not being used by any other
applications on this machine. The HTTP port is where you will access JIRA
through your browser. The Control port is used to Startup and Shutdown JIRA.
Use default ports (HTTP: 8080, Control: 8005) - Recommended [1, Enter], Set custom value for HTTP and Control ports [2]

jira をサービスとして実行するかどうかを尋ねられます。ここでは Enter を押してサービスにする事をお勧めします。

JIRA can be run in the background.
You may choose to run JIRA as a service, which means it will start
automatically whenever the computer restarts.
Install JIRA as Service?
Yes [y, Enter], No [n]

JIRA のファイルが展開されて、インストールが実行されますのでしばしお待ち下さい。

Extracting files ...
                                                                           

Please wait a few moments while JIRA starts up. Depending on your system this may take a few minutes.
Launching JIRA ...

Setup has finished installing JIRA 4.4 on your computer.
JIRA 4.4 can be accessed at http://localhost:8080
Finishing installation ...

上記のメッセージ が表示されたら、WEBブラウザーにて セットアップウイザードを開始します。

3. JIRAセットアップウイザード開始

JIRAが起動していることを確認して、Webブラウザを起動します。

セットアップウィザードはインストール後初めてJIRAにアクセスすると表示されます。Webブラウザーから、http://JIRAサーバー:8080/ にアクセスして下さい。 「JIRAサーバー」はIPアドレスでも構いません。  http://localhost:8080/でセットアップを実施した場合は、セットアップ後に管理画面の一般設定でベースURLを変更しなければ、他のコンピュータからアクセスした場合に不具合が発生します。

起動したWebブラウザで URL: http://サーバー名:8080/ に接続しセットアップウィザードを開始します。作業するコンピュータと、インストール先のコンピュータが同じ場合は http://localhost:8080/  になります。「サーバー名」はIPアドレスでも構いません。

DB接続

下記の画面が表示されますので、DataBaseは、「External」を選択します。

 

「External」を選択すると、下記の画面に切り替わりますので、DBの接続パラメータを入力して「Test Connection」ボタンを押します。下記の様に表示されれば成功です。エラーの場合はパラメータを確認して下さい。

DB接続パラメータ

項目

Database Type

PostgreSQL

Hostname

localhost

Port

5432

Database

jira_db

Username

jira_db_usr

Password

jira_db_usr01

Schema

public

Test Connection が成功したら「次へ」ボタンを押します。下記の画面が表示されている間はお待ち下さい。

JIRAセットアップ

JIRAのセットアップが表示されます。入力項目が多くありますが、重要なのはライセンス項目です。
ライセンス項目には弊社よりメールで送付されたライセンスキーを貼り付けます。「次へ」ボタンを押します。

管理者情報の設定

管理者用のID、パスワード、フルネーム、メールアドレスを入力して、次へボタンを押します。

メール通知

メール通知の設定を行います。「Disable」を選択してここでは無効にして、JIRAセットアップを完了させることもできます。
この設定は後から管理画面で設定することができます。

インストール完了

これでインストール完了です。先ほど設定した管理者IDでログインし、画面上部の「管理」メニューにてJIRAの設定を行います。 

4. サービスの起動と停止

セットアップウイザードを実行した直後は、JIRAが稼働しています。停止するには、以下のコマンドを実行します。

# service jira stop
executing using dedicated user

      MMMMMMMMMMM .,MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMM. OMM. ~MM.. MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMDMMZ7MMMMMMMMN7DMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMDMMMMMMMMMMMMMMMMMNMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMZ  IMMM ..MMN= ,8MO   8   IN     +DM8    ?MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMM ..OI . 8I...MMMO   8   IN       M7    ,MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMN,   .   +MMMMMO   8   IN  =O   M~  ~..$MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMM~...  +MMMMMMO   8   IN  . . IN   I..+MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMMMI . OMMMMMMMO   8   IN  :=  ,O  =8   MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMD ...  .MMMMMMO   8   IN  =O   +      .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMM,  =N. .7MMMM~.   8   IN  =O   :. =M. .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMM, . MMD. .+MMM=  :$M   IN  =O   ,  IM: .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

 __  __               __                        _                           __
 \ \/ /___  __  __   / /_  ____ __   _____     (_)___________  _____  _____/ /
  \  / __ \/ / / /  / __ \/ __ `/ | / / _ \   / / ___/ ___/ / / / _ \/ ___/ /
  / / /_/ / /_/ /  / / / / /_/ /| |/ /  __/  / (__  |__  ) /_/ /  __(__  )_/
 /_/\____/\__,_/  /_/ /_/\__,_/ |___/\___/  /_/____/____/\__,_/\___/____(_)

JIRA Standalone Edition
   Version : 4.4

Detecting JVM PermGen support...
PermGen switch is supported. Setting to 256m

If you encounter issues starting or stopping JIRA Standalone Edition, please see the Troubleshooting guide at http://confluence.atlassian.com/display/JIRA/Installation+Troubleshooting+Guide

Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/jira/temp
Using JRE_HOME:        /opt/atlassian/jira/jre/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/jira/bin/bootstrap.jar
Using CATALINA_PID:    /opt/atlassian/jira/work/catalina.pid

JIRAを起動するには以下のコマンドを実行します。

# service jira start

To run JIRA in the foreground, start the server with start-jira.sh -fg

Server startup logs are located in /opt/atlassian/jira/bin/logs/catalina.out
executing using dedicated user: jira

      MMMMMMMMMMM .,MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMM. OMM. ~MM.. MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMDMMZ7MMMMMMMMN7DMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMDMMMMMMMMMMMMMMMMMNMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMZ  IMMM ..MMN= ,8MO   8   IN     +DM8    ?MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMM ..OI . 8I...MMMO   8   IN       M7    ,MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMN,   .   +MMMMMO   8   IN  =O   M~  ~..$MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMM~...  +MMMMMMO   8   IN  . . IN   I..+MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMMMI . OMMMMMMMO   8   IN  :=  ,O  =8   MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMD ...  .MMMMMMO   8   IN  =O   +      .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMM,  =N. .7MMMM~.   8   IN  =O   :. =M. .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMM, . MMD. .+MMM=  :$M   IN  =O   ,  IM: .MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
      MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

 __  __               __                        _                           __
 \ \/ /___  __  __   / /_  ____ __   _____     (_)___________  _____  _____/ /
  \  / __ \/ / / /  / __ \/ __ `/ | / / _ \   / / ___/ ___/ / / / _ \/ ___/ /
  / / /_/ / /_/ /  / / / / /_/ /| |/ /  __/  / (__  |__  ) /_/ /  __(__  )_/
 /_/\____/\__,_/  /_/ /_/\__,_/ |___/\___/  /_/____/____/\__,_/\___/____(_)

JIRA Standalone Edition
   Version : 4.4

Detecting JVM PermGen support...
PermGen switch is supported. Setting to 256m

If you encounter issues starting or stopping JIRA Standalone Edition, please see the Troubleshooting guide at http://confluence.atlassian.com/display/JIRA/Installation+Troubleshooting+Guide

Using CATALINA_BASE:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_HOME:   /opt/atlassian/jira
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/atlassian/jira/temp
Using JRE_HOME:        /opt/atlassian/jira/jre/
Using CLASSPATH:       /opt/atlassian/jira/bin/bootstrap.jar
Using CATALINA_PID:    /opt/atlassian/jira/work/catalina.pid

5. 文字化けの対策

文字化けの対策のために以下のファイルを修正します。

server.xml

<プログラムインストールディレクトリ>/conf/server.xmlを修正します。

文字化け対策

「URIEncoding="UTF-8"」をConnectorの中に追加します。

<Service name="Catalina">
        <Connector port="8080"
                   maxThreads="150"
                   minSpareThreads="25"
                   maxSpareThreads="75"
                   connectionTimeout="20000"
                   URIEncoding="UTF-8"
                   enableLookups="false"
                   maxHttpHeaderSize="8192"
                   protocol="HTTP/1.1"
                   useBodyEncodingForURI="true"
                   redirectPort="8443"
                   acceptCount="100"
                   disableUploadTimeout="true"/>

6. 最新言語パックのインストール

言語パックのダウンロード

JIRAに最新の日本語言語パックをインストールする事で、リリース後に追加された翻訳が反映されます。言語パックは、こちらの URL からダウンロードします。バージョンは 4.4.x の最新版を選択し、言語パックをダウンロードして下さい。

https://translations.atlassian.com/dashboard/download?lang=ja_JP#/JIRA

言語パックのインストール

管理者権限のユーザーでログインし、画面右上の管理リンクをクリックして管理画面を開きます。

管理画面のプラグイン → Plugins(場合によってはプラグイン) リンクをクリックします。

下記の画面が表示された場合は、パスワードを入力します。


  

 Install タブの、UploadPlugin リンクをクリックして、ダウンロードした言語パックをアップロードします。



 下記の画面が表示されれば成功です。

管理画面に戻ると、未翻訳の部分が翻訳されている事が確認できます。

7. 日付書式の設定

日付の設定

デフォルトでは「月/年/日」となっていて見づらいので、設定を「年/月/日」に変更します。日付の設定を変更することで下記のように表示することができます。

変更前
変更後

管理画面のシステム→ユーザーインターフェース → ルックアンドフィールのリンクをクリックする事で、現在の日付の書式を確認する事ができます。

設定の編集ボタンを押して、Customize Colours And Dates を展開後に画面をスクロールし、以下の様に入力し更新ボタンで更新します。

日付ピッカーの書式変更

日付ピッカーの書式変更は管理画面のシステム→一般設定で開く画面の一番下にある、「詳細」ボタンを押す事で編集できます。下記の通り4か所を修正して下さい。

変更後は、下記画面のように日付ピッカーの表示が解りやすくなります。

This page has no comments.