Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Panel

# /usr/pgsql-9.6/bin/postgresql96-setup initdb
Initializing database ... OK

3.設定ファイル修正

パフォーマンス調整

/var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf 内の「shared_buffers」「work_mem」「wal_buffers」の値を、以下のように編集します。コマンドはエディタとしてviを使ったときの例です。
work_mem」と「wal_buffers」はコメントアウトされていますので、先頭の「#」を削除してコメントを解除してから編集してください。

Panel

# vi /var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf

shared_buffers = 512MB
work_mem = 4MB ……先頭の「#」を削除してコメント解除する。
wal_buffers = 64kB ……先頭の「#」を削除してコメント解除する。

接続クライアント・認証方式設定

/var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf 内の「listen_addresses」の以下のように修正し、localhost から接続できるようにします。コマンドはエディタとしてviを使ったときの例です。
この行もコメントアウトされていますので、 先頭の「#」を削除してコメントを解除してから編集してください。

...

Panel

# systemctl start postgresql-9.6.service

# ps -ef | grep pgsql

postgres 1099 1 0 09:55 ? 00:00:00 /usr/pgsql-9.6/bin/postmaster -D /var/lib/pgsql/9.6/data/
root 6478 2114 0 11:10 pts/0 00:00:00 grep --color=auto pgsql

4.自動起動設定

yumコマンドを使用してPostgreSQLをインストールすると、自動的にサービスとして登録されます。
ただし、自動起動するようには設定されていません。「systemctl enable postgresql-9.6.service」コマンドを実行して、自動起動するように設定します。

...

Panel

# systemctl stop postgresql-9.6.service

5.インストール完了

これでPostgreSQLのインストールが完了しました。

6.ユーザー作成、データベース作成

JIRA、Confluenceなどの接続先DBとして使用するため、専用のユーザーとデータベースを用意します。

...