日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2020/05/08

5分でビジネスチャットツール『Mattermost』の評価環境を作成できるようになりました

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

大塚 和彦Kazuhiko Ohtsuka

大塚 和彦

こんにちは、リックソフト株式会社の大塚です。

当社では、お客様が利用するオンプレミス型ツールのサポート品質向上を行うために、コンテナ型仮想化技術を使って簡単に再現検証ができる仕組みを作っています。

この仕組みにより、Jira Core、Jira Software、Jira Service Desk(JSD)、Confluenceなどのアトラシアン製品や、その上で動作するWBS Gantt-Chart for Jiraなどのアプリ(Apps)の動作環境が5分〜10分以内に構築できるようになりました。

この仮想化技術の仕組みを使って、オンプレミス型ビジネスチャットツール『Mattermost』が構築できるようになり、お客様への評価環境として案内できるようになりました。

Mattermostについて

Mattermost(マターモスト)とは、Slackライクなエンタープライズ向けの使いやすいビジネスチャットツールです。

小規模から大規模まで、幅広い規模のチーム間コミュニケーションを安全で円滑なものにすることができます。

Mattermostは、オンプレミス型であるため、ハイレベルなセキュリティポリシーや運用ポリシーに適合できるのが大きなメリットです。

そのため、重要情報を取り扱う 金融・保険業、製造業、医療・薬品・ヘルスケアなどの企業で多くの導入実績があります。

Mattermostを動作させる最適な構成

この仕組みは、Mattermostが最適に動作するためのシステム構成から検討をはじめました。あくまで評価向けなのでハードウェア要件は気にせずにソフトウェア要件のみを検討。

Mattermostの動作環境要件:ソフトウェア要件とハードウェア要件はこちら

当社では、下図の赤枠部分をDockerによって仮想化を行いました。

Mattermost利用にあたり、もっとも機能制限が少ないデータベース:MySQLを選択しています。

Mattermostを動作させる最適な構成

Mattermostの評価環境ができるまで

1.無料トライアルを申し込みする

画面 概要
1

https://www.ricksoft.jp/try/mattermost/index.html

無料トライアルを申し込みする

左記のURLをクリックして、無料トライアルの申し込みをしてください。

必要項目を記載して、「お問い合わせ項目」に「評価環境も含む」と記載ください。

申し込み後、Mattermostを評価利用できるURLをメールでご案内させていただきます。

2.Mattermostの初期設定

画面 概要
1

Mattermostの初期設定

案内されたURLをクリックすると、左の画面が表示されますので、以下の3つを入力して「Create Account」をクリックしてください。

  • システム管理者のメールアドレス
  • システム管理者名
  • パスワード

パスワードポリシー

パスワードには、少なくとも1つの小文字、大文字、1つの数字、1つの記号(例: “〜!@#$%^&*()”)。で構成される10文字以上である必要があります

2

Mattermostの初期設定

続いて、チームを作成するために、「Create team」をクリックしてください。

※Slackだと「ワークスペース」に該当します。

3

Mattermostの初期設定

チーム名を入力して「Next」をクリックします。

ここは日本語を入力しても問題ありません。

4

Mattermostの初期設定

チームのURLを入力して「Finish」をクリックしてください。

※半角英数字、記号を入力ください。

以上でMattermostの初期設定は完了です。

日本語環境に設定変更

つづいて、日本語表示の設定を行います。

アカウントプロファイルの設定変更

画面 概要
1

アカウントプロファイルの設定変更

「≡」の部分をクリックしてメニューを表示させ、「Account Settings」を選択します。

2

アカウントプロファイルの設定変更

「Account Settings」のメニューから「Display」の下の「Language」を選択してください。

3

アカウントプロファイルの設定変更

LanguageをEnglish→日本語に変更して「Save」してください。

以上の設定がアカウントのみの言語表示の変更となります。

システム環境設定の変更

システム全体の言語表示を変更したい場合は、こちらの設定を変更してください。

画面 概要

システム環境設定の変更

「≡」の部分をクリックしてメニューを表示させ、「Account Settings(アカウントの設定)」から「システムコンソール」を選択します。

システム環境設定の変更

「システムコンソールの「サイト設定」の「言語」をクリックして、設定を以下に変更して、「保存」をクリックしてください。

  • デフォルトのサーバー言語:English→日本語
  • デフォルトのクライアント言語:English→日本語
  • 利用可能な言語:空白

以上でシステム全体の言語設定は完了しました。

ここまでがMattermost(OSS版)を日本語環境で利用するための設定変更となります。

有償版(E10/E20)のライセンスを適用する

有償版を評価したい方はライセンスファイルを適用する必要があります。

画面 概要

有償版(E10/E20)のライセンスを適用する

「システムコンソール」の「Edtionとライセンス」をクリックしてください。左の画面にあるように「ファイルを選択」をクリックして、ライセンスキーのファイルをアップロードすれば、有償版のE10、もしくはE20が利用できます。

E10とE20機能比較はこちら

Mattermostの評価をしたい方へ

簡単に素早くMattermostを評価したい方は、以下のフォームからお申し込みください。

本ブログでご案内している評価環境にはSMTP(メール送信機能)はありませんのでご了承ください。

申し込みフォーム https://www.ricksoft.jp/try/mattermost/index.html
自由記入欄に「評価環境も含む」と記載ください。

前提条件

以下に該当する方は、評価環境のご提供をお断りさせていただく場合がございます。

  • 企業・団体に所属しない個人の方
  • メールアドレスがフリーメールの方
  • 申込者、もしくは申込者が所属する企業・団体に所属する者以外が評価環境を利用する場合
  • 評価環境を30日以上利用をされる場合
  • 評価環境に過負荷を与える検証・評価を行う場合

Mattermostの最適な運用環境、ならびに活用方法など、さまざまなご相談をお持ちしております。

お問い合わせ

関連情報

【ブログ】オンプレ型のチャットツール「Mattermost」を使ってみよう 

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Mattermost

関連資料

カタログMattermost  

Mattermostの製品紹介資料

Mattermost+Jenkins 連携資料

本情報はブログを公開した時点の情報となります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP